的場寛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
的場 寛一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1977-06-17) 1977年6月17日(40歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手外野手一塁手
プロ入り 1999年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 2000年4月11日
最終出場 2004年9月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

的場 寛一(まとば かんいち、1977年6月17日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手社会人野球選手(内野手)。右投右打。プロ野球選手として阪神タイガース、社会人野球選手としてトヨタ自動車に所属していた。

大学時代および阪神時代の2000年から2004年までの登録名は「的場 寛壱」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学、中学時代は祖父が設立したチームであるボーイズリーグの兵庫尼崎に在籍。父は中学生の部監督。小6時にはボーイズリーグ全国春季大会準優勝。出身者には伊良部秀輝田中一徳野間口貴彦などがいる。高校進学は愛知県の弥富高等学校(現愛知黎明高等学校)。かつて沖縄尚学を選抜高校野球大会優勝をもたらした金城孝夫監督に引っ張られスポーツ推薦で進学。1年からレギュラーとして出場し秋季東海大会8強、3年夏は愛知大会4強入り。

1996年福岡六大学野球連盟所属の九州共立大学に進学。遊撃手として1996年の全日本大学選手権で準優勝。1998年:3年春リーグ戦で首位打者を獲得。第33回IBAFワールドカップ日本代表に選出される。 当時チームメイトだったのが、上原浩治二岡智宏阿部慎之助矢野英司藤井彰人山下勝己吉野誠1999年:プロアマ交流の派遣で中日ドラゴンズの春季キャンプに参加し注目を浴びる。1999年第30回明治神宮野球大会では優勝と優秀選手を獲得。福岡六大学リーグ通算78試合出場、266打数80安打、打率.301、5本塁打、49打点。堅実な守備とシュアな打撃が評価され、阪神タイガース中日ドラゴンズ西武ライオンズ大阪近鉄バファローズの4球団が逆指名枠を争ったが、同年のドラフト会議で阪神を逆指名し、1位指名で入団。

プロ時代[編集]

2000年1月4日に異例の甲子園解放による自主トレを実施し、メディアにも取り上げられた。 2000年の1年目から試合に出場。デビューは2000年4月11日対読売巨人戦7番ショート。先発は工藤公康。 プロ初ヒット2000年5月24日対中日ドラゴンズ。先発小池秀郎から3塁内野安打。3塁手は当時レオ・ゴメス。 シーズン途中から何度も左膝を故障し、1年目のオフ・2年目のオフとともに手術をする(2回目は靭帯再腱術) 2003年から膝の影響で外野手コンバートしプレー。 2003年フレッシュオールスター出場。(札幌ドーム)6番DHでスタメン。

2004年2005年は監督の岡田彰布の秘蔵っ子としてキャンプ、オープン戦と絶好調で開幕スタメン第一候補と期待される。しかし、共に開幕直前に走塁による負傷で右肩を脱臼しチャンスを逃す。2005年秋に球団から戦力外通告を受けた。

選手のモノマネが得意で、ファン感謝デーなどで披露しファンからの人気もあった。

社会人時代[編集]

2006年トヨタ自動車に入社、硬式野球部に所属。

2007年は5月のJABA九州大会、10月のJABA伊勢大会で優勝し九州大会ではMVPを受賞。第78回都市対抗野球大会では8強入り、秋の第34回社会人野球日本選手権大会ではチームの初優勝に貢献した。

2008年は4月のJABA長野県知事旗争奪野球大会・5月のJABA新潟大会で優勝し、社会人野球日本選手権大会では2連覇に貢献。

2009年第80回都市対抗野球大会ではトヨタ自動車創部以来初の決勝に進出。本人は打率5割を打ち、長野久義らを擁するホンダに挑むが、2-3で敗れ準優勝に終わる。大会優秀選手に選出。

2010年第37回社会人野球日本選手権大会では決勝でJR九州を降し、優勝。4番として2試合で本塁打を放つなど打率3割5分3厘の活躍で打撃賞を受賞、大会優秀選手にも選ばれた。2010年シーズンは都市対抗等の主要大会で社会人最多となる5本塁打を放ち[1]、年間通しての活躍が評価され、NPB経験者としては丸尾英司梶原康司に続いて3人目となる社会人ベストナインを受賞した[2]

2011年、チームは第82回都市対抗野球大会の出場を逃したが、的場本人は夏場に開かれた日本代表候補合宿に選ばれ、ここから第39回IBAFワールドカップ日本代表に選出された。元NPB選手が野球日本代表入りを果たしたのは、2003年吉田浩以来2例目。

2012年JABA静岡大会では首位打者賞を獲得。チームの優勝に貢献したが、同年限りで現役を引退した。

その後はトヨタ自動車で一度社業に就いたものの退職。現在は、野球教室などを展開するスポーツメーカーの社員として働いている[3]2015年3月1日に放送されたテレビ東京モヤモヤさまぁ~ず2」にてアンダーアーマー BASEBALL HOUSE 川崎久地店店長として勤務していることが確認された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 阪神 11 26 24 0 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 2 0 0 8 1 .208 .269 .250 .519
2001 11 24 20 1 2 1 0 0 3 1 0 0 1 0 2 0 1 9 0 .100 .217 .150 .367
2004 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
通算:6年 24 55 49 1 7 2 0 0 9 1 0 0 1 0 4 0 1 20 1 .143 .222 .184 .406

記録[編集]

背番号[編集]

  • 2 (2000年 - 2001年)
  • 99 (2002年 - 2005年)

登録名[編集]

  • 的場 寛壱 (まとば かんいち、2000年 - 2004年)
  • 的場 寛一 (まとば かんいち、2005年)

脚注[編集]

  1. ^ この年から社会人野球では年間個人記録表彰が始まったが、本塁打賞は6本以上を記録することが条件とされていたためタイトル獲得には至らなかった。
  2. ^ なお、他部門では元ヤクルト佐藤二朗ヤマハ)も同時受賞している。
  3. ^ 岡本育子 (2014年11月10日). “第1回の合同トライアウト 力を尽くしたタテジマ戦士たち”. 新・岡本育子の小虎日記. 2014年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]