第79回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第79回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1997年8月8日 - 8月21日
出場校 49校
参加校数 4,093校
優勝校 智弁和歌山和歌山、初優勝)
試合数 48試合
開会式司会 山内佑利子兵庫松蔭高校
興津和幸(兵庫・洲本高校
入場先導 三谷香名(兵庫・志知高校
選手宣誓 佐藤智寛(北北海道旭川大高
始球式 小杉隆文部大臣
閉会式司会 瀧田彩(兵庫・武庫川女子大学附属高校
萩原哲也(兵庫・明石北高校
総入場者数 約686,000人(1試合平均14,291人)
最高入場者数/1日 70,000人
大会本塁打 28本塁打
 < 19961998 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第79回全国高等学校野球選手権大会(だい79かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1997年8月8日から21日までの14日間にかけて阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

  • キャッチフレーズ 「夏は、ぼくらの夢舞台
  • なおこの第79回大会より、開会式・閉会式の総合司会担当は、選出された現役の高校生男女2名が進行する事となった[1]。また開会式の入場行進直前、前回まで男性アナウンスの「選手、入場!」の号令が「選手が入場します」というアナウンスに変更される。さらに高校生の先導による入場行進も行われた。
  • 選手権大会においてはこの大会より、守備のタイム、攻撃のタイムは9回までに各3回までと制限された。ただし、延長戦に入った場合は、守備、攻撃のタイムとも1イニングに1回ずつ取ることが可能。

日程[編集]

出場校[編集]

東日本
地方大会 代表校 出場回数
北北海道 旭川大高 4年ぶり4回目
南北海道 函館大有斗 7年ぶり7回目
青森 光星学院 初出場
岩手 専大北上 6年ぶり2回目
秋田 秋田商 17年ぶり11回目
山形 酒田南 初出場
宮城 仙台育英 4年連続15回目
福島 日大東北 2年連続4回目
茨城 茨城東 14年ぶり2回目
栃木 佐野日大 4年ぶり3回目
群馬 前橋工 2年連続8回目
埼玉 春日部共栄 4年ぶり3回目
千葉 市船橋 2年連続3回目
東東京 岩倉 初出場
西東京 堀越 4年ぶり5回目
神奈川 桐蔭学園 5年ぶり5回目
山梨 甲府工 4年ぶり6回目
静岡 浜松工 3年ぶり2回目
愛知 豊田大谷 初出場
岐阜 県岐阜商 3年連続23回目
三重 桑名西 初出場
新潟 日本文理 初出場
長野 松商学園 4年ぶり30回目
富山 新湊 11年ぶり3回目
西日本
地方大会 代表校 出場回数
石川 金沢 2年連続8回目
福井 敦賀気比 2年ぶり3回目
滋賀 比叡山 2年ぶり6回目
京都 平安 7年ぶり27回目
大阪 履正社 初出場
兵庫 報徳学園 16年ぶり8回目
奈良 智弁学園 2年ぶり9回目
和歌山 智弁和歌山 2年連続7回目
岡山 倉敷商 5年ぶり6回目
広島 如水館 初出場
鳥取 八頭 2年連続4回目
島根 浜田 16年ぶり8回目
山口 西京 初出場
香川 丸亀城西 23年ぶり3回目
徳島 徳島商 4年ぶり17回目
愛媛 宇和島東 3年ぶり5回目
高知 高知商 2年ぶり21回目
福岡 福岡工大付 初出場
佐賀 佐賀商 3年ぶり12回目
長崎 長崎南山 39年ぶり2回目
熊本 文徳 19年ぶり2回目
大分 大分商 17年ぶり14回目
宮崎 宮崎日大 初出場
鹿児島 鹿児島実 2年連続13回目
沖縄 浦添商 4年ぶり2回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

8月8日

  • 敦賀気比 1 - 0 堀越
  • 西京 4 - 3 松商学園
  • 桐蔭学園 3 - 1 如水館

8月9日

  • 徳島商 7 - 5 新湊
  • 佐賀商 10x - 9 光星学院
  • 浜松工 4 - 2 鹿児島実
  • 報徳学園 7x - 6 日大東北(延長10回)

8月10日

  • 高知商 6 - 3 旭川大高
  • 平安 8 - 4 県岐阜商
  • 函館大有斗 4 - 1 宇和島東
  • 春日部共栄 5 - 2 比叡山

8月11日

  • 浦添商 9 - 2 岩倉
  • 秋田商 4x - 3 浜田
  • 仙台育英 5x - 4 金沢
  • 市船橋 17 - 10 文徳

8月12日

  • 甲府工 9 - 0 八頭
  • 豊田大谷 6 - 4 長崎南山(延長12回)

2回戦[編集]

  • 佐野日大 2 - 1 宮崎日大

8月13日

  • 大分商 4 - 0 桑名西
  • 前橋工 8 - 4 丸亀城西
  • 智弁学園 12 - 3 酒田南
  • 智弁和歌山 19 - 6 日本文理

8月14日

  • 福岡工大付 4 - 3 茨城東
  • 専大北上 2 - 1 履正社
  • 敦賀気比 6 - 2 倉敷商
  • 西京 6 - 2 桐蔭学園(延長10回)

8月15日

  • 徳島商 7 - 3 佐賀商
  • 浜松工 11 - 5 報徳学園
  • 平安 5 - 0 高知商
  • 春日部共栄 2 - 0 函館大有斗

8月16日

  • 浦添商 8 - 4 秋田商
  • 市船橋 4 - 3 仙台育英
  • 甲府工 4 - 2 豊田大谷

3回戦[編集]

8月17日

  • 佐野日大 4 - 1 大分商
  • 前橋工 6 - 1 智弁学園
  • 智弁和歌山 10 - 4 福岡工大付
  • 敦賀気比 11 - 0 専大北上

8月18日

  • 徳島商 9 - 8 西京
  • 平安 3 - 2 浜松工
  • 浦添商 7 - 4 春日部共栄
  • 市船橋 5 - 4 甲府工

準々決勝[編集]

8月19日

  • 智弁和歌山 6 - 4 佐野日大
  • 浦添商 11 - 1 市船橋
  • 平安 5 - 1 徳島商(延長10回)
  • 前橋工 5x - 4 敦賀気比(延長10回)

準決勝[編集]

8月20日

  • 平安 3 - 0 前橋工
  • 智弁和歌山 1x - 0 浦添商(延長10回)

決勝[編集]

8月21日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
智弁和歌山 0 0 1 1 0 0 1 2 1 6 9 0
平安 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 6 0
  1. (智) : 藤谷、清水 - 中谷
  2. (平) : 川口 - 山田
  3. 審判:球審…木嶋、塁審…清水・岡本・桂

大会本塁打[編集]

  • 第1号:原田浩二(西京)
  • 第2号:米津秀徳(徳島商)
  • 第3号:山根新(光星学院)
  • 第4号:兵動秀治(佐賀商)
  • 第5号:村上友康(報徳学園)
  • 第6号:井沢健吾(報徳学園)
  • 第7号:久保大祐(報徳学園)
  • 第8号:秋田祥孝(県岐阜商)
  • 第9号:大井康生(豊田大谷)
  • 第10号:高倉拓真(長崎南山)
  • 第11号:古木克明(豊田大谷)
  • 第12号:古木克明(豊田大谷)
  • 第13号:北川敬寛(前橋工)
  • 第14号:大須賀允(前橋工)
  • 第15号:高畑圭介(智弁学園)
  • 第16号:庄田隆弘(智弁学園)
  • 第17号:倉谷建次(智弁和歌山)
  • 第18号:中村亮介(福岡工大付)
  • 第19号:橋本文明(茨城東)
  • 第20号:植原和也(専大北上)
  • 第21号:金岡哲男(敦賀気比)
  • 第22号:高橋幸光(佐賀商)
  • 第23号:中上隆史(報徳学園)
  • 第24号:熊谷豪(秋田商)
  • 第25号:熊谷豪(秋田商)
  • 第26号:篠田敏(仙台育英)
  • 第27号:木戸俊雄(智弁和歌山)
  • 第28号:清水昭秀(智弁和歌山)

エピソード[編集]

  • これまで春の選抜、夏の選手権を通じ、青森代表のみ本塁打を記録していなかったが、本大会に青森代表として出場した光星学院の山根新が、佐賀商戦の1回表に先頭打者本塁打し、これによって本塁打を記録していない都道府県はなくなった。
  • 1回戦の市船橋(千葉)対文徳(熊本)戦では、3回表終了時では文徳9-1市船橋と文徳が8点リードしていた。しかし市船橋はその後徐々に反撃し得点を重ね、6回裏には大量10得点を奪い大逆転に成功、結果17-10で市船橋が勝利。尚過去の高校野球全国大会で、春夏通じての大逆転試合は、この8得点差が史上最大の記録である(それから17年後の2014年・第96回選手権大会でも、1回戦の大垣日大(岐阜)対藤代(茨城)戦で、1回表終了時に藤代8-0大垣日大と8点差から大垣日大が逆転し、12-10で大垣日大が勝利)。
  • 2回戦で岩手代表の専大北上が大阪代表の履正社に2-1で勝利(しかも最後はホームスチール失敗)。岩手県勢が大阪勢に勝ったのは1921年の大会で盛岡中市岡中に5-4で勝利を収めて以来76年ぶりの出来事であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この時の2名は、フリーアナウンサー山内佑利子声優興津和幸である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]