中塚政幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中塚 政幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1945-06-29) 1945年6月29日(73歳)
身長
体重
172 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1967年 ドラフト2位
初出場 1968年4月14日
最終出場 1982年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

中塚 政幸(なかつか まさゆき、1945年6月29日 - )は、香川県高松市出身の元プロ野球選手一塁手外野手)。愛称はゴリさん

経歴[編集]

中学時代は投手だったが、PL学園高では一塁手に転向し、甲子園に3回出場する。2年生の1962年春の選抜にチームが初出場、準々決勝進出。同年夏の甲子園は、2回戦進出。翌1963年春の選抜に同期のエース戸田善紀を擁し出場する、2回戦進出。同年の夏は府予選決勝で和田徹捕手のいた明星に敗れる。明星は甲子園で優勝[1]

卒業後は中央大学に進学、4年生時には主将を務めた。東都大学リーグでは、同期の宮本幸信投手の好投もあり1967年春季リーグで優勝、中塚は最高殊勲選手に選ばれる[2]。同年の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で藤原真投手を擁する慶大を3-1で破り、中大を初優勝に導く。同年は第7回アジア野球選手権大会にも出場、日本の優勝に貢献している。リーグ通算104試合出場、336打数96安打、打率.286、4本塁打、36打点。ベストナインに3回選出される。

1968年、ドラフト2位で大洋ホエールズに入団。2年目の1969年にはレギュラー一塁手に定着、規定打席数(12位、打率.275)にも達する。翌1970年以降は強肩俊足を活かし中堅手に転向、以後コンパクトな鋭いスイングでヒットを稼ぐ一番打者として活躍した。1974年には28盗塁で盗塁王を獲得[3]1978年には打率.317(9位)、1979年にも打率.306(7位)を記録、しかし1981年からは屋鋪要の台頭もあって出場機会が減る。

1982年に現役を引退してからも大洋・横浜一筋で、一軍守備・走塁コーチ(1985年 - 1986年)、一軍打撃コーチ(1987年 - 1988年)、二軍監督(1989年 - 1992年)、スカウト(1983年 - 1984年, 1993年 - 2007年)を歴任。スカウト時代にはルーキー発掘に尽力したが、2007年にスカウト陣の若返りと木村雄太投手(入団拒否)の指名責任という球団の方針で解雇となった。

2008年より、TBSニュースバードの横浜ベイスターズホームゲーム中継の解説者を務めていた。

2012年ベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスで育成総合コーチを務めた[4]

人物[編集]

話術の才能に非凡なものがあり、1980年のシーズンオフには「中塚政幸のガッツガッツナイト」(TBSラジオNISSANミッドナイトステーションの枠)なる番組のパーソナリティーを務めたことがある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 大洋 25 55 50 8 13 1 0 2 20 6 5 0 0 0 4 0 1 7 0 .260 .327 .400 .727
1969 123 471 433 55 119 20 1 11 174 43 7 9 6 3 26 0 3 70 8 .275 .320 .402 .722
1970 128 530 484 60 126 28 3 8 184 42 13 11 10 1 30 0 5 43 8 .260 .310 .380 .690
1971 128 515 474 45 116 18 4 7 163 37 14 12 17 2 21 1 1 43 8 .245 .278 .344 .622
1972 123 426 381 58 99 17 3 8 146 28 9 5 5 1 36 2 3 39 11 .260 .329 .383 .712
1973 95 325 284 38 83 11 2 1 101 9 2 4 2 1 36 0 2 33 3 .292 .376 .356 .731
1974 129 542 481 76 140 24 3 5 185 37 28 14 6 2 53 2 0 38 10 .291 .361 .385 .746
1975 128 568 507 60 131 13 4 6 170 29 33 12 5 0 55 2 1 42 3 .258 .332 .335 .667
1976 101 386 341 46 101 21 2 5 141 30 11 8 3 4 36 0 2 37 8 .296 .367 .413 .780
1977 121 414 356 44 95 12 0 3 116 29 14 6 8 2 48 1 0 52 9 .267 .354 .326 .680
1978 124 439 398 44 126 18 3 1 153 30 8 4 4 1 35 4 1 35 7 .317 .373 .384 .758
1979 122 409 369 49 113 18 1 2 139 27 10 8 6 2 32 1 0 37 6 .306 .362 .377 .738
1980 110 299 269 23 84 7 4 1 102 14 7 5 5 2 22 0 1 22 6 .312 .366 .379 .746
1981 100 235 221 17 61 12 2 1 80 12 3 1 3 1 10 0 0 21 5 .276 .307 .362 .669
1982 86 150 141 9 33 4 2 0 41 14 0 0 2 2 5 1 0 15 3 .234 .260 .291 .551
通算:15年 1643 5764 5189 632 1440 224 34 61 1915 387 164 99 82 24 449 14 20 534 95 .278 .337 .369 .706
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 2 (1968年 - 1982年)
  • 80 (1985年 - 1992年)
  • 77 (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「東都大學野球連盟七十年史」 東都大学野球連盟編纂委員会 2001年
  3. ^ 年度別成績 1974年 セントラル・リーグ
  4. ^ 群馬 コーチ入団のお知らせ”. BCリーグ (2012年2月7日). 2012年2月8日閲覧。

関連項目[編集]