十亀剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
十亀 剣
埼玉西武ライオンズ #21
20120310 Ken Togame pitcher of the Saitama Seibu Lions, at Seibu Dome.JPG
2012年3月10日、西武ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊田市
生年月日 (1987-11-07) 1987年11月7日(30歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
初出場 2012年5月30日
年俸 6,000万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

十亀 剣(とがめ けん、1987年11月7日 - )は、愛知県豊田市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。現在は埼玉西武ライオンズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年生の時に「豊田虎」で野球を始め、中学生時代は「豊田リトルシニア」でプレーし、3年生の時に全国大会出場を経験した[3]

愛工大名電高校1年生の時に監督の指示で投球フォームを今までのオーバースローからサイドスローに変更した[3]。チームが優勝した3年生時の第77回選抜大会では、準決勝の対神戸国際大附高校戦に2番手で登板し、4回を投げ1失点だった[2]第87回全国選手権・1回戦の対清峰高校戦では7回に2番手で登板し、同点の延長13回に決勝点となる2点を奪われ、チームは敗退[4]。高校時代は2学年上に堂上剛裕、1学年上に丸山貴史、同級生に柴田亮輔、1学年下に堂上直倫、2学年下に柴田章吾がいた。

日本大学では1年生の春から東都リーグ戦に登板[2]。1部での大学通算成績は21試合50回1/3を投げ0勝1敗、防御率3.58で[5]、2部通算では30試合に登板し7勝7敗だった[6]

大学卒業後はJR東日本に入社。1年目、第81回都市対抗野球大会1回戦で救援登板し、1回を投げ無失点だった[7]。2年目の2011年、10月に行われた第39回IBAFワールドカップ日本代表に選出され[8]、2試合での先発登板を含む3試合に登板した[9]

2011年10月22日から行われた第82回都市対抗野球大会では3試合に先発登板、計14回1/3を投げ奪三振13、自責点3だった[10]。決勝の対NTT東日本戦では、同じドラフトで同じ西武から2位指名を受けた小石博孝と投げ合い、自身は2回1/3を投げ降板したが[11]、チームは勝利し初優勝した[12]。この大会では大会優秀選手に選ばれた[13]

2011年10月27日に行われた2011年度ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズから1巡目指名を受けて[14]、契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)で契約[15]。背番号は「21[16]

西武時代[編集]

2012年2月23日に初の対外試合となった広島東洋カープとの練習試合に先発登板し、3回を完全に抑えた[17]。開幕2戦目で先発するプランがあったが[18]、実際には開幕は二軍で迎えた[19]。5月30日の対広島戦の7回にプロ初登板し、1回1/3を投げ無失点だった[20][21]。6月6日の対中日ドラゴンズ戦では2点リードの6回に登板、2回を投げ無失点で初ホールドを記録[22]、24日の対オリックス・バファローズ戦で1点ビハインドの7回に2番手で登板、2回を投げ無失点で、その後チームが逆転したため初勝利を挙げた[23][24]。7月19日に行われたフレッシュオールスターゲームではイースタン・リーグ選抜として8回に救援登板し2失点だった[25]。10月3日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初先発し、6回0/3を投げ2失点で初先発勝利を挙げた[26][27]

2013年は開幕を一軍で迎えた[28]。3月31日の対北海道日本ハムファイターズ戦に先発登板し同年初勝利を挙げ、前年からの無敗での連勝を7とした。日本人選手で、プロ初登板から無敗の7連勝は、2001-2006年に愛敬尚史が記録した8連勝に次ぐ記録で、パ・リーグにおける7連勝は、1955年の円子宏、1985-87年の松浦宏明の記録と並んで前記の愛敬と1956年に稲尾和久が記録した8連勝に次ぐ記録[29]。なお、4月7日の対オリックス戦に先発登板した際に負け投手となり、記録は7連勝で途絶えた[30][31]。22日の対日本ハム戦で初完封勝利を挙げた[32]。5月14日の対東京ヤクルトスワローズ戦に先発登板し、3回にプロ初打席に立ち、結果は見逃し三振だった[33][34]。この年、無四球試合数2は、リーグ最多だった[35]

2014年、開幕前に新監督の伊原春樹からクローザーに指名され[36]、4月2日の対ロッテ戦でプロ初セーブを記録した[37]。しかし、チームの先発投手の駒不足もあり5月には先発に配置転換された[38]。その後股関節を痛めた影響で、7月6日の対オリックス戦を最後に一軍での登板がなかった[39]

2015年4月7日の対日本ハム戦で先発し復帰登板を果たしたが、5回を投げ4失点で敗戦投手になった[40]。監督選抜によりオールスターゲームのメンバー入りし、7月18日の第2戦において3番手として救援登板し、2回を投げ6失点(自責点5)だった[41]。この年、勝利数11と投球回数152回はどちらもチーム最多で、チームで唯一規定投球回を投げた[42]。11月に行われた第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出されたが[43]、最終ロースターの28人には選ばれなかった[44]

2016年はオリックスとの開幕第2戦の先発に起用された(勝ち負けは付かず)。6試合目の登板となった4月29日福岡ソフトバンクホークス戦でようやく1勝目を記録したが、開幕から7試合で1勝2敗、防御率7.04と振るわず、5月12日に一軍登録を抹消された[45]6月24日に再登録される[46]と、その後はリリーフとして登板。7月23日のソフトバンク戦から先発に復帰。5試合に登板したが、2勝3敗、防御率5.58と結果を残せず、9月2日に登録を抹消[47]。その後一軍へ昇格することのないままシーズンを終えた。この年は21試合の登板で、4勝6敗1ホールド、防御率は自己最低の6.31に終わった。

2017年は8勝を挙げたもののクライマックスシリーズでは敗戦投手となった。

選手としての特徴[編集]

投球フォームはサイドスロー。直球の最速は151km/hで、変化球はスライダーカーブシンカー[2]シュート[48]を投げる。

ソフトバンクの松田宣浩を苦手としており、松田との通算被打率は2018年5月9日時点で.618、被本塁打は7本。特に2018年は開幕からホークス戦3試合連続でホームランを打たれてしまった[49][50]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 西武 41 1 0 0 0 6 0 0 9 1.000 223 53.0 50 4 17 2 3 41 1 0 16 16 2.72 1.26
2013 28 26 6 2 2 8 8 0 1 .500 688 164.1 158 12 44 1 9 122 3 1 68 63 3.45 1.23
2014 21 8 1 1 0 4 5 3 2 .444 255 59.0 59 6 24 1 2 41 1 0 27 24 3.66 1.41
2015 26 24 1 0 0 11 7 0 0 .611 644 152.0 145 19 53 0 8 107 1 0 62 60 3.55 1.30
2016 21 13 0 0 0 4 6 0 1 .400 355 71.1 85 3 31 0 9 41 2 0 55 50 6.31 1.63
2017 20 20 0 0 0 8 7 0 0 .533 500 116.1 125 10 35 0 3 83 0 0 50 44 3.40 1.38
通算:6年 157 92 8 3 2 41 33 3 13 .554 2645 616.0 622 54 204 4 34 435 8 1 278 257 3.75 1.34
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2012 西武 41 0 8 1 1 .889
2013 28 8 22 2 0 .938
2014 21 2 11 1 2 .929
2015 26 4 21 1 1 .962
2016 21 10 4 4 0 .778
2017 20 5 16 2 1 .913
通算 157 29 82 11 5 .909
  • 2017年度シーズン終了時

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回 (投手部門:2017年6月)

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 21 (2012年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 広島 “館山タイプの”十亀を外れ1位候補に スポニチ Sponichi Annex 2011年9月27日掲載
  3. ^ a b 好調西武を支えるサイドスロー右腕 4年目の十亀剣の球歴とは? BASEBALL KING 2015年7月13日掲載
  4. ^ 8月9日(第4日) 1回戦 清峰(長崎) 4 - 2 愛工大名電(愛知 朝日新聞デジタル
  5. ^ 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2012 宝島社発行 45頁
  6. ^ 週刊ベースボール2011年12月5日号(雑誌20442-12/5) ベースボール・マガジン社発行 120 - 123頁「挑戦 十亀剣」
  7. ^ 第81回 都市対抗 本大会 8月29日 東京ドーム 第2試合 1回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  8. ^ 第39回IBAFワールドカップ日本代表選手 (PDF) 全日本アマチュア野球連盟(BFJ)
  9. ^ 第39回IBAFワールドカップ(2011/パナマ) 10月4日 (PDF)10月6日 (PDF)10月9日 (PDF)
  10. ^ 第82回 都市対抗 本大会 10月24日 京セラドーム大阪 第2試合 1回戦第82回 都市対抗 本大会 10月29日 京セラドーム大阪 第3試合 2回戦第82回 都市対抗 本大会 11月1日 京セラドーム大阪 決勝 公益財団法人 日本野球連盟
  11. ^ 第82回 都市対抗 本大会 11月1日 京セラドーム大阪 決勝 公益財団法人 日本野球連盟
  12. ^ 第82回都市対抗野球大会 公益財団法人 日本野球連盟
  13. ^ 第82回都市対抗野球大会表彰選手一覧 公益財団法人 日本野球連盟
  14. ^ 2011年 ドラフト会議開催! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年10月27日配信
  15. ^ ドラ1右腕・十亀“かめはめ波投法”で10勝目指す スポニチ Sponichi Annex 2011年11月22日掲載
  16. ^ 2011ドラフト指名6選手 入団発表会! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年12月7日配信
  17. ^ 【西武】十亀が快投!3回をパーフェクト 日刊スポーツ 2012年2月23日掲載
  18. ^ 西武十亀乱調ローテ落ち…2軍スタートも 日刊スポーツ 2012年3月25日紙面から
  19. ^ 2012年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年3月28日配信
  20. ^ 【西武】十亀、前田智からK「自信に」 日刊スポーツ 2012年5月30日掲載
  21. ^ 2012年5月30日 広島 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  22. ^ 2012年6月6日 埼玉西武 対 中日 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ 【西武】十亀プロ初勝利「何かが起こる」 日刊スポーツ 2012年6月24日掲載
  24. ^ 2012年6月24日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  25. ^ 2012年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果 日本野球機構オフィシャルサイト
  26. ^ 【西武】十亀プロ初先発で6勝 日刊スポーツ 2012年10月3日掲載
  27. ^ 2012年10月3日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  28. ^ 2013年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年3月27日配信
  29. ^ 西武十亀デビュー7連勝「肩破り」験担ぎ 日刊スポーツ 2013年4月1日紙面から
  30. ^ 【西武】十亀8連勝ならず8失点でKO 日刊スポーツ 2013年4月7日掲載
  31. ^ 2013年4月7日 オリックス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  32. ^ 西武十亀が初完封 シンカー発揮 日刊スポーツ 2013年4月22日紙面から
  33. ^ 【西武】十亀プロ初打席に「ドキドキ」 日刊スポーツ 2013年5月13日掲載
  34. ^ 2013年5月14日 東京ヤクルト 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  35. ^ 2013年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(投手部門) 無四球試合 NPB.jp 日本野球機構
  36. ^ 西武 新守護神は十亀!指揮官通達に「ガンガンやっていく」 スポニチ Sponichi Annex 2014年3月28日掲載
  37. ^ 西武十亀、大ピンチしのぎプロ初セーブ 日刊スポーツ 2014年4月2日掲載
  38. ^ 西武守護神の十亀 先発再転向へ ボウデンは中継ぎに スポニチ Sponichi Annex 2014年5月5日掲載
  39. ^ 西武・十亀は700万円減…守護神から先発再転向も4勝止まり スポニチ Sponichi Annex 2014年12月2日掲載
  40. ^ 西武十亀、2被弾で股関節痛からの復帰登板飾れず 日刊スポーツ 2015年4月7日掲載
  41. ^ マツダオールスターゲーム2015 出場者2015年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦) 日本野球機構オフィシャルサイト
  42. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  43. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる[リンク切れ] 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  44. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年10月9日掲載
  45. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. 埼玉西武ライオンズ. 2016年11月13日閲覧。
  46. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. 埼玉西武ライオンズ. 2016年11月13日閲覧。
  47. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. 埼玉西武ライオンズ. 2016年11月13日閲覧。
  48. ^ 十亀 衝撃デビュー!渡辺監督「あの球は打てないわ」 スポニチ Sponichi Annex 2012年2月12日掲載
  49. ^ こんな好相性ある!? ソフトB松田が西武・十亀から3戦連発…敵地ざわめく 西日本新聞 2018年5月9日 2018年5月10日閲覧
  50. ^ 十亀さんまいど!ソフトバンク松田が相性抜群先制弾 日刊スポーツ 2018年5月9日 2018年5月10日閲覧
  51. ^ 5月30日(水) 広島 vs 西武 ~マツダスタジアム~ エキサイトベースボール
  52. ^ 選手登場曲 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]