ダース・ローマシュ匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダース・ローマッシュ匡
Romash Tasuku Dass
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県生駒市
生年月日 (1988-12-15) 1988年12月15日(29歳)
身長
体重
191 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト4巡目
初出場 2008年5月6日
最終出場 2010年4月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダース・ローマシュ匡(ダース ローマシュたすく、1988年12月15日 - )は、奈良県生駒市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

北海道日本ハムファイターズへ在籍していた時期にダルビッシュ有とチームメートであった縁で、現役引退後の2013年からは、ダルビッシュの記念館である「スペース11 ダルビッシュ ミュージアム」(兵庫県神戸市中央区)の運営責任者(2018年5月から館長)を務めている[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学では生駒シニアに入団し、3年時にはエース兼四番打者としてチームを引っ張り全国大会にまで駒を進めた。高校は地元近畿地方の強豪校からの誘いもあったが、結局は岡山県関西高等学校に進学する。高校2年生の時に秋の明治神宮野球大会で準優勝の原動力となる等、プロから注目をされるまでの選手となっていった。

2006年のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)で日本ハムから4巡目で指名された。同年のドラフト会議(大学生・社会人ほか対象)で同じ日本ハムに指名された宮本賢は高校の先輩に当たり、背番号66は憧れの投手である斉藤和巳に肖っている。

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2007年シーズンは故障に見舞われ、2軍でも公式戦登板は無かった。

2年目の2008年5月6日西武戦でプロ初登板。結果は5回1失点(自責点0)も勝ちに恵まれなかった。その後は怪我に悩まされ登板はなかった。

2009年は腰痛などで1軍登録はなく、イースタンリーグでも3試合の登板に終わった。オフにダルビッシュとともに自主練習を行った。

2010年4月16日の西武戦に登板するも制球が定まらず、2回1/3、4四球3失点で敗戦投手になった。8月5日に以前から痛めていた肘を治すためにトミー・ジョン手術8月9日に行った。その後は二軍登板も無かった。

2011年11月10日に球団から戦力外通告を受けたことを機に現役を引退した。

現役引退後[編集]

引退直後には、現役時代に世話になった飲食店で働きながら、日本ハムの本拠地である北海道モデルとして活動。後に北海道を離れても、モデルの活動を続けていた。

なお、チームの先輩でもあったダルビッシュが2012年からMLBテキサス・レンジャーズへ移籍することを背景に、引退の直後にはダルビッシュのマネジャーを務める可能性が一部で報じられた[2]。実際にはマネジャーの職に就かなかったが、2013年11月11日から「スペース11 ダルビッシュ ミュージアム」(ダルビッシュの実父が運営する洋館「ダルビッシュコート」の3階に開設したダルビッシュ公認の記念館)の運営を任され、2018年5月に館長に就任。

選手としての特徴・人物[編集]

191cmの長身から投げ込む角度のある直球に加え、癖球的シュートフォーク、高速スライダーチェンジアップを持ち、荒れ球という弱点を利用して打者に狙い球を絞らせないピッチングが持ち味であった。

父親がインド人、母親が日本人。日本生まれの日本育ちであるため英語はほとんど喋れない。本人曰く「周りからは当然喋れるように思われているんですよ」。好物は唐揚げパスタサバ寿司などである。

2010年オフの契約更新で規約に合意したが印鑑を忘れたため、契約ができずに保留状態となった[3]判子の印影はカタカナでダースである[4]

ダースの母親によると、匡の名前の由来は「21世紀の活躍」を願って「ダース」をダースに掛け、「匡」は“たす・く”で「+9」、合計21になるようにしたものという。ローマシュはインドでの名である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 日本ハム 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 5.0 4 0 3 0 0 2 0 0 1 0 0.00 1.40
2010 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 14 2.1 4 0 4 0 0 1 0 0 3 3 11.57 3.48
通算:2年 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 36 7.1 8 0 7 0 0 3 0 0 4 3 3.68 2.05
  • 一軍登板はいずれも西武ドームでの西武戦である。

記録[編集]

背番号[編集]

  • 66 (2007年 - 2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「ダル記念館」は神戸・異人館街になじむか…大阪出身、活躍の地は東北・北海道でも滑り出しは“盛況”. MSN産経ニュースwest (産経デジタル). (2013年11月16日). http://www.sankei.com/west/news/131116/wst1311160073-n3.html 
  2. ^ “ダルのマネは日本ハム戦力外選手”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年1月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120123-893582.html 
  3. ^ “中嶋は現状維持 3選手が契約更改”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2010年12月4日). オリジナル2010年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101206085332/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/263081.html 
  4. ^ ハンコは・・・”. ダース・ローマッシュ匡 オフィシャルブログ (2010年12月6日). 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月5日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]