柳田将利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳田 将利
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府藤井寺市
生年月日 (1987-09-02) 1987年9月2日(31歳)
身長
体重
176 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手一塁手外野手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柳田 将利(やなぎだ まさとし、1987年9月2日 - )は、大阪府藤井寺市出身の元プロ野球選手投手内野手外野手)。

経歴[編集]

2003年藤井寺市立道明寺中学校卒業後に青森山田高等学校に入学(二学年後輩に吉田一将がいた)。高校野球甲子園大会には、2004年の夏・2005年の春と夏に計3回出場した。2005年の高校生ドラフト1巡目指名で、千葉ロッテマリーンズに入団。投手としてだけでなく、打撃も優秀なため、二刀流も期待されていた。

入団後は投手として目立った成績が残せず、2008年4月4日のヤクルトとの二軍戦では、投手としての出場ではなく代打での起用だった。9月4日に野手(一塁手)への転向が球団から発表され、9月16日には野手転向後初出場(代打)で二塁打を放つ。しかし右膝を3度手術するなどケガの影響などで、野手としての出場はこの1試合にとどまり、同年10月1日に戦力外通告を受けた。

2010年4月23日、NOMOベースボールクラブ入りすることが発表された[1]2012年11月9日に行われた12球団合同トライアウトに野手として参加した。2015年11月時点では名古屋市中区でラーメン店の店長をしていた。その後は大阪でトラックドライバーとして勤務。

選手としての特徴・人物[編集]

投手としては、最速146km/hのストレートを武器としており、スライダーカーブなどの変化球と共に投球を組み立てる。

野手としては、高校通算本塁打38本という強打を武器としている。

ぽっちゃりとした、いわゆる「あんこ体型」が特徴。そのため、園川一美コーチより「どすこい」とあだ名をつけられる。その体に見合わずバック転も出来る。しかし、コーチ陣の薦めでダイエットを行い、10kg以上の減量に成功。2006年のファン感謝デーでは、アゴのラインもシャープな激ヤセした姿を見せた。

重度の花粉症を患っており、高校時代は甲子園で花粉症が原因で滅多打ちにあったことがある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 15(2006年 - 2008年)

高校時代の戦績・記録[編集]

  • 2004年夏(2年生) - 全国高等学校野球選手権大会
    • 1回戦(開幕試合)対天理高戦、3対4で敗退(延長12回)。
  • 2005年春(3年生) - 選抜高等学校野球大会
  • 2005年夏(3年生) - 全国高等学校野球選手権大会
    • 1回戦対智弁和歌山高戦、7対5で甲子園初勝利。
    • 2回戦対国士舘高戦、3対0で勝利。
    • 3回戦対東北高戦、2対4で敗退。

脚注[編集]

  1. ^ 元ロッテ柳田がNOMOクラブ入り

関連項目[編集]