和田徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田 徹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1945-07-27) 1945年7月27日(73歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手外野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年6月7日
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 南海ホークス
    福岡ダイエーホークス (1979 - 1985, 1987 - 1991, 1993 - 1995)

和田 徹(わだ とおる、1945年7月27日 - )は、日本の元プロ野球選手捕手一塁手外野手)。野球解説者。 あだ名は「ぶーちゃん」。

経歴[編集]

大阪府堺市出身。明星高校では、3年生時の1963年に四番打者、捕手として春夏の甲子園に出場。真田重蔵監督の下、エース堀川浩伸(法大)とバッテリーを組み、チームを牽引する。春の選抜では1回戦で池永正明投手を擁する下関商に敗退、下関商はこの大会で優勝した。夏の選手権では順調に勝ち進み、準決勝で井上健仁(東映)、平岡一郎両投手のいた横浜高を降す。決勝で下関商と再び対決。接戦の末に1-2で雪辱し初優勝を飾った。なおチームの2年後輩には、後に早大を経て巨人入りする、控え捕手の阿野鉱二がいた。阿野は同じ浜寺中学の後輩でもある。また3回戦で対戦した甲府商堀内恒夫外野手とも、後に巨人の投手として対戦することとなる。

卒業後は1964年阪神タイガースへ入団、右の強打者と期待される。1966年から辻佳紀と正捕手を争い、1967年には59試合に先発マスクを被る。しかし肩が弱いこともあり、1968年には外野手に転向。同年は開幕から左翼手として起用され、主に五番、六番打者として63試合に先発出場。翌1969年は一塁手として遠井吾郎と併用され、三番打者としても28試合に起用された。その後も一塁手、外野手、捕手をこなせる準レギュラーとして長く活躍。1972年は四番打者として1試合、五番打者として38試合に先発し、打率.254を記録した。

1975年村上雅則相羽欣厚との交換トレードで、野上俊夫と共に南海ホークスに移籍。主に控え捕手として起用されるが、1976年には野村克也に代わり17試合に先発マスクを被る。1978年限りで引退。

なお、阪神在籍時の1970年6月27日、対ヤクルトアトムズ戦(神宮球場)でセ・リーグ史上初となる毎回得点を達成しているが、この試合における阪神の最後の得点をホームランで記録している(試合自体も14-0の圧勝)。

引退後は南海・ダイエーで二軍コーチ(1979年 - 1980年)、一軍育成コーチ(1981年)、一軍バッテリーコーチ(1982年 - 1984年, 1993年 - 1994年)、二軍バッテリーコーチ(1985年, 1987年 - 1990年, 1995年)、二軍育成チーフコーチ(1991年)を務め、香川伸行吉田博之を育てた。以降はCSスカイ・Aで、野球解説者として活動。現在は、プロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズに所属する傍ら、解説者としての活動も続けている。

週刊ベースボール』の江夏豊の連載では、浜寺中学出身の和田、阿野、木戸克彦の3人を「浜寺の3選手」と呼び、野球界では有名な呼び名だと書いている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 阪神 9 14 12 1 4 0 1 0 6 0 0 0 0 0 1 0 1 6 0 .333 .429 .500 .929
1965 40 60 58 3 7 2 0 1 12 2 0 0 0 0 2 1 0 20 2 .121 .150 .207 .357
1966 84 212 197 15 36 2 3 6 62 17 0 2 2 0 10 2 3 56 3 .183 .233 .315 .548
1967 87 249 237 25 55 8 1 8 89 29 1 1 0 0 9 0 3 47 4 .232 .269 .376 .645
1968 88 236 218 19 48 3 1 8 77 18 2 1 2 2 10 0 4 57 8 .220 .267 .353 .620
1969 77 193 179 13 36 4 0 5 55 17 0 0 3 1 9 1 1 47 7 .201 .243 .307 .551
1970 77 92 86 7 15 5 0 3 29 14 1 0 3 0 3 0 0 19 2 .174 .202 .337 .539
1971 54 107 96 2 18 4 1 0 24 6 0 1 1 0 8 0 2 25 3 .188 .264 .250 .514
1972 82 196 177 18 45 4 0 5 64 20 2 0 1 1 14 0 3 34 6 .254 .320 .362 .681
1973 90 178 166 17 41 7 0 1 51 13 1 0 3 1 5 0 3 30 8 .247 .282 .307 .589
1974 63 104 98 9 20 0 1 3 31 8 1 1 1 0 5 0 0 21 2 .204 .243 .316 .559
1975 南海 14 26 25 1 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .200 .231 .200 .431
1976 36 68 65 3 14 2 0 0 16 6 0 0 0 0 2 0 1 14 1 .215 .250 .246 .496
1977 17 17 16 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .125 .176 .125 .301
1978 27 35 34 4 6 0 0 2 12 4 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .176 .200 .353 .553
通算:15年 845 1787 1664 137 352 41 8 42 535 156 8 6 16 5 81 4 21 392 47 .212 .257 .322 .579

背番号[編集]

  • 12 (1964年 - 1974年)
  • 5 (1975年 - 1978年)
  • 79 (1979年 - 1982年)
  • 85 (1983年 - 1985年)
  • 82 (1987年 - 1988年)
  • 77 (1989年 - 1994年)
  • 91 (1995年)

関連項目[編集]