コンテンツにスキップ

武内夏暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武内 夏暉
埼玉西武ライオンズ #21
2024年4月24日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市八幡西区
生年月日 (2001-07-21) 2001年7月21日(22歳)
身長
体重
186 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2023年 ドラフト1位
初出場 2024年4月3日
年俸 1600万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武内 夏暉(たけうち なつき、2001年7月21日 - )は、福岡県北九州市八幡西区出身のプロ野球選手投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

侍ジャパンU-18壮行試合にて
(2023年8月28日 東京ドーム

北九州市立折尾東小学校で3年生の時に東筑ファイターズで野球を始め、折尾愛真中学校では軟式野球部に所属していた[2]

福岡県立八幡南高等学校に進学し、1年秋から一塁手でベンチ入り。2年春から投手に転向し、同年秋からエースを務めた[2]。高校時代は甲子園大会への出場はなく、3年夏は福岡大会3回戦で敗退した[2]

高校卒業後は國學院大學に進学。2年秋に出場した明治神宮野球大会にて、九州産業大学との2回戦で公式戦初先発登板すると、8回二死までパーフェクトに抑える好投で無四球完封勝利を記録し、注目を集めた[3][4]。3年秋のリーグ戦では4勝0敗、防御率0.68を記録して優勝に貢献し、MVPを受賞した[3]。4年時の2023年には日米大学野球選手権大会の日本代表に選出された[5]

2023年9月13日にプロ志望届を提出すると[6]ドラフト会議前の10月24日に埼玉西武ライオンズ、25日に福岡ソフトバンクホークスが1位指名を公表[7][8]。迎えた26日のドラフト会議では公表通りの両球団と東京ヤクルトスワローズの合計3球団から1位指名を受け、抽選の結果西武が交渉権を獲得した[9]。11月16日に契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約を結んだ(金額は推定)[1]。背番号は18も候補として提示されたが、21を選択した[10]。担当スカウトは十亀剣[11]

西武時代[編集]

2024年は春季キャンプをA班でスタートし[12]、オープン戦では2試合に登板[13][14]。開幕ローテーション入りを果たし、開幕5試合目のオリックス・バファローズ戦でプロ初登板初先発となり[15]、7回1安打2四球7奪三振無失点の好投[16]でプロ初勝利を挙げた[注 1]。続く4月10日の千葉ロッテマリーンズ戦でも勝敗こそ付かなかったが、7回2失点と好投[18]。ただ、週5試合が続く変則日程に加え[19]、右肩の張りで出遅れていた髙橋光成が復帰するチーム事情があり[20]、武内は翌11日に出場選手登録を抹消された[21]。5月11日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で7回1失点と好投し、無傷で3勝目を果たしチームは連敗から脱出。この試合でHQSを達成し、西武の新人投手では1999年の松坂大輔の4試合連続QSの記録を塗り替える5試合連続QSを達成した[22]。5月19日、地元・福岡でのプロ初登板となった対福岡ソフトバンクホークス12回戦(みずほPayPayドーム)では、味方の援護は初回の1点のみながら8回まで被安打3四球1で無失点に抑え6試合連続QSを達成していたが、9回裏ソフトバンク先頭打者の周東佑京に右前安打を許した後、一塁への牽制球を投げたところで左脚に違和感を訴え降板、急遽交代登板したアブレイユが後続の打者に打たれ逆転サヨナラ負けを喫し(武内に勝敗つかず、自責点は1)、地元での凱旋勝利はならなかった[23]。5月は、4試合の先発で3勝0敗、防御率0.63を記録し、月間MVPを初受賞した[24]

選手としての特徴[編集]

持ち球は最速154km/h[25]ストレートスライダーカーブチェンジアップツーシーム[26]。本人が「自分の強みはコントロール。特に左打者のインコースへの制球は負けない」と話した[27]左打者の内角を突ける[28]コントロールが最大の武器である左腕[29]

テイクバックで左腕が見えなくなるという、タイミングを取りづらい投球フォーム[28]から多彩な球種をコントロールよく投げ込み、打者を打ち取る投球スタイルである[30]

人物[編集]

福岡県出身で幼少期から福岡ソフトバンクホークスのファンで、野球を始めた小学3年時から大学進学で上京するまでの約10年間ファンクラブに入会していた[31]。憧れの選手は和田毅[31]

詳細情報[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 21(2024年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ プロ初登板で初勝利を挙げたのは、球団史上8人目であった[17]

出典[編集]

  1. ^ a b 【西武】ドラフト1位の武内夏暉投手が仮契約「将来的には日本を代表する投手に」」『スポーツ報知』2023年11月16日。2023年11月16日閲覧
  2. ^ a b c 武内夏暉」『週刊ベースボールONLINE』。2023年9月24日閲覧
  3. ^ a b 国学院大・武内夏暉にプロ球団が熱視線!最速149キロの“大型左腕”は安定感抜群」『BASEBALL KING』2023年5月8日。2023年9月24日閲覧
  4. ^ 国学院大・武内夏暉が大学初完封勝利 神宮大会初の快挙あと4人で逃す - アマ野球」『日刊スポーツ』2021年11月23日。2023年9月24日閲覧
  5. ^ 第44回 日米大学野球選手権大会 試合・大会詳細」『野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト』。2023年9月24日閲覧
  6. ^ 青学大・常広羽也斗&下村海翔 明大・上田希由翔 法大・尾崎完太ら続々とプロ志望届を提出」『日刊スポーツ』2023年9月13日。2024年4月24日閲覧
  7. ^ 金子真仁「【西武】ドラフト1位公表!国学院大・武内夏暉 渡辺GM「最も実力があると評価しました」」『日刊スポーツ』2023年10月24日。2023年11月8日閲覧
  8. ^ 只松憲「【ソフトバンク】国学院大・武内夏暉1位指名を公表 17年からくじ引きは“7連敗中”」『日刊スポーツ』2023年10月25日。2023年11月8日閲覧
  9. ^ 【ドラフト会議】西武・松井稼頭央監督「ヨッシャー!」3球団競合の末、国学院・武内の当たりクジ引く」『Sponichi Annex』2023年10月26日。2023年10月28日閲覧
  10. ^ 【西武】ドラフト1位の武内夏暉に指名あいさつ 背番号21の提示に「自信を持ってやっていきたい」」『スポーツ報知』2023年11月2日。2024年1月6日閲覧
  11. ^ 西武ドラ1は「すぐに活躍する」 引退から1年…獲得の裏に"新人スカウト"のプレゼン」『Full-Count』2024年2月10日。2024年3月8日閲覧
  12. ^ 西武が春季キャンプのメンバーを発表 ドラフト1位武内夏暉はA班 スタート|プロ野球 | DAZN News JP」『DAZN』2024年1月26日。2024年4月3日閲覧
  13. ^ 西武D1位・武内夏暉、OP初登板で4回1安打無失点5奪三振「本当にいい投球ができた」 イケメンも売り」『サンスポ』2024年3月13日。2024年4月12日閲覧
  14. ^ 【西武】ドラフト1位左腕がオープン戦最終登板も5回3失点 4・3オリックス戦デビュー有力」『スポーツ報知』2024年3月20日。2024年4月12日閲覧
  15. ^ “睡眠9時間”でバッチリ 西武ドラ1・武内夏暉がプロ初先発「徐々にたかぶっています」山下舜平大との投げ合い」日テレNEWS NNN、2024年4月3日。2024年4月12日閲覧
  16. ^ a b ドラ1ルーキー・武内夏暉が7回1安打7奪三振無失点の好投! 初登板を白星で飾る」パ・リーグ.com、2024年4月3日。2024年4月12日閲覧
  17. ^ 【西武】ドラ1左腕・武内夏暉が7回無失点7Kで松坂らに並ぶ初登板初勝利」『東スポWEB』2024年4月3日。2024年4月4日閲覧
  18. ^ 西武ドラ1・武内、好投も2勝目ならず…追い込んでから2本の適時打、笘篠氏「攻めきれなかった」」『BASEBALL KING』2024年4月11日。2024年4月12日閲覧
  19. ^ 埼玉西武ライオンズ 2024年度 カレンダー 【3・4月】」『NPB.jp 日本野球機構』。2024年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月12日閲覧
  20. ^ 【西武】高橋光成 今季初登板となる14日ソフトバンク戦に向けブルペンで独自調整」東スポ、2024年4月11日。2024年4月12日閲覧
  21. ^ DeNA小園健太、西武武内夏暉ら抹消 オリックス比嘉幹貴、楽天内星龍ら登録/11日公示」『日刊スポーツ』2024年4月11日。2024年4月12日閲覧
  22. ^ 【西武】ドラ1武内夏暉が松坂の記録超えた 5試合連続クオリティースタート 新人王へ独走態勢」『日刊スポーツ』2024年5月11日。2024年5月11日閲覧
  23. ^ 【西武】ドラ1武内夏暉、完封目前9回左足つって緊急降板→悪夢のサヨナラ負けで5連敗」『日刊スポーツ』日刊スポーツNEWS、2024年5月20日。2024年5月20日閲覧
  24. ^ 【西武】ドラ1武内夏暉が初の月間MVP ルーキーの5月選出は球団史上初めて 4戦3勝0敗」『日刊スポーツ』2024年6月11日。2024年6月11日閲覧
  25. ^ 【西武】ドラ1・武内夏暉 ピンチでギアチェンジ3連続三振 最後は自己最速タイ154キロ 4回無失点」『スポーツ報知』2024年3月14日。2024年3月18日閲覧
  26. ^ 【ドラフト】最速153キロ左腕国学院大・武内夏暉、3球団競合による西武指名に「日本を代表する投手になりたい」」『サンケイスポーツ』2023年10月26日。2023年11月17日閲覧
  27. ^ ドラフト主役ぞろい13球団スカウトうなる 注目の武内、細野、西舘ら登板【東都大学野球】」『中日スポーツ』2023年10月11日。2023年11月17日閲覧
  28. ^ a b 国学院大・武内夏暉の「タイミングの取りづらさ」は打者泣かせ ほんの少し腕が遅れて振られる」日刊ゲンダイDIGITAL、2023年10月24日。2023年11月17日閲覧
  29. ^ 【ドラフト】 巨人が1位指名の方針を固めた中大・西舘勇陽はリリーフで大成!? スカウトが見た“東都BIG3”」『スポーツ報知』2023年10月25日。2023年11月17日閲覧
  30. ^ 國學院大・武内夏暉 努力を積み重ね、身につけた「意識しなくても見づらいフォーム」」4years.、2023年10月2日。2023年11月17日閲覧
  31. ^ a b ファンクラブ会員歴10年の鷹党、国学院大のエース・武内夏暉がソフトバンク戦で圧巻の3回無失点7奪三振」『BASEBALL KING』2023年8月26日。2023年9月24日閲覧
  32. ^ 2024年5月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ) | 表彰選手」『NPB.jp 日本野球機構』。2024年6月11日閲覧
  33. ^ インローにズバッ!ラオウ斬り!西武・武内夏暉プロ初Kはオリックス杉本裕太郎から見逃し三振 ファン「とても新人とは思えない」」西スポWEB otto!、2024年4月3日。2024年4月12日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]