早川実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早川 実
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1949-04-03) 1949年4月3日(68歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト4位
初出場 1976年4月10日
最終出場 1978年8月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1987 - 1991, 1996 - 1997)

早川 実(はやかわ みのる、1949年4月3日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

福岡電波高から福岡工業大学へ進学するが中退し、西濃運輸へ入社した。小林国男、柴田昌邦(猿投農林高)とともに実業団屈指の強力投手陣を形成。都市対抗野球大会に6年連続出場、1974年から開始された社会人野球日本選手権大会にも2年連続出場する。1975年にはカナダで開催された第2回インターコンチネンタルカップ代表となり、日本の準優勝に貢献。同年の社会人ベストナインにも選出される。1975年プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから4位指名され入団。

開幕直後の大洋ホエールズ戦でルーキーながら二日連続で勝ち投手になった。度胸のよさとピッチングのうまさには定評があり、決め球はシンカー。社会人野球では有数の実績を持ち、中継ぎとして期待され1年目には20試合に登板した。1978年にはウエスタンリーグ防御率1位。しかし2年目以降は一軍での登板機会にあまり恵まれず、1979年に現役引退。引退後、1980年から1982年まで打撃投手をつとめる。

1987年1991年1996年1997年に中日でコーチを務めた後、スカウトに移る。2011年まで中日のスカウトを務めた。中日における最終職歴は課長職チーフスカウト。スカウトとしては野口茂樹荒木雅博を担当した。

2012年より、東北楽天ゴールデンイーグルススカウトに就任[1]則本昂大を担当した。現在は楽天のスカウトを束ねる副会長補佐[2]。  

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1976 中日 20 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 110 25.2 25 5 11 2 0 17 0 0 13 12 4.15 1.40
1977 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 5.2 9 2 1 0 0 2 0 0 3 3 4.50 1.76
1978 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.0 8 3 1 0 1 4 0 0 5 5 11.25 2.25
通算:3年 28 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 153 35.1 42 10 13 2 1 23 0 0 21 20 5.14 1.56

記録[編集]

背番号[編集]

  • 17 (1976年 - 1979年)
  • 85 (1980年 - 1982年、1987年 - 1991年)
  • 79 (1996年 - 1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P18
  2. ^ そばにいないと星野仙一が淋しがる男・早川実

関連項目[編集]