荒川尭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
荒川 尭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県北佐久郡岩村田町(現・佐久市
生年月日 (1947-05-03) 1947年5月3日(71歳)
身長
体重
179 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1969年 ドラフト1位
初出場 1971年5月10日
最終出場 1975年4月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

荒川 尭(あらかわ たかし、1947年5月3日 - )は、長野県北佐久郡(現・佐久市)出身の元プロ野球選手内野手)。現在は実業家

プロ野球におけるドラフト会議の歴史を語る際、ドラフト制度史上でも最大の存続の危機とされる『荒川事件』の当事者として、今なお話題にされる人物である。旧姓は出澤(いでざわ)。

来歴・人物[編集]

荒川博との出会い[編集]

1947年に長野県北佐久郡岩村田町(のちに近村との合併で浅間町、現:佐久市)の映画館経営者の家に生まれる。幼い頃から母親の実家で田植えの手伝いをしていた。

4歳のころから野球をはじめ、浅間中学校時代には「長野に出沢あり」と内外で知られる存在となっていた。また通知表でオール5をとり、両親が常々「東京大学に行かせたい」と言うほど勉学面でも優秀だった。中学3年の時、岩村田町の近くに来ていた読売ジャイアンツコーチの荒川博が実の両親を介して尭を呼び、自らの前で素振り等をさせた。すっかりほれ込んだ荒川博は「中学を卒業したら養子に迎えて東京で野球をやらせたい」と実の両親を説得した。それに対し実の両親は「田舎では良くとも都会では無理」と反対し、中学の校長も学力を生かすよう説得した。しかし尭は「僕はこの人と行くから」と両親を納得して上京する。

ドラフト会議直前まで[編集]

早実高に合格し学校近くにある荒川家に下宿。そこには毎日のように王貞治が来て素振りをしていた。1年生のときからレギュラーとなったが上級生から苛烈なシゴキに遭い、「何度も逃げ帰ろうと思ったが反対を押し切った末とあっては出来ず毎晩布団を口にくわえて泣いていた(本人談)。」ほど辛酸をなめていたという。2年の時に養子縁組をして荒川姓となる。

1964年、2年生の時(当時は出澤姓)に遊撃手、三番打者として夏の甲子園東京都予選決勝に進出するが、修徳のエース成田文男に抑えられ敗退。翌1965年夏の都予選準々決勝では萩原康弘原田治明のいた荏原高に延長15回サヨナラ負け、甲子園には届かなかった。高校の一年上に内田圭一一塁手、同期に大矢明彦捕手がいる。

早稲田大学に進学し2年生の時に東京六大学野球春季リーグ戦で1番ショートとしてスタメンデビュー。対立教大学1回戦では3打席連続本塁打を放った。1試合3打席連続、3本塁打はいずれも史上初。このことから「長嶋二世現る」と騒がれた。1968年秋季リーグでは田淵幸一らのいた法大に競り勝ち優勝。リーグ通算71試合出場、268打数90安打、打率.336、19本塁打(リーグ記録4位タイ)、43打点。ベストナインに4回選出される。この頃は一本足打法だった。

早稲田大学で尭は1番、同期の谷沢健一がクリーンアップを打ち、二人で「早稲田のON砲」と呼ばれ1960年代後半の早稲田大学野球部を牽引していた。尭について谷沢は「人にまねのできない、天性のバネがある」と評価していた。谷沢以外の大学同期に 小坂敏彦阿野鉱二小田義人などがおり、計7人がプロ入りしている。

ドラフト会議~荒川事件[編集]

養父の荒川博が巨人のコーチ、また東京六大学野球の常打ち球場明治神宮野球場を本拠地にしている球団がアトムズ1970年からヤクルトアトムズ)という事もあり、ドラフト会議の前から尭は「巨人・アトムズ以外お断り」と明言していた。

だが、1969年のドラフト会議では指名順が3番目だった大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)が1位指名した。尭は即入団拒否し、その後も拒否を貫く中大洋ファンからは脅迫電話や嫌がらせを受ける。1970年1月5日夜、尭は自宅付近を散歩中に熱狂的な大洋ファンとされる二人組の暴漢に襲われた。棍棒状の凶器(一説には野球用バットと言われる)で殴打された尭は緊急入院を余儀なくされ、診断の結果、後頭部および左手中指に亀裂骨折。この事件は荒川事件と呼ばれ、事件の後遺症によって尭のその後の選手生命にまで影響が出た。

事件後の2月、荒川はアメリカに野球留学する。その後、大洋サイドがヤクルトへの移籍を前提とした契約を持ちかけた。次のドラフトで巨人かヤクルトに行ける保証はないと考えた尭はこれを受け入れ、同年10月7日に大洋と契約。12月26日にヤクルトへの移籍が発表された。(1978年度ドラフト会議江川卓_(野球)阪神タイガースに一時的に入団し背番号3を与えられ巨人に移籍、参照江川事件

プロ入り~引退[編集]

1971年1月、野球協約違反のペナルティとして1カ月間の試合出場辞退が決まったが後に緩和され、二軍の主砲としてイースタン・リーグ公式戦24打数9安打1本塁打の成績を残す。5月の対巨人戦で5番三塁手としてデビュー。この頃二本足打法にしている。2年目の1972年には打率.282、本塁打18をマークし3番打者に定着。当時ヤクルトで主砲といえるのは外国人しかいなかったため、「チーム唯一の日本人大砲」と呼ばれた。球宴ファン投票でも人気が偶像化していた長嶋茂雄に肉薄する[1]

1973年、暴漢に襲われた後遺症でボールがよく見えなくなり、コーチに就任していた荒川博に相談。翌年「左視束管損傷」と診断され当時最新の手術なども受けたが回復しなかった。左打者に転向したが、結局1975年シーズン途中で現役引退。まだ28歳の若さだった。

引退後[編集]

引退直後東映岡田茂社長が、「野球選手としてはまれにみるハンサムな上に、まだ28歳の若さ。運動神経も発達しているからアクションスターへの道は早い」と、直々に俳優としてスカウト[2]。当時の東映はエースの高倉健主演映画が不発続きで、"ポスト健さん"と期待した渡哲也も胸の病気の再発で東大病院に入院する事態となっており、次代のスターを育てることが急務となっていた[2]。岡田はプロ野球界を材料にした実録映画「プロ野球の黒い霧」にまず荒川を起用し、アクションスターとして育てようとした[2]。岡田と親しい荒川の主治医、順天堂大学病院の石井昌三教授が荒川の視力について「野球はともかく、映画なら」とOKのサインを出し岡田も自信を得ていた[2]。しかし水物のスターの危うさを知る荒川はこの打診を拒絶し、セールスマンとして地道に働く決心をする。ただし引退直後には、フジテレビバラエティ番組に出演することもあった。また、東映製作であった「がんばれ!レッドビッキーズ」では技術指導役を務め、実際に顔出し出演していた事もあった。

1976年頃には野球用品会社「サンヨージャイアント」を設立し、ピッチングマシンの考案・製造や当時日本になかったスピードガンをアメリカから輸入・販売する[3]など大成功を収め、プロ野球の大物OBたちを営業で利用するなど羽振りがよかったが、のちに大手企業が参入して、荒川の会社は倒産した。[要出典]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 ヤクルト 66 235 219 21 53 8 2 6 83 28 6 3 1 1 12 0 2 40 5 .242 .286 .379 .665
1972 83 340 298 57 84 8 0 18 146 42 3 3 6 3 29 0 4 57 3 .282 .350 .490 .840
1973 56 215 194 20 45 7 0 7 73 17 1 0 8 0 13 0 0 29 3 .232 .280 .376 .656
1974 16 56 49 5 12 4 0 3 25 10 0 0 0 1 6 0 0 8 3 .245 .321 .510 .831
1975 4 10 10 0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 0 2 0 .100 .100 .100 .200
通算:5年 225 856 770 103 195 27 2 34 328 98 10 7 15 5 60 0 6 136 14 .253 .310 .426 .736

記録[編集]

背番号[編集]

  • 3 (1970年 - 1975年)

参考文献[編集]

澤宮優『ドラフト1位 九人の光と影』 河出書房新社、2008年

脚注[編集]

  1. ^ 球宴のファン投票”. 北海道新聞. 2014年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c d 「プロ野球悲劇のスター映画界へ? 荒川尭(元ヤクルト)のこれから」、『週刊朝日』1975年5月16日、 37頁。
  3. ^ 生原正教「スピード・ガン--球速測定の謎」、解説エレクトロニクス、1979年、 ISSN 04213513。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]