林啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 啓介
HT-Keisuke-Hayashi20130605.jpg
阪神時代(2013年6月5日、阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県鯖江市
生年月日 (1987-09-07) 1987年9月7日(31歳)
身長
体重
184 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト2巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

林 啓介(はやし けいすけ、1987年9月7日 - )は、福井県鯖江市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福井県鯖江市出身。福井県立福井商業高等学校時代はエースとして2005年の甲子園に連続出場。チームメイトだった齊藤悠葵と共に「右の林、左の齊藤」のツインタワーと称される一方で、春の大会では、ストレートが最速で145km/hを記録した[1]

同年の高校生ドラフト会議千葉ロッテマリーンズに2巡目で指名を受けて入団[1]。「入団後数年後に先発ローテーションの柱となる素材」として期待された[1]。なお、このドラフトでは齊藤も広島東洋カープからの3巡目指名を受けて入団している。

ロッテ時代[編集]

ロッテ時代(2010年3月4日、ロッテ浦和球場)

2006年には、イースタン・リーグで公式戦12試合に登板。0勝0敗、防御率6.75という成績を残した[2][3]。シーズン終了後には、この年から9年振りに再開された ハワイ・ウィンターリーグへ派遣された[4]

2007年には、イースタン・リーグ公式戦7試合に登板。0勝2敗、防御率9.18に終わった[4][5]

2008年には、イースタン・リーグ公式戦5試合の登板で、0勝0敗、防御率11.81[6][7]。素材の高さを評価される一方で、制球力の悪さを指摘されていた[6]

2009年には、一・二軍を通じて、公式戦への登板機会がなかった[8][9]。しかし、2010年には、イースタン・リーグの公式戦で25試合に登板。シーズン通算の成績こそ1勝3敗7S、防御率8.00[10][11]であったが、フレッシュオールスターゲームにはイースタン選抜の一員として初めて登板した[10]

2011年には、イースタン・リーグの公式戦で、入団以来自己最多の30試合に登板。0勝2敗0Sながら、防御率は自己最高の3.27を記録した[12][13]

2012年には、イースタン・リーグの公式戦14試合に登板。0勝1敗0S、防御率4.50の成績を残した[14][15]が、一軍へ昇格する機会のないまま、10月7日に戦力外を通告された[16]

阪神入団後[編集]

ロッテからの戦力外通告後には、12球団合同トライアウトを受験。2012年12月5日に、阪神タイガース育成選手としての契約したことを発表した[17]。背番号は117

2013年には、7月23日支配下登録選手へ復帰するとともに、背番号を98に変更。しかし、復帰後も一軍公式戦への登板機会がないまま、10月1日に球団から自身2度目の戦力外通告を受けた[18]。阪神在籍中の成績は、ウエスタン・リーグ公式戦25試合の登板で、0勝0敗0S、防御率6.38[19]

2014年からは西濃運輸に入社[20]、同社の硬式野球部に所属したが、翌2015年第86回都市対抗野球大会終了後に退部した。[21]

プレースタイル・人物[編集]

最速152km/h[17]速球とキレ味鋭いスライダー[1]が武器。

ロッテ時代には、2006年まで同姓の林孝哉も在籍していたため、新聞やスコアボード上などでは「林啓」と表記されていた。阪神入団後の2013年には、かねてから林威助(リン・ウェイツゥ)が日本人選手扱いで在籍していたことから、名字の読みは異なるものの「林啓」と表記されていた。ちなみに林威助も、林と同時に戦力外通告を受けている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 37 (2006年 - 2012年)
  • 117 (2013年 - 同年7月22日)
  • 98 (2013年7月23日 - 同年終了)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 12球団全選手カラー百科名鑑 2006 日本スポーツ出版社 P49
  2. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑 2007 日本スポーツ出版社 P79
  3. ^ NPB 2006年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  4. ^ a b 12球団全選手カラー百科名鑑 2008 日本スポーツ出版社 P150
  5. ^ NPB 2007年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  6. ^ a b 12球団全選手カラー百科名鑑 2009 廣済堂出版 P79
  7. ^ NPB 2008年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  8. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑 2010 廣済堂出版 P197
  9. ^ NPB 2009年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  10. ^ a b 12球団全選手カラー百科名鑑 2011 廣済堂出版 P65
  11. ^ NPB 2010年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  12. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑 2012 廣済堂出版 P113
  13. ^ NPB 2011年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  14. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑 2013 廣済堂出版 P107
  15. ^ NPB 2012年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  16. ^ 戦力外通告のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年10月7日). 2013年10月3日閲覧。
  17. ^ a b “【阪神】ロッテ戦力外の林を育成で獲得”. 日刊スポーツ. (2012年12月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121205-1055993.html 2013年12月20日閲覧。 
  18. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト. 阪神タイガース (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  19. ^ NPB 2013年度 阪神タイガース 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 2013年10月6日閲覧。
  20. ^ 惜別球人2013【阪神】林 啓介投手”. Sponichi Annex 野球 (2013年12月18日). 2013年12月18日閲覧。
  21. ^ 野球部新部長に小森紳司取締役が就任。西濃運輸野球部HP 2015年8月3日付

関連項目[編集]