全国高等学校野球選手権沖縄大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全国高等学校野球選手権沖縄大会
Okinawa Cellular Stadium Naha 01.JPG
沖縄セルラースタジアム那覇
競技 野球
大会形式 トーナメント
開始年 1975年
主催 沖縄県高等学校野球連盟
朝日新聞社
会場 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) ほか
開催期間 7月
参加数 61校
前回優勝 興南(2022年)
最多優勝 興南
公式サイト
沖縄県高等学校野球連盟
テンプレートを表示

全国高等学校野球選手権沖縄大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけん おきなわたいかい)は、沖縄県で開催されている全国高等学校野球選手権大会地方大会

概要[編集]

1922年(第8回大会)から1924年(第10回大会)までは九州大会1925年(第11回大会)から1941年(第27回大会)までは南九州大会に編入され、戦争を挟んで1952年(第34回大会)から1959年(第41回大会)までは東九州大会1960年(第42回大会)から1974年(第56回大会)までは南九州大会に編入されていた。

この間の1958年(第40回大会)と1963年(第45回大会)、1968年(第50回大会)の3回は記念大会のための特別企画として全都道府県から出場することができたため、当時アメリカの占領下にあった沖縄からもこの大会で優勝した高校が全国大会に出場した。第40回沖縄大会を優勝した首里高等学校が沖縄県からの甲子園出場権獲得第1号となる。1962年(第44回大会)では、南九州大会で当時の沖縄高等高校(現沖縄尚学高等学校)が宮崎大淀高等高校と対戦して勝利し、沖縄県の高校として初めて実力で全国大会に出場した。

1975年(第57回大会)から沖縄県のみの大会になっている。

沖縄本島以外の高校の移動負担を考慮し、大会の序盤は週末中心に試合が行われているため、毎年地方大会の開幕、および決勝戦開催が各代表のトップを切って行われることが多い。

使用球場[編集]

等で行われている。

大会結果[編集]

年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考
1958年(第40回大会 19 首里 6 - 0 石川
1963年(第45回大会 24 首里 7 - 4 那覇
1968年(第50回大会 31 興南 5 - 2 糸満
1973年(第55回大会 37 前原 3 - 2 沖縄水産 延長10回
1975年(第57回大会 39 石川 8 - 1 コザ
1976年(第58回大会 豊見城 3 - 2 那覇
1977年(第59回大会 豊見城 4 - 0 宮古
1978年(第60回大会 豊見城 1x - 0 宮古
1979年(第61回大会 中部工 4 - 3 南風原
1980年(第62回大会 興南 1 - 0 首里
1981年(第63回大会 興南 2 - 0 美里
1982年(第64回大会 興南 5 - 2 知念
1983年(第65回大会 興南 3 - 1 沖縄水産
1984年(第66回大会 沖縄水産 4 - 1 興南
1985年(第67回大会 沖縄水産 7 - 5 興南
1986年(第68回大会 沖縄水産 2 - 1 興南
1987年(第69回大会 沖縄水産 7 - 0 沖縄尚学
1988年(第70回大会 沖縄水産 8 - 0 八重山
1989年(第71回大会 石川 8 - 3 興南
1990年(第72回大会 沖縄水産 6 - 1 沖縄尚学
1991年(第73回大会 沖縄水産 6 - 2 豊見城南
1992年(第74回大会 沖縄尚学 3 - 1 名護
1993年(第75回大会 浦添商 5 - 0 那覇商
1994年(第76回大会 那覇商 7 - 1 美里工
1995年(第77回大会 沖縄水産 4 - 1 美里
1996年(第78回大会 前原 5 - 2 沖縄水産 延長12回
1997年(第79回大会 浦添商 7 - 3 沖縄水産
1998年(第80回大会 60 沖縄水産 8 - 2 浦添工
1999年(第81回大会 62 沖縄尚学 10 - 0 興南
2000年(第82回大会 61 那覇 5 - 3 沖縄水産 延長10回
2001年(第83回大会 61 宜野座 3 - 0 中部商
2002年(第84回大会 62 中部商 4 - 1 沖縄水産
2003年(第85回大会 64 沖縄尚学 3 - 2 南部商
2004年(第86回大会 62 中部商 4 - 1 沖縄水産
2005年(第87回大会 62 沖縄尚学 10 - 0 浦添商
2006年(第88回大会 63 八重山商工 7 - 3 中部商
2007年(第89回大会 63 興南 1 - 1 浦添商 延長11回
興南 2 - 0 浦添商 再試合
2008年(第90回大会 63 浦添商 5 - 2 沖縄尚学
2009年(第91回大会 63 興南 4 - 2 中部商
2010年(第92回大会 63 興南 9 - 1 糸満
2011年(第93回大会 63 糸満 2 - 1 中部商
2012年(第94回大会 63 浦添商 8 - 5 沖縄尚学
2013年(第95回大会 63 沖縄尚学 5 - 2 美里工
2014年(第96回大会 61 沖縄尚学 6 - 1 糸満
2015年(第97回大会 62 興南 4 - 2 糸満
2016年(第98回大会 63 嘉手納 11 - 3 美里工
2017年(第99回大会 63 興南 15 - 1 美来工科
2018年(第100回大会 65 興南 5 - 0 糸満
2019年(第101回大会 64 沖縄尚学 8 - 7 興南 延長13回
2020年(独自大会) 59 八重山 4 - 2 未来沖縄
2021年(第103回大会 61 沖縄尚学 5 - 2 中部商
2022年(第104回大会 61 興南 7 - 1 沖縄尚学

選手権大会[編集]

放送[編集]

  • NHK沖縄放送局(総合テレビ、準決勝・決勝。ラジオ第1、準々決勝以降)
  • 琉球朝日放送(テレビ・決勝と準決勝の一部を中継)
  • 琉球放送(ラジオ・決勝戦を中継、1995年のQAB開局まではテレビでも中継)
  • ラジオ沖縄(決勝を中継、2009年までは準決勝の一部も中継していた。2012年・2014年は中継無し)
※琉球放送、ラジオ沖縄は全国大会期間中の沖縄県勢の試合をABCからのネット受けで中継していた(CMは各局差し替え、最終的には琉球放送のみの放送となったが、2010年の決勝に興南が進出した時は再び両局にネットされた)。またNHK沖縄(ラジオ)では一旦準決勝からの放送に縮小した事もあったが、2015年までは3回戦から放送していた。2021年は再び準決勝からに縮小。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]