定岡卓摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
定岡 卓摩
LM-Takuma-Sadaoka.jpg
ロッテ時代
(2009年8月26日、ロッテ浦和球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市東区
生年月日 (1986-10-17) 1986年10月17日(32歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手
プロ入り 2004年 ドラフト7巡目
初出場 2012年6月20日
最終出場 2012年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

定岡 卓摩(さだおか たくま、1986年10月17日 - )は、福岡県福岡市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。現在は横浜DeNAベイスターズブルペン捕手を務めている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学4年生でソフトボール、5年生の時に少年野球チーム「福岡ニュースターズ」に入り硬式野球を始める。市立青葉中学校3年生の時、父に勧められたダイエーの入団テストにオープン参加して遠投100mの強肩を披露し周囲を驚かせる。その頃から140kmの球を投げる投手として、地元では有名であった。

福岡工大城東高に進学後は主軸として活躍し、2004年第76回選抜高等学校野球大会では4番を務めベスト8に進出。夏の福岡大会では抑え投手も務め146km/hを記録するなど、その身体能力の高さを見せた。高校通算40本塁打[1]

2004年のドラフト会議で、福岡ダイエーホークスから7巡目で指名された。指名後に球団はソフトバンクに売却され、福岡ソフトバンクホークスに球団名が変わった。

プロ入り後[編集]

2005年には、二軍の公式戦22試合に出場(打率.160、0本塁打)。

2006年には、二軍でも11試合の出場にとどまった。一軍昇格の機会がないまま、シーズン終了後には入団2年目にして戦力外通告を受けたが、12球団合同トライアウトを経て千葉ロッテマリーンズへ移籍した。

2007年は二軍の公式戦で72試合に出場。打席数こそイースタン・リーグでの規定打席数に満たなかったものの、4番打者の細谷圭に次ぐ6本塁打を放つなど、長打力を遺憾なく発揮した。その一方で、本塁打以外の長打は二塁打3本のみ。さらに、安打数41に対して四球数が6個にとどまるなど、打撃面では初球からバットを振りまわす粗さが目立った。

2008年、二軍公式戦で54試合に出場。打率.231、4本塁打を記録した。

2009年には、二軍公式戦62試合の出場で、打率.241、5本塁打。

2010年には、二軍で自身初の2ケタ本塁打(10本)を記録したものの、打率は.229にとどまった。

2011年、二軍公式戦で自己最高の84試合に出場(打率.235、5本塁打)。10月9日に戦力外通告を受けた[2]が、12月6日東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得を発表した[3]

2012年6月20日の対横浜DeNAベイスターズ戦で、プロ8年目での一軍デビュー。第2打席でプロ入り初安打となる左翼線への二塁打を放つとともに、プロ初得点も記録した。シーズン通算では、一軍公式戦で16試合に出場(12試合でスタメンに起用)[4]。58試合に出場した二軍の公式戦では、自己最高の打率.305、出塁率.337(154打数47安打6本塁打9二塁打1三塁打9四球1死球)を記録した。

2013年、一軍公式戦への出場機会がないまま、10月4日に球団から自身3度目の戦力外通告を受けた[5]。通告後に第1回12球団合同トライアウトへ参加した[6]が、結局は現役からの引退を決めた。

現役引退後[編集]

2013年12月19日に、横浜DeNAベイスターズがチームスタッフとして定岡と契約したことを発表。高校時代まで投手だったことから、打撃投手として採用された[7]

家族[編集]

父は南海ホークスで遊撃手として活躍した定岡智秋であり、定岡正二定岡徹久は叔父である。野球一家であるが、兄は一般人である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 楽天 16 37 32 4 5 3 0 0 8 2 0 0 2 0 3 0 0 16 0 .156 .229 .250 .479
通算:1年 16 37 32 4 5 3 0 0 8 2 0 0 2 0 3 0 0 16 0 .156 .229 .250 .479

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2005年 - 2006年)
  • 70 (2007年 - 2011年)
  • 62 (2012年 - 2013年)
  • 102 (2014年)
  • 121 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2005』 白夜書房、2005年、23頁。ISBN 4-86191-015-3
  2. ^ 戦力外通告のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2011年10月9日). 2011年10月9日閲覧。
  3. ^ 契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年12月6日). 2011年12月6日閲覧。
  4. ^ スタメンデータベース 2012年東北楽天ゴールデンイーグルス
  5. ^ 来季の選手契約に関して楽天球団公式サイト2013年10月4日配信
  6. ^ 65人参加 12球団合同トライアウト”. 日刊スポーツ (2013年11月10日). 2013年12月29日閲覧。
  7. ^ 楽天戦力外の定岡がDeNA打撃投手”. 日刊スポーツ (2013年12月19日). 2013年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]