青山久人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 久人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県岡崎市
生年月日 (1957-06-28) 1957年6月28日(60歳)
身長
体重
179 cm
61 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト3位
初出場 1976年6月29日
最終出場 1987年9月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青山 久人(あおやま ひさと、1957年6月28日 - )は愛知県岡崎市出身[1]の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

国府高校では市川和正(後に東海大学から大洋へ入団)とバッテリーを組み、無名の公立高校を甲子園(1975年夏)に導いた。大会では、1回戦で柳井商に敗退した[1]。その後、高校選抜の代表として海外遠征に参加した。

1976年、ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。眼鏡姿に細身の体格から「青エンピツ」の愛称で親しまれ、1年目から一軍で先発ローテーションの一員として登板し2勝を挙げ、2年目には6勝を挙げる活躍を見せた。しかし、制球難もあって伸び悩み、登板数、勝利数とも減っていった。

1985年南海ホークス水谷茂雄とのトレードで移籍した。この頃には球威が衰え、落ちる変化球でかわす技巧派になっていた。主に中継ぎや敗戦処理の場面で登板したが、勝ち星を挙げることができないまま1987年シーズン限りで引退した。

引退後は郷里の愛知県岡崎市に帰り、会社員となった[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1976 中日 24 12 0 0 0 2 7 0 -- .222 310 70.1 65 16 39 3 3 46 0 0 49 49 6.30 1.48
1977 44 14 2 2 0 6 4 2 -- .600 407 116.2 105 20 45 4 10 91 0 2 59 55 4.23 1.29
1978 34 12 0 0 0 1 7 0 -- .125 421 91.1 86 20 56 2 12 66 0 0 53 52 5.14 1.55
1979 8 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 66 14.1 20 4 5 0 1 11 2 0 11 10 6.43 1.74
1980 20 9 2 0 0 4 3 1 -- .571 305 73.0 63 14 27 0 4 48 1 0 39 36 4.44 1.23
1981 20 1 1 0 0 1 1 0 -- .500 176 37.2 41 5 20 4 3 26 0 1 28 22 5.21 1.62
1982 10 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 48 8.1 20 5 2 0 1 5 1 0 11 11 12.38 2.64
1984 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 3 0 2 0 0 1 0 0 2 1 3.00 1.67
1986 南海 21 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 114 24.0 33 5 12 0 3 18 0 0 18 18 6.75 1.88
1987 19 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 113 25.1 21 2 16 3 4 12 1 0 13 10 3.55 1.46
通算:10年 202 50 5 2 0 14 25 4 -- .359 2065 464.0 457 91 224 16 41 324 5 3 283 264 5.12 1.47
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (1976年 - 1984年)
  • 34 (1985年 - 1987年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、6ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]