福地元春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
福地 元春
横浜DeNAベイスターズ #28
161218 Motoharu Fukuchi.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県名護市
生年月日 (1990-06-21) 1990年6月21日(28歳)
身長
体重
182 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト4位
初出場 2015年6月28日
年俸 750万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福地 元春(ふくち もとはる、1990年6月21日 - )は、沖縄県名護市出身のプロ野球選手投手)。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

沖縄県名護市出身。自由ケ丘高等学校では九州大会ベスト8が最高で、甲子園出場はなかった。しかし、与えられたメニューをこなすような真面目な性格もあり遅咲きではあるが、将来性が期待された。

高校卒業後は九州共立大学に進学し、1年秋からリーグ戦に出場したが、目立った活躍がないまま三菱重工横浜に就職。

三菱重工横浜(2014年より三菱日立パワーシステムズ横浜)では1年目から救援投手として公式戦に出場。2014年には都市対抗野球に出場。

DeNA時代[編集]

2014年プロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから4巡目指名を受け、契約金5000万円、年俸950万円(いずれも推定)で仮契約した[2]。背番号は「28」。入団後は中畑清監督から5キロの減量を命じられた[3]

2015年6月23日に一軍登録され[4]6月28日阪神タイガース戦でプロ初登板。主にビハインドで登板し、13試合に登板した。

2016年は二軍で29試合に登板して2勝0敗1セーブ、36回2/3を投げて防御率0.74と成績を残した[5]。しかし、一軍では6試合で防御率10点台と精彩を欠いた。

2017年は二軍で30試合に登板し、0勝1敗2セーブ、防御率3.41という成績を残した[6]が、一軍での登板はなかった。

選手としての特徴・人物[編集]

最速151km/hのストレートを最大の武器に、スライダーカーブチェンジアップも投げるパワーピッチングが持ち味。[7]

大瀬良大地は大学の1年後輩にあたる[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 DeNA 13 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 74 15.2 16 0 12 0 0 16 1 0 9 5 2.87 1.79
2016 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 36 6.2 11 2 6 2 0 5 1 0 9 9 12.15 2.55
NPB:2年 19 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 110 22.1 27 2 18 2 0 21 2 0 18 14 5.64 2.01
  • 2018年度シーズン終了時
投手記録

背番号[編集]

  • 28 (2015年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年3月28日閲覧。
  2. ^ “Deドラ4福地が仮契約 直球勝負宣言”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年11月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/11/13/0007500424.shtml 2015年1月8日閲覧。 
  3. ^ ぽっちゃりDeNAドラ4 5キロ減量指令をクリアスポニチアネックス 2015年1月9日配信
  4. ^ #28 福地 元春 デビュー戦での緊張と反省。社会人卒左腕の見据える先”. 横浜DeNAベイスターズ (2015年7月20日). 2016年11月9日閲覧。
  5. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月29日閲覧。
  6. ^ 2017年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月29日閲覧。
  7. ^ 福地DeNA入団 「直球で抑えたい」”. 琉球新報 (2014年11月14日). 2015年11月14日閲覧。
  8. ^ 広島・大瀬良 大学の先輩でも“プロ新人”には「負けたくない」スポニチアネックス 2014年12月24日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]