若林淳至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若林 淳至
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
生年月日 1946年
没年月日 1998年7月31日
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

若林 淳至(わかばやし じゅんじ、1946年-1998年7月31日[1])は元プロ野球選手(投手)である。

息子は中日広島で活躍した若林隆信

来歴・人物[編集]

福岡電波高等学校(現・福岡工業大学附属城東高等学校)時代は、エースとして活躍するも甲子園出場は果たせず。1964年西鉄ライオンズに入団。同期には清俊彦がいた。貴重な左腕投手として期待されたが全く伸びず、翌1965年限りで引退した。

尚、父が果たせなかった甲子園とプロ野球一軍公式戦出場の夢は、息子の隆信が叶えた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 66 (1964年 - 1965年)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「プロ野球人名事典2001」577P、森岡浩、日外アソシエーツ発行、紀伊國屋書店発売、2001年、ISBN 978-4816916694