丸山貴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
丸山 貴史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市北区
生年月日 (1986-06-28) 1986年6月28日(32歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2005年10月2日
最終出場 2009年6月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

丸山 貴史(まるやま たかし、1986年6月28日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

愛工大名電高では切れのある速球と、スライダーカーブを武器に、2003年春・夏、2004年春と3期連続して甲子園出場。

2003年第75回選抜高等学校野球大会では、2回戦対国士舘戦1点リードの5回表から登板。打者20人を被安打3の無失点に抑え甲子園初勝利。続く対近江戦は3点ビハインドの2回裏に登板。立ち上がりに1失点したものの、その後3回から7回までは無失点に抑えた。試合は堂上剛裕の不振もあって0-4で敗退。夏の第85回全国高等学校野球選手権大会では2回戦対鳥栖商業で先発登板。途中堂上剛裕のリリーフを仰ぎながらも、8回を2失点に抑えたが、春に続き甲子園では打線の援護無く1-2で敗退。秋は明治神宮野球大会に出場し、大阪桐蔭を破って優勝。翌春の選抜大会出場を決めたが、12月に右足を故障。

2004年第76回選抜高等学校野球大会に出場。1回戦の対立命館宇治戦では先発登板し、9回を9奪三振自責0、失策絡みの4失点で完投し、5-4で勝利。2回戦の対岡山城東戦は9回2失点。準々決勝の対秋田商業戦を佐藤剛士と投げ合い、9回1失点15奪三振。準決勝対社高戦も、大前佑輔との投げ合いを制して9回2失点と、4連続完投勝利。決勝の対済美高校戦は初めて先発を回避し、3番手として登板。自ら2点適時打を放ち打撃での活躍を見せたが、鵜久森淳志高橋勇丞福井優也らを擁した済美に5-6で敗れ準優勝。4期連続出場に注目が集まった夏の県大会の準決勝で、後に甲子園でベスト8まで進んだ中京大中京に敗れる。ドラフト会議でヤクルトスワローズから6巡目で指名され入団。

プロ入り後[編集]

2005年、キャンプ・開幕は二軍スタート。二軍では主に先発として16試合で3勝4敗防御率3.50と好投を見せた。そのことが評価され、10月2日に初めて一軍昇格。その日の対阪神戦、9回表7点ビハインドの場面で3番手でプロ初登板。1回を2三振を含む三者凡退に抑えた。10月7日広島戦でプロ入り初の先発登板し、5回1/3を4失点に抑えた。

2006年、前年に続き開幕は二軍で迎えたが、二軍では最多勝争いに加わる好成績をあげた。6月に一軍昇格し、6月14日対日ハム戦で先発登板しプロ初勝利。以降2試合も先発したが、結果を残すことが出来ずに中継ぎに回った。8月には2度の二軍降格も経験し、一軍定着はならなかった。イースタン・リーグでは最終的に5勝4敗、防御率4.62。オフにはハワイ・ウィンターリーグに派遣され、防御率リーグ1位の1.32と好結果を残した。

2007年、一度も一軍に昇格しなかった。イースタンでは61回を投げ2勝5敗、防御率2.95。オフには前年に続いてウィンターリーグ派遣が決まったが、渡米後に怪我をし登板することなく帰国。

2008年、イースタンでは中継ぎとして6月半ばまで防御率0点台をキープする好投。6月21日に約1年10ヶ月ぶりに一軍に昇格。

2009年、プロ入り後初めて開幕を一軍で迎えた。左のワンポイントとして起用されていたが制球が定まらず、5月9日広島東洋カープ戦では1回を無安打3四球無失点と荒れて、5月13日に二軍降格。6月に一軍に再昇格したが、6月14日オリックス・バファローズ戦で12点リードの7回2死1塁の場面で登板し、打者3人に14球を投げてストライクわずか2球、3連続四球を与え1死も取れず降板。翌日に二軍降格。その後も7月8日の二軍・楽天戦でも3連続四球で降板するなど制球難は改善されず、10月1日戦力外通告を受けた。球団から打診を受けた育成枠での再契約を断り、12球団合同トライアウトに参加したが、獲得するプロ球団はなかった。

2010年からは社会人野球西濃運輸に入部。翌2011年オフに引退、現在は 愛知県名古屋市にある名港スポーツセンター『練成館』にて ピッチングコーチを担当。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 ヤクルト 2 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 6.1 4 2 0 0 2 6 0 0 4 4 5.68 0.63
2006 11 3 0 0 0 1 2 0 2 .333 104 23.2 18 5 12 0 3 20 2 1 15 15 5.70 1.27
2008 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 5.1 5 0 2 0 0 4 0 0 2 2 3.38 1.31
2009 9 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 36 7.2 6 1 8 0 0 6 0 0 6 6 7.04 1.83
通算:4年 29 4 0 0 0 1 2 0 4 .333 186 43.0 33 8 22 0 5 36 2 1 27 27 5.65 1.28

記録[編集]

背番号[編集]

  • 57 (2005年 - 2009年)

関連項目[編集]