小石博孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小石 博孝
埼玉西武ライオンズ #29
Koishi29.jpg
2018年2月9日 宮崎・南郷キャンプにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県速見郡日出町
生年月日 (1987-04-13) 1987年4月13日(31歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2012年4月26日
年俸 1,230万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

小石 博孝(こいし ひろたか、1987年4月13日 - )は、大分県速見郡日出町出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

日出町立大神小学校1年生の時に外野手として野球を始め、4年生時から投手としてもプレー。日出町立大神中学校を経て大分県立鶴崎工業高等学校に進学したが、甲子園出場経験はない[2]

立正大学4年生の時にチームは東都大学野球リーグ初優勝[3]。チームが優勝した同年の第40回明治神宮野球大会では2試合に先発登板し、計14回を投げ被安打5、奪三振19、防御率0.00だった[4]。大学通算成績は23試合85回1/3を投げ3勝5敗、防御率1.58で[5]、勝利はすべて4年生時の秋季リーグで挙げた[6]。大学では1年下で2010年に千葉ロッテマリーンズに入団した南昌輝とチームメイトだった。大学卒業後はNTT東日本へ入社。

2010年第81回都市対抗野球大会で3試合に救援登板し計6回1/3を投げ被安打0、奪三振8、防御率0.00だった[7]第37回社会人野球日本選手権大会では4試合(うち先発2試合)に登板し[8]、大会の優秀選手に選ばれた[9]

2011年、ドラフト後の11月に行われた第82回都市対抗野球大会では3試合に先発登板し、21回2/3を投げ被安打12、奪三振19、自責点1で防御率0.42の成績で[10]、久慈賞(敢闘賞)受賞し、大会優秀選手にも選ばれた[11]。チームは決勝戦で敗れ準優勝だったが、決勝戦の対戦相手だったJR東日本の先発投手はこの年のドラフトで同じ埼玉西武ライオンズから1巡目で指名を受けていた十亀剣だった[12]

2011年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズに2巡目で指名され[13]、契約金7,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[14]。背番号は「29[15]

西武時代[編集]

2012年4月26日の対福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初登板・初先発し、3回1/3を投げ被安打2、奪三振1、与四球4、自責点2で勝敗はつかなかった[16][17]。5月3日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発登板し、7回を投げ無失点で初勝利を挙げた[18]。8月19日、常磐自動車道で自動車を運転中にバイク2台と接触する事故を起こし[19]、球団から厳重注意処分を下され、しばらくの間試合への出場を自粛した[20]。シーズンオフに中崎雄太中田祥多と共にオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルン・エイシズに派遣され、ウインターリーグに参加した[21]

2012年3月10日、西武ドームにて

2013年は全て中継ぎで登板。5月22日の対広島東洋カープ戦で3番手で2/3回を投げ無失点で、プロ初ホールドを記録した[22]。12月12日、大学時代に同級生だった保育士の女性と約6年間の交際の末に婚姻届を提出し入籍した[23][24]

2014年は4試合に登板、無勝利に終わる。二軍では24試合に登板し[25]イースタン・リーグ最多の119回を投げ同リーグ最多の10勝と84奪三振を記録[26]サンケイスポーツ選定による優秀投手賞も受賞した[27]

2016年はキャリアハイとなる50試合に登板。主にロングリリーフを任された。6月5日、対阪神タイガース戦において1点リードの12回裏に5番手で登板し、1回を投げ無失点でプロ初セーブを挙げた[28][29]

2017年は10試合に留まった。

選手としての特徴[編集]

小さいテイクバックからギリギリまで左腕を隠し、球の出所を見えづらくする投球フォーム[30]。大学2年生時の夏にこのフォームに改造すると、直球の最速が10km/h上がり146km/hに達したが[14]、社会人時代では最速130km/h台[30]。変化球はスライダーシュートカーブスクリューなどを投げる[6]

人物[編集]

友人の誕生日にレアチーズケーキを焼いたこともあるなど、お菓子作りが趣味[31]

高校2年生の時、国語の授業の一環で「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」に俳句を応募したところ、各都道府県で5人選出される「都道府県賞」を受賞した[2]。プロ入り後はお立ち台に上がるまで俳句を封印するとし[32]、プロ初勝利を挙げお立ち台に上がった際に実際に俳句を披露した[18]。ただし、披露した俳句は字余りが多く、チームメイトの上本達之には「何言ってるかよく分からなかった」と突っ込まれるなど評判は良くなかった[33]。なお、その後入籍を発表した時に一句披露している[23]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 西武 9 4 0 0 0 1 1 0 0 .500 100 22.1 18 1 15 1 3 7 3 0 10 10 4.03 1.48
2013 11 0 0 0 0 0 0 0 1 .--- 63 12.2 18 1 8 0 1 12 1 0 15 15 10.66 2.05
2014 4 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 71 16.0 14 2 7 0 2 8 0 0 8 7 3.94 1.31
2015 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 23 5.0 5 2 0 0 2 5 0 0 6 4 7.20 1.00
2016 50 0 0 0 0 0 2 1 2 .000 324 74.2 62 2 39 2 13 55 3 0 33 31 3.74 1.35
2017 10 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 56 11.1 17 2 6 0 1 8 1 0 11 11 8.74 2.03
NPB:6年 87 7 0 0 0 1 5 1 3 .167 637 142.0 134 10 75 3 22 95 8 0 83 78 4.94 1.47
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2012 西武 9 0 7 0 0 1.000
2013 11 1 3 0 0 1.000
2014 4 0 3 0 1 1.000
2015 3 0 0 0 0 .---
2016 50 11 28 2 4 .951
2017 10 3 2 0 0 1.000
通算 87 15 43 2 5 .966
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 29 (2012年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c 俳句お任せ西武小石 お立ち台から一句!? 日刊スポーツ 2012年1月13日紙面から
  3. ^ 立正大初V!創部61年で悲願達成 スポニチ Sponichi Annex 2009年10月29日
  4. ^ 第40回記念明治神宮野球大会 試合結果 2回戦 東北福祉大 - 立正大第40回記念明治神宮野球大会 試合結果 決勝戦 上武大 - 立正大 公益財団法人 日本学生野球協会
  5. ^ 「別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2012」 宝島社発行 46頁
  6. ^ a b 新人・小石が締めた!NTT東日本盤石継投 スポニチ Sponichi Annex 2010年11月13日掲載
  7. ^ 第81回 都市対抗 本大会 9月1日 東京ドーム 第3試合 1回戦第81回 都市対抗 本大会 9月4日 東京ドーム 第2試合 2回戦第81回 都市対抗 本大会 9月5日 東京ドーム 第3試合 準々決勝 公益財団法人 日本野球連盟
  8. ^ 日本選手権 第37回社会人野球日本選手権大会 10月30日 わかさスタジアム京都 第2試合 1回戦第37回 日本選手権 本大会 11月9日 京セラドーム大阪 第3試合 2回戦第37回 日本選手権 本大会 11月12日 京セラドーム大阪 第1試合 準々決勝第37回 日本選手権 本大会 11月13日 京セラドーム大阪 第1試合 準決勝 公益財団法人 日本野球連盟
  9. ^ 第37回社会人野球日本選手権 表彰選手一覧表 公益財団法人 日本野球連盟 (PDF)
  10. ^ 第82回 都市対抗 本大会 10月27日 京セラドーム大阪 第3試合 2回戦第82回 都市対抗 本大会 10月30日 京セラドーム大阪 第1試合 準々決勝第82回 都市対抗 本大会11月1日 京セラドーム大阪 決勝 公益財団法人 日本野球連盟
  11. ^ 第82回都市対抗野球表彰選手一覧 公益財団法人 日本野球連盟 (PDF)
  12. ^ 第82回 都市対抗 本大会11月1日 京セラドーム大阪 決勝 公益財団法人 日本野球連盟]
  13. ^ 2011年 ドラフト会議開催! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年10月27日配信
  14. ^ a b でんでん太鼓投法?ドラ2小石 西武と入団合意 スポニチ Sponichi Annex 2011年11月28日掲載
  15. ^ 2011ドラフト指名6選手 入団発表会! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年12月7日配信
  16. ^ 【西武】初陣小石「残念」4回途中降板 日刊スポーツ 2012年4月26日掲載
  17. ^ 2012年4月26日 福岡ソフトバンク 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  18. ^ a b 西武小石やっと詠めた7回0封 日刊スポーツ 2012年5月4日紙面から
  19. ^ 西武ルーキー小石 バイク2台と衝突事故 スポニチ Sponichi Annex 2012年8月21日掲載
  20. ^ 西武 人身事故の小石を厳重注意処分 実戦出場自粛へ スポニチ Sponichi Annex 2012年8月22日掲載
  21. ^ オーストラリア ウインターリーグ参加メンバーのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年11月3日配信
  22. ^ 2013年5月22日 埼玉西武 対 広島 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ a b 西武の俳人小石、結婚報告で「愛の一句」 日刊スポーツ 2014年1月15日紙面から
  24. ^ 小石博孝投手 入籍のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年1月15日配信
  25. ^ 2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  26. ^ 2014 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門) NPB.jp 日本野球機構
  27. ^ 2014年度 表彰選手 (イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  28. ^ 西武、延長12回栗山V打 小石がプロ初セーブ 日刊スポーツ 2016年6月5日掲載
  29. ^ 2016年6月5日 阪神 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  30. ^ a b 【西武2位】小石博孝 130キロ台なのに打てない!変則左腕に左打者真っ青 スポニチ Sponichi Annex 2011年10月27日掲載
  31. ^ お菓子作りも得意 小石 俳句入賞作品は恋愛のドキドキじゃなかった! スポニチ Sponichi Annex 2012年1月13日掲載
  32. ^ 西武小石 俳句封印 日刊スポーツ 2012年2月5日紙面から
  33. ^ 【西武】小石、初勝利の俳句に反省しきり 日刊スポーツ 2012年5月4日掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]