荒川雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒川 雄太
SH-Yuta-Arakawa.jpg
ソフトバンク時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都大田区
生年月日 (1987-10-14) 1987年10月14日(31歳)
身長
体重
183 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

荒川 雄太(あらかわ ゆうた、1987年10月14日 - )は、東京都大田区出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。現在は埼玉西武ライオンズブルペン捕手を務めている。

経歴[編集]

東京都大田区出身。中学時代にアジアAA選手権大会に日本代表として出場。その後日大高へ進学し、高校通算26本塁打を記録した。

2005年の高校生ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスより1巡目指名[1]を受け入団。同年オフにFA権を行使しシアトル・マリナーズへ移籍した城島健司の後継者として期待され、入団当時は「ポスト城島」と称された。

2008年ファーム日本選手権では、適時打とスクイズで2打点をあげる活躍を見せ、守備でも先発のルーキー岩嵜翔を好リードで1失点完投へと導き、優秀選手賞を受賞した。

2009年シーズンはファームで40試合に出場するも打率.179と打撃面で課題を残し、2010年は怪我のため22試合の出場に留まり、打率も前年と同じく.179と低迷[2]、同年10月1日に戦力外通告を受けた。

その後、11月10日に開催された2010年度12球団合同トライアウト(第1回)に参加し[2]、打撃面では無安打に終わったもののリード面を評価され、11月11日に埼玉西武ライオンズが荒川を獲得することが公式発表され[3]、12月6日に入団会見が行われた[4]。この戦力外通告から西武との契約までの模様は2010年12月29日放送『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』において一部始終が放送された。

移籍後は一度も一軍に昇格することなく、2012年11月1日に現役引退を発表[5]、2013年よりブルペン捕手としてチームに残留することが決定した[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 22 (2006年 - 2010年)
  • 63 (2011年 - 2012年)
  • 93 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ ソフトバンクは1巡目で陽仲壽を指名したものの抽選で外し、荒川は外れ1位としての指名であった。
  2. ^ a b “ドラ1捕手”が挑んだトライアウトに密着 鷹詞2010〜たかことば〜”. スポーツナビ (2010年11月10日). 2018年5月3日閲覧。
  3. ^ “選手獲得について” (プレスリリース), 埼玉西武ライオンズ, (2010年11月11日), http://www.seibulions.jp/news/detail/3677.html 2018年5月3日閲覧。 
  4. ^ “【西武】荒川が入団会見、背番号63”. 日刊スポーツ. (2010年12月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20101206-710719.html 
  5. ^ a b “2013年度新スタッフについて” (プレスリリース), 埼玉西武ライオンズ, (2013年11月1日), http://www.seibulions.jp/news/detail/6957.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]