川満寛弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川満 寛弥
沖縄電力硬式野球部 #20
2013marines kawamitsu.jpg
ロッテ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県宮古島市
生年月日 (1991-03-04) 1991年3月4日(27歳)
身長
体重
185 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川満 寛弥(かわみつ ひろや、1991年3月4日 - )は、沖縄県宮古島市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

野球を始めたのは下地小学校3年生から。仲の良い幼馴染みたちが少年野球チームに入ったのをきっかけにして始めたが、最初は軽い気持ちだったという[1]。下地中学校時代は軟式野球部に所属し、ポジションは主に一塁手と外野手だったが、ベンチでスコアブックをつけていることが多かった。

高校は沖縄県立宮古総合実業高等学校に進学。宮古にある4つの高校のうち、甲子園を目指すなら当時は宮古高等学校に入るところ、「楽しく野球が出来れば良い」という理由で沖縄県立宮古総合実業高等学校を選んだ[2]。 しかし、中高校ともに、野球部に専門的な指導が出来るコーチがおらず、宮古総合実業野球部に入部後、投手が足りないという理由で、本人いわく「行きかがり」でピッチャーに転向[1]。 1年夏からベンチ入り。 高校時代はまったくの無名で、3年夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会では初戦で興南高等学校と対戦し、0-11で5回コールド負けした[3]

その後、沖縄県内の大学からも声が掛けられていたが福岡の九州共立大学経済学部に進学[1]。九共大硬式野球部監督の仲里清からは、投げる時の身体の使い方や連動が素晴らしく、日本を代表する投手になれる素質と見いだされた[4]。 入学時は体重65キロと細身だったため、入学後は1日4食に夜食を詰め込む努力で15キロの増量にも成功した[5]。 1年秋に初登板を果たす[6]。 2年春には、5勝0敗[3]という成績を挙げ、福岡6大学野球リーグで最優秀選手賞を獲得した。3年春季リーグでベストナイン選出、防御率1位。[7]

3年時には、第38回日米大学野球選手権大会の大学日本代表選手選考合宿(6月17-19日)へのメンバーに選出され[8]最終代表からは漏れたものの、この時の合宿で当時東洋大学のエースだった藤岡貴裕からスライダーの投げ方を教わるなど目標とする選手への「弟子入り」も経験した[9]

2011年10月にパナマで開催された第39回IBAFワールドカップに大学生として唯一選出され、アメリカ戦とプエルトリコ戦の2試合で先発[5]、2試合計投球回数7回で8失点という結果だったが社会人野球の選手たちとの差など実感することも多く国際舞台での貴重な経験となった。11月には翌年の世界大学野球選手権大会に出場する大学日本代表選手の選考強化合宿(愛媛県松山市/12月)に参加する40人の中に選出[10]

2012年、4年では春季・秋季リーグで防御率1位[11]

2012年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は「36」[12]

なお、2014年のプロ野球ドラフト会議では、大学の同期生で社会人野球に進んでいた竹下真吾福地元春(いずれも左投手)が指名。指名後に竹下が東京ヤクルトスワローズ、福地が横浜DeNAベイスターズと契約したため、川満を含めた左投手3人がNPBでのプレーに至った。大学の同期生だった3人の左投手が、同じ時期にNPBの球団に在籍した事例は、東北福祉大学出身の吉見祐治洗平竜也歌藤達夫以来である。

ロッテ時代[編集]

2013年には、イースタン・リーグ公式戦5試合に登板。投球回数は20イニングで、1勝1敗、16被安打、7与四球、防御率3.15を記録した。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦6試合に登板。1勝2敗ながら、投球回数(12イニング)を上回る四球(19個)を出した影響で、防御率は9.00に達した。

2015年には、イースタン・リーグ公式戦9試合の登板で、1勝2敗をマーク。前年と同じく、投球回数(19回2/3)を上回る四球(19個)を出すほど制球に苦しんだうえに、防御率が10.98と前年より悪化した。昨年と同年の2シーズンは、運動障害のイップスによる制球難に苦しんだ[13]

2016年には、主に先発陣の一角を担いながら、イースタン・リーグ公式戦21試合に登板。防御率は5.02ながら、5勝4敗1セーブを記録した。しかし、入団以来一軍公式戦への登板機会がないまま、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[14]。12月2日、自由契約公示された[15]

ロッテ退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。シートバッティング形式の対戦で打者3人を無安打に抑えるとともに、1つの三振を奪った[16]

2017年から地元の沖縄県を本拠地としている社会人野球チームの沖縄電力でプレーすることになった[13]

選手としての特徴[編集]

股割りで足が180度で開いて胸まで着くという[4]関節が非常に柔らかい柔軟性のある186センチの長身で、手足と指が長い投手体型。

ストレートの最速は143km/h。伸びのあるストレートと、落差の大きいカーブで緩急をつけたピッチングが売り[17][18]。特にカーブの制球力は高く評価されている。変化球はカーブのほかに、スライダーとフォークを投げる。課題は低目への制球と立ち上がり[17]

人物[編集]

理想とする投手は、元中日ドラゴンズ今中慎二[1]。プロ入り時の会見では、目標とする選手の名前に同じチーム所属となる成瀬善久を挙げ、高校時代から好きな投手で動画や連続写真などをよくみていたという[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 36 (2013年 - 2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “在校生インタビューvol.11 川満寛弥”. 九州共立大学. http://www.kyukyo-u.ac.jp/interview/s11.html 2014年3月14日閲覧。 
  2. ^ “注目ドラフト候補インタビュー川満寛弥[九共大”]. 週刊ベースボール . (2012-10-08 ). http://sp.baseball.findfriends.jp/?pid=bbm_page_002_detail&id=002-20121008-01 2014年3月14日閲覧。 
  3. ^ a b “【ロッテ2位】川満寛弥 コールド負け左腕 大学で開花した“大きな杉内””. スポーツニッポン. (2012-10-25 ). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/25/kiji/K20121025004405280.html 2014年3月14日閲覧。 
  4. ^ a b “ロッテ2位・川満は“打倒・東浜””. 東京スポーツ新聞社 . (2013-10-26 ). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/50607/  2014年3月14日閲覧。 
  5. ^ a b “【<中>宮古島の原石 輝き放つ…川満寛弥投手(九州共立大4年)”. 読売新聞 . (2012-06-08 ). http://www.yomiuri.co.jp/sports/ajub/2012/feature/aj_fe_120608_01.htm 2014年3月14日閲覧。 
  6. ^ “川満寛弥(九州共立大)~大学生選手名鑑~”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/university/meikan/2012/143.html 2013年2月3日閲覧。 
  7. ^ 週刊ベースボール』2012年1月30日号、ベースボールマガジン社、2012年、雑誌20445-1/30、28頁。
  8. ^ “第38回日米大学野球選手権大会 代表選手選考合宿への参加選手”. 全日本大学野球連盟 . (2011-06-11 ). http://www.jubf.net/us/jp_member38_candidate.html  2014年3月14日閲覧。 
  9. ^ ““厳しい秋”へ ロッテが来季へ始動”. スポーツナビ . (2012-11-01 ). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2012/columndtl/201210310007-spnavi  2014年3月14日閲覧。 
  10. ^ “大学日本代表候補に亜大・東浜ら40人選出”. スポーツナビ . (2011-11-15 ). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/15/kiji/K20111115002033090.html  2014年3月14日閲覧。 
  11. ^ “福岡6大学野球連盟  歴代表彰選手一覧 ”. 福岡6大学野球連盟 . http://fukuokabig6.web.fc2.com/fukuroku.kojinkiroku.html  2014年3月14日閲覧。 
  12. ^ “川満寛弥投手、ロッテと仮契約”. 琉球新報 . (2013-11-21 ). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-199500-storytopic-2.html  2014年3月14日閲覧。 
  13. ^ a b 沖電に県出身プロ加入 投手力増強 日本一へ”. 琉球日報 (2017年3月8日). 2017年3月29日閲覧。
  14. ^ 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  15. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  16. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ a b 週刊ベースボール2013年8月19日号 P54
  18. ^ 週刊ベースボール2013年8月19日号 P55
  19. ^ “【ロッテ】ドラ2川満、成瀬にナルゼ! ”. 日刊スポーツ . (2012-12-12 ). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2012/news/f-bb-tp0-20121212-1058978.html  2014年3月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]