木谷寿巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木谷 寿巳
TFUクラブ 投手兼任コーチ #3
RE-Hisashi-Kitani.jpg
2009年8月26日、ロッテ浦和球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県伊香郡西浅井町(現:長浜市
生年月日 (1980-10-15) 1980年10月15日(36歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト6巡目
初出場 2008年7月8日
最終出場 2010年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • TFUクラブ

木谷 寿巳(きたに ひさし、1980年10月15日 - )は、日本の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前 [編集]

滋賀県出身。近江高等学校では、3年次に春夏の甲子園大会に出場(どちらも初戦敗退)。東北福祉大では、大学4年次に仙台六大学リーグ春のMVP、また春秋連続でベストナインに選ばれる。同年、明治神宮野球大会で全試合に先発し準優勝。王子製紙では、2004年の都市対抗野球大会で3度先発して初優勝に貢献、優秀選手に選ばれる。

2005年の大学生・社会人ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスから6巡目指名され入団。同年同ドラフト1巡目指名の松崎伸吾、7巡目指名の井野卓は大学の後輩にあたる。

プロ入り後[編集]

1年目の2006年は1月から右肩痛のためリハビリにつとめた為、一・二軍ともに登板機会はなし。10月12日フェニックスリーグでプロ初登板。2007年は春季キャンプで右肘を痛める。シーズン後半に二軍で好投し、10月5日に一軍へ初昇格(登板機会はなし)。

2008年7月8日、対オリックス戦で一軍初登板。1回を無失点に抑える。8月10日、対ソフトバンク戦で初セーブを記録。8月28日、対西武戦で一軍初先発。計22試合に登板し、中継ぎとして好結果を残すも、先発としては5回の壁に阻まれ崩れる事が多く、未勝利のままに終わった。しかし二軍では先発ローテーションを守って8勝を挙げ、イースタン・リーグ最多勝のタイトルを獲得した。

2009年は開幕一軍入りを果たし、中継ぎの一員として登板するも結果を残せずに5月に二軍降格。8月に一軍に再昇格すると、8月15日の対ロッテ戦で先発。6回1失点と好投し、プロ初勝利をあげた。

2010年5月8日イースタン・リーグで1イニング5奪三振のプロ野球新記録を達成した[1]

2011年は一軍登板なしに終わり、二軍でも6試合の登板に終わった。同年10月9日に戦力外通告を受け[2]、病気療養のため現役を引退した[3]

引退後[編集]

球団職員として楽天に留まり、同チームのジュニアコーチとして子供達を相手に野球指導を行っている。

また2015年からは、かつての同僚の有銘兼久塩川達也と社会人野球のTFUクラブに加入してプレーしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 楽天 22 5 0 0 0 0 3 1 3 .000 174 39.1 40 5 13 0 5 24 1 0 18 18 4.12 1.35
2009 11 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 89 20.0 23 3 5 0 1 17 0 0 11 9 4.05 1.40
2010 7 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 65 15.2 10 2 8 0 0 11 0 0 6 6 3.45 1.15
通算:3年 40 6 0 0 0 2 3 1 3 .400 328 75.0 73 10 26 0 6 52 1 0 35 33 3.96 1.32

記録[編集]

背番号[編集]

  • 54 (2006年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 楽天木谷が1イニング5奪三振の新記録 日刊スポーツ2010年5月8日
  2. ^ 来季の選手契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年10月9日). 2011年10月9日閲覧。
  3. ^ 『スポーツ報知』2011年10月10日付野球面「木谷まず健康」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]