第87回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第87回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 2005年8月6日 - 8月20日
出場校 49校
参加校数 4,137校
優勝校 駒大苫小牧南北海道、2年連続2回目)
試合数 48試合
開会式司会 山田恵子(兵庫小野高校
中山僚(兵庫・神戸国際大学附属高校
入場先導 田村祐摩(和歌山向陽高校
選手宣誓 新井伸太郎(山梨日本航空高校
始球式 上田康矩(大阪大体大浪商高校
閉会式司会 矢田谷真奈(兵庫・武庫川女子大附属高校
高田善規(兵庫・小野高校)
総入場者数 776,000人(1日平均51,733人)
大会本塁打 32本塁打
 < 20042006 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第87回全国高等学校野球選手権大会(だい87かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、2005年8月6日から8月20日までの15日間にわたって阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

キャッチフレーズは「君に見せたい夏がある

概要[編集]

日程[編集]

  • 8月4日 - 当初、高知代表は明徳義塾が8年連続12回目の出場、前日の8月3日には組合せ抽選会で対戦校が西東京代表の日大三と決まっていた。しかしこの日に明徳義塾の不祥事[1]が発覚したため、出場を辞退(大会規定違反により、高知大会決勝戦の記録も抹消)した。代替校として高知大会で準優勝だった高知が24年ぶり10回目の出場となった。
  • 8月20日 - 南北海道代表の駒大苫小牧が優勝し、前年の第86回大会に続いて、選手権大会で2連覇を達成。なお選手権大会での2年連続の全国制覇は、1947年・第29回と1948年・第30回小倉福岡、旧・小倉中)以来57年ぶりだった。

代表校[編集]

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 3回戦[編集]

- 2回戦 3回戦
                   
 
8月10日(3)
 
 高知 2
 日大三 6
 
8月15日(1)
 
 日大三 9
 前橋商 6
 
8月11日(1)
 
 熊本工 3
 
 前橋商 5
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(2)
 
 駒大苫小牧 5
 聖心ウルスラ 0
 
8月15日(2)
 
 駒大苫小牧 13
 日本航空 1
 
8月11日(3)
 
 福井商 7
 
 日本航空 8
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(4)
 
 銚子商 7
 鳥取西 1
 
8月15日(3)
 
 銚子商 2
 樟南 6
 
8月12日(1)
 
 樟南 13
 
 花巻東 4
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月12日(2)
 
 土岐商 2
 高陽東 4
 
8月15日(4)
 
 高陽東 3
 鳴門工 10
 
8月12日(3)
 
 丸亀城西 0
8月6日(1)  
 鳴門工 6
 鳴門工 14     
 宇都宮南 3     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月6日(2)
 青森山田 7
8月12日(4)
 智弁和歌山 5
 青森山田 3
8月6日(3):延長10回
 国士舘 0
 天理 3
8月16日(1)
 国士舘 7
 青森山田 2
8月7日(1)
 東北 4
 別府青山 2
8月13日(1)
 東北 7
 東北 4
8月7日(2)  
 遊学館 3
 秋田商 6     
 遊学館 8     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月7日(3)
 近江 8
8月13日(2)
 桐光学園 9
 桐光学園 3
8月7日(4)
 聖光学院 2
 聖光学院 11
8月16日(2)
 佐賀商 0
 桐光学園 0
8月8日(1)
 京都外大西 4
 京都外大西 4
8月13日(3)
 菰野 1
 京都外大西 12
8月8日(2):延長10回  
 関西 10
 高岡商 5     
 関西 6x     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(3)
 大阪桐蔭 9
8月13日(4)
 春日部共栄 7
 大阪桐蔭 8
8月8日(4):延長12回
 藤代 1
 藤代 3
8月16日(3)
 柳川 2
 大阪桐蔭 4
8月9日(1)
 清峰 1
 済美 6
8月14日(1)
 旭川工 0
 済美 4
8月9日(2):延長13回  
 清峰 9
 愛工大名電 2     
 清峰 4     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月9日(3)
 宇部商 7
8月14日(2)
 新潟明訓 4
 宇部商 4
8月9日(4)
 静清工 0
 静清工 8
8月16日(4)
 江の川 5
 宇部商 11
8月10日(1)
 酒田南 2
 姫路工 2
8月14日(3)
 酒田南 10
 酒田南 4
8月10日(2)  
 沖縄尚学 2
 松商学園 1     
 沖縄尚学 4     

準々決勝 - 決勝[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月17日(1)        
 京都外大西 9
8月19日(1)
 樟南 1  
 京都外大西 10
8月18日(2)
   宇部商 8  
 日大三 3
8月20日
 宇部商 5  
 京都外大西 3
8月17日(2)
   駒大苫小牧 5
 鳴門工 6
8月19日(2):延長10回
 駒大苫小牧 7  
 駒大苫小牧 6
8月18日(1)
   大阪桐蔭 5  
 東北 4
 大阪桐蔭 6  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
京都外大西 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3 7 2
駒大苫小牧 1 0 0 0 1 1 2 0 X 5 9 2
  1. (京) : 北岡、本田 - 南本
  2. (駒) : 松橋、田中 - 小山
  3. 審判:球審…赤井、塁審…中本・橘・岡本
  4. 試合時間:2時間16分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:加守田隆介(青森山田)
  • 第2号:薮内啓嗣(京都外大西)
  • 第3号:西村貴之(関西)
  • 第4号:靍岡賢二郎(春日部共栄)
  • 第5号:中田翔(大阪桐蔭)
  • 第6号:美濃一平(酒田南)
  • 第7号:清野貴大(松商学園)
  • 第8号:江原真輔(日大三)
  • 第9号:多田隼仁(日大三)
  • 第10号:鈴木宏始(日本航空)
  • 第11号:長沢和矢(銚子商)
  • 第12号:神守祐太(樟南)
  • 第13号:堀江雄太(鳴門工)
  • 第14号:柳田将利(青森山田)
  • 第15号:宮川裕基(桐光学園)
  • 第16号:船引俊秀(関西)
  • 第17号:船引俊秀(関西)
  • 第18号:平田良介(大阪桐蔭)
  • 第19号:山田赳矩(済美)
  • 第20号:森大雅(清峰)
  • 第21号:佐藤良輔(酒田南)
  • 第22号:辻寛人(駒大苫小牧)
  • 第23号:保坂有紀(日本航空)
  • 第24号:藤良裕(鳴門工)
  • 第25号:篠原大(大阪桐蔭)
  • 第26号:大石剛志(清峰)
  • 第27号:林裕也(駒大苫小牧)
  • 第28号:平田良介(大阪桐蔭)
  • 第29号:平田良介(大阪桐蔭)
  • 第30号:平田良介(大阪桐蔭)
  • 第31号:江原真輔(日大三)
  • 第32号:辻内崇伸(大阪桐蔭)


記録[編集]

個人記録[編集]

記録 選手名 所属校 対戦校 補足
1試合最多本塁打 3 平田良介 大阪桐蔭 準々決勝・東北戦 大会タイ記録[3]

脚注[編集]

  1. ^ 野球部員の喫煙と部内における暴力行為。
  2. ^ 明徳義塾の出場辞退による代替出場
  3. ^ PL学園清原和博1985年1回戦・対東海大山形戦)に並ぶ史上2人目。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]