六戸町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ろくのへまち ウィキデータを編集
六戸町
舊澀澤邸 Old Shibusawa Mansion - panoramio.jpg
古牧温泉星野リゾート青森屋
町庁舎位置
Flag of Rokunohe, Aomori.svg Emblem of Rokunohe, Aomori.svg
六戸町旗 六戸町章
1960年10月1日制定[1]
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
上北郡
市町村コード 02405-8
法人番号 4000020024058 ウィキデータを編集
面積 83.89km2
総人口 10,350[編集]
推計人口、2022年4月1日)
人口密度 123人/km2
隣接自治体 十和田市三沢市上北郡東北町おいらせ町三戸郡五戸町
町の木 カエデ
町の花 山桜
町の鳥 ヒバリ
六戸町役場
町長 吉田豊
所在地 039-2392
青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字前谷地60
北緯40度36分34.3秒 東経141度19分29.3秒 / 北緯40.609528度 東経141.324806度 / 40.609528; 141.324806
2008年(平成20年)4月撮影
外部リンク 公式ウェブサイト

六戸町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

六戸町(ろくのへまち)は、青森県上北郡の東南部に位置するである。一面が平坦な地形にて形成されており、目立った高山・湖沼はない。十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には農地が広がる。積雪は多くなく年間を通して穏やかな気候である。

地理[編集]

上北郡の東南部に位置する。町の南部の東西を十和田湖を源流とする奥入瀬川が流れる。

中北部は、三本木原と呼ばれる台地であり、奥入瀬川から十和田市法量にて分岐した人工河川・稲生川(三本木原用水路)が、東流している。

北部の三沢市との境界付近には、姉沼川の支流も流れている。

歴史[編集]

古来、「六戸」という地名は、単独の村の呼称ではなく、現六戸町域以外のおいらせ町や三沢市南部も含めた、奥入瀬川(旧称・相坂川)流域一帯を指した呼称であったという説がある。

  • 1889年(明治22年)4月1日:町村制施行に伴い、折茂村、柳町村、小平村、鶴喰村、犬落瀬村、上吉田村、下吉田村の7箇村合併により上北郡六戸村成立。

(各村名は、大字として存続。)

行政[編集]

平成の大合併において、下田町百石町(現・おいらせ町)との合併を目指して協議会を設立したが、特例債の運用方針を巡って対立し、離脱した。

歴代町長[編集]

特記なき場合「町勢データ」による[2]

氏名 就任 退任 備考
六戸村長(官選)
1 篠田金之亟 明治23年6月15日 明治30年6月13日
2 海沼眞太郎 明治30年6月14日 明治37年7月18日
3 秋山政治 明治37年7月19日 明治41年7月17日
4 吉田廉助 明治41年7月18日 明治45年7月18日
5 吉田和太郎 明治45年7月19日 大正9年6月3日
6 鬼柳圭介 大正10年3月17日 大正11年3月28日
7 種市正造 大正11年6月13日 大正11年12月10日
8 杉山克己 大正12年2月17日 大正13年3月26日
9 吉田正次郎 大正13年7月7日 昭和7年4月14日
10 川崎新兵衛 昭和7年6月8日 昭和7年11月16日
11 杉山武夫 昭和7年12月6日 昭和16年3月7日
12 馬場正隆 昭和18年7月31日 昭和21年12月10日
六戸村長(公選)
13 保土沢一志 昭和22年4月12日 昭和30年4月30日
14 吉田博彦 昭和30年5月1日 昭和32年9月30日
六戸町長(公選)
14 吉田博彦 昭和32年10月1日 昭和42年3月31日
15 松浦長兵衛 昭和42年4月28日 昭和57年10月29日
16 沼田透 昭和57年12月19日 平成4年6月1日
17 苫米地繁雄 平成4年7月13日 平成7年12月31日
18 吉田豊 平成8年1月28日 現職

産業[編集]

農業[編集]

おいらせ農業協同組合六戸支店がある。

(十和田市に本店を置き、2008年4月に発足した「十和田おいらせ農業協同組合」とは別である)。

工業[編集]

観光[編集]

県南地方随一の桜の名所として有名。主にヤマザクラが植栽されている。

郵便[編集]

その他[編集]

近年では、太陽光発電サイト(いわゆるメガソーラー施設)の建設・設置が相次いでいる。

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

大字・町丁[編集]

人口[編集]

Population distribution of Rokunohe, Aomori, Japan.svg
六戸町と全国の年齢別人口分布(2005年) 六戸町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 六戸町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

六戸町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より
  • 平成27年国勢調査における前回調査からの人口増減率は1.78%の増加で、県全体4.74%の減少を大きく上回るばかりでなく、県内40市町村で1位だった。なお県内で増加となったのは当町とおいらせ町のみである[3]

所轄警察署[編集]

  • 十和田警察署管内
    • 六戸駐在所

所轄消防署[編集]

  • 十和田地域広域事務組合六戸消防署

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

※以下は廃校。

  • 六戸町立開知小学校〈旧〉(1997年・開知小学校を統合新設)
  • 六戸町立七百小学校(同上)
  • 六戸町立昭陽小学校(同上)
  • 六戸町立長谷小学校(2001年・六戸小学校へ統合)
  • 六戸町立柳町小学校(同上)
  • 六戸町立折茂小学校(2009年・六戸小学校に統合)

幼稚園・保育園[編集]

  • 小松ヶ丘幼稚園
  • 第一日の出保育園
  • 第二日の出保育園
  • さつき保育園
  • こども園えがお

医療機関[編集]

金融機関[編集]

隣接する自治体[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

  • 自動車専用道路
    • E4A 第二みちのく有料道路六戸ジャンクション
    • E4A 上北自動車道六戸三沢インターチェンジ

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

特産品[編集]

郷土料理[編集]

出身著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 図典 日本の市町村章 p28
  2. ^ 町勢データ”. 六戸町. 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ 平成27年国勢調査”. 総務省統計局 (2016年10月26日). 2017年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]