福岡工業大学附属城東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
福岡工業大学附属城東高等学校
Fukuoka Jyoto High School01.jpg
過去の名称 福岡電波高等学校
福岡工業大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人福岡工業大学
校訓 「克己・友愛・礼節」
設立年月日 1958年
開学記念日 11月5日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(I〜III類)
電気科
電子情報科
学期 2学期制
高校コード 40541J
所在地 811-0214
福岡県福岡市東区和白東三丁目30番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

福岡工業大学附属城東高等学校(ふくおかこうぎょうだいがくふぞく じょうとうこうとうがっこう)は、福岡県福岡市東区和白東三丁目にある私立高等学校

沿革[編集]

入試形態[編集]

・専願入試

・前期入試

・後期入試

学科・定員[編集]

校歌[編集]

出身著名人・関連人物[編集]

歴代校長[編集]

前校長-園田義男 - (柔道家 元軽量級世界チャンピオン)

現校長-佐伯道彦

学校行事[編集]

4月 入学式、 前期始業式、 新入生宿泊研修、 新入生歓迎行事

5月 第一回定期考査

6月 文化祭、 第二回定期考査

7月 三者面談

9月 体育祭、 第三回定期考査

10月 前期終業式、 後期始業式、 教師の日

11月 開学記念日、 第四回定期考査

12月 三者面談

1月 修学旅行、 専願入試

2月 前期入試、 マラソン大会、 後期入試、 予餞会、 表彰式、 卒業式

3月 柔剣道クラスマッチ、 合唱コンクール、 三者面談、 後期終業式、 ニュージーランド語学研修、 東京京都キャンパスツアー

奨学金制度[編集]

福岡工業大学附属城東高等学校HP参照 学業やスポーツ・文化面において優秀で、かつ意欲の高い生徒を対象に城東特待生として採用される。学業および部活動。

学業[編集]

学業優秀で、学習意欲の高い生徒を対象に、入試成績や調査書等を総合的に評価して選考を行い採用される。入試形態は問われない。学業SAおよび学業SBは1年ごとに審査。

部活動[編集]

本校所定の部活動種目において秀でた能力を有し、学業及び生活態度が優秀である生徒を対象に採用される。すべて専願のみ対象。

種類および概要[編集]

種類 概要 対象コース
城東特待生(学業SA) ・施設設備費190,000円を免除。

・授業料相当額を奨学費として給付。 ・他に、学習に関わる費用の一部(50万円/3年間)を奨学費として給付。

・普通科Ⅰ類特別選抜

・普通科Ⅰ類 ・普通科Ⅱ類特別選抜 ・電気科スペシャリストコース ・電子情報科スペシャリストコース 以上より、選考・採用。

城東特待生(学業SB) ・施設設備費190,000円を免除。

・授業料相当額を奨学費として給付。 ・他に、学習に関わる費用の一部(35万円/3年間)を奨学費として給付。

同上
城東特待生(学業A) ・施設設備費190,000円を免除。

・授業料相当額を奨学費として給付。

すべての科・コースより選考・採用。
城東特待生(学業B) ・施設設備費の半額95,000円を免除。

・授業料相当額の半額を奨学費として給付。

同上
城東特待生(部活動A) ・施設設備費190,000円を免除。

・授業料相当額を奨学費として給付。

すべての科・コースより選考・採用。
城東特待生(部活動B) ・施設設備費の半額95,000円を免除。

・授業料相当額の半額を奨学費として給付。

同上

同窓会奨学金[編集]

学業や部活に意欲的に取り組み、他の模範となっている生徒を対象に、同窓会より10万円程度(年額)の奨学金が給付される。高校での取り組みを総合評価して選考される。すべての科・コースを対象とし、返還の義務は無い。ただし、同校の他の種類の奨学生は対象外。

進路[編集]

国公立大学・準大学・私立大学、短期大学、専門学校、就職など進路は多様である。 国公立大・準大学については、京都大学、東京工業大学、大阪大学、九州大学、医学部などの難関を含み毎年100名前後(平成28年度125名、平成29年度87名、平成30年度133名)が合格している。私立大学については、早慶上智・MARCH・関関同立に毎年数十名(平成28年度38名、平成29年度48名、平成30年度28名)合格している。また、福岡大学・西南学院大学に毎年百数十名(平成28年度196名、平成29年度161名、平成30年度166名)合格し、私立大学合格者数はのべ千数百人(福岡工業大学含む)である。就職については、過去10年ほぼ就職率100%である。(平成24年度は98.6%)

補習[編集]

朝補習[編集]

本授業前に実施。0時間目とも呼ばれる。

土曜講座[編集]

土曜日午前中。3年生のみ。

放課後補習[編集]

3年生のみ。完全希望制。本校教師による分野を絞った講座を必要にあわせて受講することができる。

就職補習[編集]

国家試験・検定試験の補習[編集]

校内模試[編集]

福大模試[編集]

3年生の福岡大学志望者が受けることができる。福岡大学の入試の傾向に合わせ教師が作成した問題を解き、教師による採点・添削を受けることができる。

数学クリニック[編集]

I類・I類特別選抜コースの生徒を対象に国公立大の二次試験を模した数学のテストが実施される。校内の数学教師による丁寧な添削・指導が行われる。

資格[編集]

国家資格・準国家資格などにおいて様々な資格を生徒が取得している。

国家資格では、第一電気工事士、第二種電気工事士、工事担任者、第2級特殊無線技士(陸上・海上)、危険物乙種、ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者の合格実績がある。特に第二種電気工事士については合格率が95.0%で全国二位(平成28年度)である。

部活動[編集]

運動部[編集]

  • 野球部
  • 柔道部
  • バスケットボール部 (男女)
  • テニス部
  • 應援團
  • ラグビー部
  • 剣道部
  • バレーボール部 (男女)-平成29年度福岡県高等学校バレーボール新人大会 準優勝
  • チアリーダー部
  • 弓道部
  • バドミントン部
  • 空手道部
  • サッカー部 (男女)
  • 陸上部
  • ソフトテニス部
  • 卓球部
  • ダンス部 - 『夏の日本高校ダンス部選手権』全国大会スモールクラスにおいて、2016年全国準優勝。

「American Dance/Drill Team National/International USA2018 (ダンスドリル世界大会) 」HIP HOP部門 優勝、総合 準優勝

  • 総務部(ゴルフ、なぎなた等)

文化部・同好会・工業科プロジェクト・I類活動班[編集]

  • 吹奏楽部 - 全日本吹奏楽コンクールにおいて金賞13回受賞(2016年現在)
  • 図書部
  • 書道部
  • クッキング部
  • 無線部
  • ボランティア部
  • 生徒会執行部
  • 科学部-第32回福岡県高等学校総合文化祭自然科学部門 福岡県大会最優秀賞
  • 写真部
  • 箏曲部
  • 茶道部
  • 放送・技術部
  • 総務部(吟詠剣詩舞、ピアノ、クイズ等)
  • ESS同好会
  • 合唱同好会
  • 歴史研究同好会
  • クリエイトアート同好会
  • 電子回路同好会
  • 演劇同好会
  • 落語同好会-「第9回ひむかの国こども落語全国大会」優秀賞受賞
  • 公務員研究同好会
  • ITプロジェクト
  • ロボット競技プロジェクト
  • ロボット相撲プロジェクト-第25回高校生ロボット相撲大会 全国大会ラジコン型第3位
  • エコ電プロジェクト
  • 生徒研究発表プロジェクト
  • 数学甲子園班
  • ディベート班
特に野球部・剣道部・柔道部・ラグビー部・女子バレー部・吹奏楽部は強化部に指定されている。

年度末までに部活動立ち上げ申請を行えば次年度から発足できる場合もある。ただし条件はかなり厳しい。

施設設備[編集]

高校施設[編集]

  • 吹奏楽部練習棟
  • 体育館
  • 柔道場
  • 剣道場
  • テニスコート
  • 野球場
  • 弓道場
  • 上善荘・セミナーハウス
  • パソコン室
  • 売店
  • 図書館

利用可能な福岡工業大学の主な施設[編集]

  • 大学図書館
  • FITアリーナ
  • FITホール
  • オアシス(食堂)
  • FITカフェ
  • セブンイレブン

[編集]

  • 坦心寮(男子)
  • コスモス寮(女子)

強化部に所属する生徒および遠方の生徒が入寮することができる。

関連項目[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道

リンク[編集]