内田圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内田 圭一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1946-07-13) 1946年7月13日(72歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
プロ入り 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

内田 圭一(うちだ けいいち、1946年7月13日 - )は、東京都出身の元プロ野球捕手内野手。右投右打。

来歴・人物[編集]

早稲田実業高校では1963年、2年生の時に控え選手ではあるが春の選抜に出場。同期の織田和男、新藤克己が二本柱として好投、準決勝まで勝ち進むが北海高に9回裏逆転サヨナラ負けを喫する[1]。翌1964年一塁手として夏の甲子園東京都予選決勝に進出、しかし修徳のエース成田文男に抑えられ敗退、甲子園出場を逸する。1年下のチームメートに荒川(出沢)尭遊撃手大矢明彦捕手がいた。

1965年東京オリオンズに捕手として入団。1970年の第1回選抜会議(トレード会議)により、読売ジャイアンツに移籍。ここでもあまり活躍の場はなく1972年に引退。

引退後は、埼玉県入間市で焼肉屋『おでん野球』を経営する。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 東京 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1971 巨人 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
通算:2年 7 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 65 (1965年 - 1970年)
  • 51 (1971年 - 1972年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]