全国高等学校野球選手権福岡大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権福岡大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんふくおかたいかい)は、福岡県で開催されている全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の地方大会。第1回大会から第10回大会は九州大会、第11回大会から第29回大会は北九州大会に参加していた。

概要[編集]

福岡県は最北端と最南端、および最東端と最西端で100km以上の距離があるため、県内を「北部」(北九州地方・筑豊地方。県立高校の第1 - 3及び4学区の東部と11 - 13学区)と「南部」(福岡地方・筑後地方。同4学区西部と5 - 10学区)とに分け、南北の代表校を決定する。そしてこれらの代表校によって県大会を行い、代表を争うシステムが採られている。

2008年以前は、北部南部とも各8校、計16校が県大会に進出するシステムで、北部南部の大会は4回戦まで、県大会は全校5回戦からとなっていたが、特に昭和末期以降、北部と南部の参加校数の差が拡大した(福岡都市圏を抱える南部の方が多い)ため、北部予選では組み合わせ上3回戦から登場し2勝で県大会に出場できるチームがある一方、南部予選では1回戦から4勝しなければ県大会に出場できないチームもあり、不公平であることが問題とされていた。そのため、北部の県大会出場校は8校と維持したまま、南部の県大会出場校を増やす事で不公平を解消することとなり、2009年の第91回大会から、北8校南11校の計19校が県大会に進出するよう、北部南部大会の組み合わせを配分するシステムとなった[注 1]。北部南部の各大会は3回戦までで、県大会の初戦は4回戦(6チーム)または5回戦(13チーム)からとなった。なお、県大会の組み合わせは、全19校が決定してから再抽選により決定されていた、その際、北部・南部の分けは行われなかったため、県大会初戦の対戦相手が北部代表または南部代表同士となるケースもあった[注 2]

2013年の第95回大会から、宗像市福津市古賀市糟屋郡の10校が北部に移設され、北部65校、南部70校となった。それを南部北部それぞれAからHの8つのパートに分け、それぞれのパートのトップが県大会進出となっている。また、最初の抽選の段階ですべての組み合わせが決められ、なおかつ県大会の初戦で北部Aパートのトップ対南部Aパートのトップ、というように、北部のAからHパートのトップと南部のAからHパートのトップがそれぞれ対戦する形となっているため、県大会の初戦で北部同士・南部同士が対戦することはなくなった。

2008年の第90回記念大会では132校が予選に参加したが、通常1代表のみの6府県が2代表となり、府県予選が分割されたため、東東京の144校に次ぐ全国2位の出場校数となった。

第100回記念大会(2018年)で従来の1校から2校へ増枠になることが2017年4月19日に決定[1]。九州地区では初の複数代表となる。

使用球場[編集]

現在[編集]

北部大会

南部大会

2010年まで県大会は1つの球場で行ってきたが、2011年は久留米(16試合)と小郡(3試合)、2014年は北九州市民球場(7試合)と筑豊(8試合)で開催された。

過去[編集]

大会結果[編集]

年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考
1948年(第30回大会 48 小倉 1 - 0 伝習館 延長11回
1949年(第31回大会 52 小倉北 5 - 2 八幡
1950年(第32回大会 74 小倉 7 - 3 三池
1951年(第33回大会 79 小倉 7 - 0 伝習館
1952年(第34回大会 三池 12 - 4 伝習館
1953年(第35回大会 東筑 2 - 1 戸畑
1954年(第36回大会 小倉 10 - 2 嘉穂東
1955年(第37回大会 小倉 4 - 1 門司東
1956年(第38回大会 小倉 5 - 2 戸畑
1957年(第39回大会 戸畑 10 - 4 修猷館
1958年(第40回大会 八女 5 - 3 小倉
1959年(第41回大会 戸畑 5 - 0 東筑
1960年(第42回大会 戸畑 4 - 3 柳川商
1961年(第43回大会 戸畑 3 - 1 小倉
1962年(第44回大会 久留米商 8 - 0 小倉工
1963年(第45回大会 柳川商 2 - 0 博多工
1964年(第46回大会 小倉工 1 - 0 八幡工
1965年(第47回大会 三池工 6 - 4 飯塚商
1966年(第48回大会 小倉工 6 - 3 柳川商
1967年(第49回大会 小倉工 3 - 0 九州工
1968年(第50回大会 飯塚商 8 - 1 博多
1969年(第51回大会 飯塚商 3 - 0 直方学園
1970年(第52回大会 九州工 4 - 1 博多工
1971年(第53回大会 筑紫工 4 - 3 八女工
1972年(第54回大会 東筑 1 - 0 戸畑商
1973年(第55回大会 柳川商 5 - 0 直方学園
1974年(第56回大会 福岡第一 4 - 3 小倉南
1975年(第57回大会 小倉南 2 - 1 柳川商
1976年(第58回大会 柳川商 10 - 1 九州工
1977年(第59回大会 九州産 8 - 5 柳川商
1978年(第60回大会 東筑 1 - 0 柳川
1979年(第61回大会 八幡大付 6 - 0 嘉穂
1980年(第62回大会 田川 3 - 2 嘉穂
1981年(第63回大会 福岡大大濠 10 - 4 九産大九産
1982年(第64回大会 八幡大付 12 - 3 博多工
1983年(第65回大会 久留米商 8 - 2 福岡
1984年(第66回大会 福岡大大濠 10 - 0 八幡大付
1985年(第67回大会 久留米商 6 - 3 福岡第一
1986年(第68回大会 西日本短大付 6 - 2 豊国学園
1987年(第69回大会 東筑 4 - 0 柳川
1988年(第70回大会 福岡第一 12 - 3 八幡大付
1989年(第71回大会 福岡大大濠 6 - 4 西日本短大付
1990年(第72回大会 西日本短大付 9 - 4 福岡工大付
1991年(第73回大会 柳川 2 - 1 沖学園
1992年(第74回大会 137 西日本短大付 4 - 1 福岡工大付
1993年(第75回大会 東福岡 6 - 0 小倉東
1994年(第76回大会 九州工 6 - 4 九州国際大付
1995年(第77回大会 柳川 6 - 4 福岡工大付
1996年(第78回大会 東筑 2x - 1 東福岡
1997年(第79回大会 福岡工大付 7 - 5 柳川
1998年(第80回大会 東福岡 13 - 0 東筑
1999年(第81回大会 東福岡 5 - 2 九産大九州
2000年(第82回大会 柳川 3 - 1 福岡工大付
2001年(第83回大会 133 九産大九州 10 - 1 福岡工
2002年(第84回大会 135 柳川 4 - 4 九州国際大付 延長15回
11 - 8 再試合
2003年(第85回大会 135 筑陽学園 13 - 8 九産大九州
2004年(第86回大会 134 西日本短大付 6 - 0 福岡第一
2005年(第87回大会 131 柳川 4 - 2 戸畑商
2006年(第88回大会 131 福岡工大城東 14 - 1 柳川
2007年(第89回大会 130 東福岡 9 - 5 沖学園
2008年(第90回大会 132 飯塚 6 - 1 沖学園
2009年(第91回大会 133 九州国際大付 9 - 0 筑陽学園
2010年(第92回大会 133 西日本短大付 4 - 0 東福岡
2011年(第93回大会 135 九州国際大付 11 - 2 東筑
2012年(第94回大会 135 飯塚 4 - 2 福岡第一
2013年(第95回大会 135 自由ケ丘 9 - 1 南筑
2014年(第96回大会 135 九州国際大付 16 - 0 北筑
2015年(第97回大会 136 九州国際大付 4 - 0 東海大五
2016年(第98回大会 134 九州国際大付 4 - 3 福岡工大城東
2017年(第99回大会 134 東筑 3 - 1 福岡大大濠
2018年(第100回大会 北63 折尾愛真 12 - 9 飯塚
南70 沖学園 1 - 0 九産大九州
2019年(第101回大会 133 -
  • 校数は連合チームを1校とする

学校別全国大会出場回数[編集]

出場数 校名 通算成績 優勝数
10回 小倉 15勝8敗 2回
8回 柳川 10勝8敗
小倉工 8勝8敗
7回 九州国際大付 5勝7敗
6回 東筑 3勝5敗
5回 西日本短大付 9勝4敗 1回
4回 久留米商 9勝4敗
戸畑 3勝4敗
福岡工 2勝4敗
東福岡 1勝4敗
3回 福岡大大濠 5勝3敗
2回 福岡第一 6勝2敗
豊国学園 2勝2敗
飯塚商 2勝2敗
福岡工大城東 2勝2敗
飯塚 1勝2敗
明善 0勝2敗
真颯館 0勝2敗
1回 三池工 5勝0敗 1回
八女 1勝1敗
筑紫台 1勝1敗
九産大九州 1勝1敗
沖学園 1勝1敗
三池 0勝1敗
小倉南 0勝1敗
九産大九産 0勝1敗
田川 0勝1敗
筑陽学園 0勝1敗
自由ケ丘 0勝1敗
折尾愛真 0勝1敗

中継[編集]

  • NHK福岡放送局北九州放送局はテレビ・ラジオで準々決勝以降、(2012年まではラジオで4回戦以降(県大会))の全試合を中継する。
  • KBCテレビは、かつては4回戦以降県大会を生中継していたが、現在は決勝戦のみ放送する(2012年は生中継は行わずダイジェストでの放送)。2009年頃までKBCラジオでも決勝を中継していた。2017年は局のホームページとバーチャル高校野球(朝日新聞社朝日放送の共同運営)で準々決勝以降の試合が配信される。
  • 2016年はJ:COM福岡・J:COM北九州で、北九州市民球場で開催される5回戦(ベスト16)8試合をJ:COMチャンネルで中継する[2]。2017年は準々決勝・準決勝も当日の夜に録画放送する[3][4]。2018年は開会式と北福岡大会と南福岡大会の準々決勝それぞれ4試合、合計8試合を生中継する[5]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、この方法でも不公平感が完全に払拭された訳ではなく、北部または南部の各大会で1回戦から登場した高校が県大会で4回戦から登場するケースと、北部または南部の各大会で2回戦から登場した高校が県大会で5回戦から登場するケースでは、2008年以前と同様、県大会を制するまでには2試合分の差が生じていた。
  2. ^ 2009年は、4回戦3試合の全てと、5回戦が県大会初戦となる学校どうしの対戦5試合のうち2試合が北部同士もしくは南部同士であった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]