洗平竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洗平 竜也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県上北郡六戸町
生年月日 (1979-01-09) 1979年1月9日(41歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト2位(逆指名)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

洗平 竜也(あらいだい たつや、1979年1月9日 - )は、青森県上北郡六戸町出身の元プロ野球選手投手[1]

苗字の洗平は、出身地の六戸町を中心に、「日本国内で40人程度しか付けていない」とされるほど珍しい苗字である[2]

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

中学生時代までは軟式野球でのプレーを経験していた[3] が、光星学院高校(現在の八戸学院光星高校)への進学を機に硬式野球部へ入ると、1年時の夏からエースとして活躍。3年間でストレートの球速を20km/h上げた末に、サイドスローから最速142km/hのストレートを投げ込む速球派の左投手として、NPB球団のスカウトから注目されるまでに成長した[3]。もっとも、夏の全国高等学校野球選手権青森大会で3年続けて決勝で敗れるなど、在学中は春夏とも甲子園球場の全国大会と無縁であった[1]詳細後述)。

高校からの卒業後に進学した東北福祉大学[1] では、自身と同じ左投手の吉見祐治歌藤達夫と同期であった。さらに、吉見がエースの座に立つなど投手陣の層が厚く、入学当初は公式戦へ登板する機会がなかった。それでも、3年時以降は、吉見に次ぐ2番手扱いながらエース級で活躍。仙台六大学野球のリーグ戦で通算10勝無敗という成績を残したほか、4年時には、春季リーグでの優勝と全日本大学野球選手権での準優勝を経験した。在学中の3学年先輩に鈴木郁洋、1学年先輩に奈良将史、1学年後輩に石原慶幸、2学年後輩に木谷寿巳橋本健太郎、3学年後輩に岸田護中村公治などがいる。

大学4年時の2000年には、仙台六大学秋季リーグでの優勝を経て臨んだ明治神宮野球大会の北海道・東北地区王座決定戦で、北海学園大学打線から19三振を奪った。この好投でNPB球団のスカウトから再び注目されたこと[1] を背景に、大会後のNPBドラフト会議で、当時存在していた逆指名制度を通じて中日ドラゴンズへ入団することを宣言[4]。年俸1,300万円、契約金1億円(金額は推定)という条件で入団した[1]。背番号は32。ちなみに、この会議では、吉見も逆指名制度を通じて横浜ベイスターズに2位で入団している。

プロ入り後[編集]

2001年には、春季キャンプのスタートを一軍で迎えたが、ブルペンでの投球練習で最初から暴投が相次いだ[1]。その後も、ブルペンへ入るたびに極度の制球難を露呈。「キャッチャーミットを目がけて投げ込んだ球が、バックネットや隣の投球レーンの捕手を直撃する」という有様で、キャンプの中盤から二軍に回った。この年にはウエスタン・リーグ公式戦25試合、2002年には10試合に登板[1]。二軍で投球フォームの修正に取り組んだものの、制球力の向上には至らなかった[1]。結局、一軍公式戦への登板機会がないまま、2003年限りで球団から戦力外を通告[1]。光星学院高校時代に続いて、オープン戦やウエスタン・リーグの公式戦でも甲子園球場のマウンドに立てなかった[5]

ちなみに、前述した制球難については、入団当初「極度の緊張によるイップスが原因である」と報じられていた[1]

アマチュア球界への復帰後[編集]

愛知県内の会社に勤務しながら[1]2004年から社会人野球硬式野球クラブ 東海REXでプレー[1]。しかし、制球難は相変わらずで、ベーブルース杯では打者の頭に死球をぶつけたこともあった。チームが東海地区の第3代表として出場した第32回社会人野球日本選手権大会2005年)では、日本生命との2回戦に救援で登板。2007年シーズン限りで現役を引退したことを機に、東海REXを退部した。

現役引退後[編集]

千葉県船橋市に転居。東海REX在籍中の2004年に結婚すると、その年に長男を授かったことを皮切りに3児(いずれも男児)をもうけている[5]。会社勤めのかたわら、長男が所属した少年野球チームでコーチを務めたことがきっかけ[1] で、2013年に学生野球資格の回復へ向けた講習会に参加。2014年4月8日付で日本学生野球協会から資格回復の適性を認定されたことによって、同協会に加盟する高校・大学の硬式野球部での指導が可能になった[1][6]

エピソード[編集]

「不運のエース」[編集]

前述したように、光星学院高校時代には夏の選手権青森大会決勝に3年連続で先発を任されながら、いずれも惜敗している。さらに同校は、洗平が卒業した1997年第69回選抜高等学校野球大会で甲子園球場の全国大会初出場を果たすと、3季連続で全国大会へ出場[7]2019年第101回全国高等学校野球選手権大会までに、春の選抜大会・夏の選手権本大会に通算で10回ずつ出場したほか、2011年夏および、2012年春から3季連続で決勝進出を果たしている。このような経緯から、高校球界に関する報道や特集で、光星学院高校時代の洗平を「不運のエース」と称することがある[5]

ちなみに、1年時(1994年)に臨んだ青森県立八戸高校との決勝では、味方の野手陣が5失策を記録したことが災いして、延長10回の末に6 - 7というスコアで惜敗。2年時(1995年)に青森山田高校と対戦した決勝では、味方打線が同点で迎えた9回裏にサヨナラ勝利への好機を逸すると、延長10回までもつれこんだ末に2 - 4で敗れた。3年時(1996年)に先発した青森県立弘前実業高校との決勝では、4点のリードを7回裏に追いつかれると、8回裏に先頭打者へ死球を与えたところで交代。当時の監督・金澤成奉に自ら降板を願い出た末の交代であったが、後続の投手が2点を奪われた末に逆転負けを喫したため、チームを甲子園球場での全国大会初出場に導けないまま卒業した[7]

もっとも、洗平自身は後年、「下半身の強化などを含めて、プロ(NPB)行きに必要な土台は光星(学院高校)だったから身に付けられた」と語っている[3]

家族[編集]

一卵性双生児の兄として出生。実弟の隼人(はやと)も元野球選手捕手)で、兄の竜也と揃って光星学院高校と東北福祉大学へ進学した後に、2001年から2005年まで社会人野球の東北マークスに在籍していた。東北福祉大学時代までは控え捕手だったが、東北マークスでは正捕手の座をつかんでいる。

長男は現役の野球選手(右投手)で、佐倉リトルシニアに所属していた中学3年時(2019年)にシニアリーグの全国選抜大会で優勝。2020年からは、竜也・隼人兄弟の母校(八戸学院光星高校)で硬式野球部に所属している[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし[1]

背番号[編集]

  • 32 (2001年 - 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 元中日 悲運のエース洗平さん(青森・六戸出身)がアマ指導者で新たな一歩 Web東奥 2014年5月9日(金)13時49分配信 2014年5月11日閲覧
  2. ^ 日本姓氏語源辞典「洗平」
  3. ^ a b c 輝け光星’19センバツ/中 誰にでもチャンス 県外も県内も関係ない(『毎日新聞』青森版2019年3月21日付記事)
  4. ^ 逆指名制度の対象にならない高校生(春日部共栄高校3年生)の中里篤史を1位で指名するために、指名上は2位と扱われたが、実際には1位に相当する評価を受けていた。
  5. ^ a b c d 八戸学院光星・洗平が練習試合デビュー 父は元中日(『日刊スポーツ2020年5月31日付記事)
  6. ^ 学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者(日本学生野球協会)
  7. ^ a b <地方大会が生む奇跡> 3年連続決勝で敗れた、光星学院悲運のエース。(『Number Web2016年6月30日付記事)

関連記事[編集]