福田功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福田 功
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県天理市
生年月日 (1953-06-28) 1953年6月28日(67歳)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1975年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

福田 功(ふくだ いさお、1953年6月28日 - )は、奈良県天理市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者

来歴・人物[編集]

県下有数の進学校・郡山高校では森本達幸監督の指導を受けるが、森本は入部して来た選手に一番初めに「電車に乗って空席があっても決して座ってはいけません。後から乗ってくるお年寄りや子供さんのために空けておきなさい。」と教えていた[1]。福田は母子家庭で育っており、母親が入院した際には練習が終わると病院へ疾走。母親の氷枕を一心に取り替えている姿を見て森本は「チームを預けられる。」と思って正捕手に抜擢し[1]、3年次の1971年にはエース・川畑雅洋とバッテリーを組み、4番・捕手として甲子園に春夏連続出場。春の選抜では2回戦で深谷商竹内広明に抑えられ、夏の大会は準決勝に進出も磐城高の「小さな大投手」田村隆寿日大ヨークベニマル)に完封され敗退。高校卒業後は森本から先述の話を聞いた宮井勝成監督が迎え入れ[1]1972年に川畑と共に中央大学へ進学し、2年次の1973年からは正捕手となる。東都大学リーグでは同期の田村政雄とバッテリーを組み、1973年春季、3年次の1974年秋季のリーグ優勝に貢献。1973年の大学全日本選手権では決勝で愛知学院大を降し優勝、1974年の明治神宮野球大会でも江川卓を擁する法大を決勝で破り優勝している。4年次の1975年には第11回アジア野球選手権大会日本代表に選出され、同年のドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。現役時代は木俣達彦中尾孝義の存在で出場機会に恵まれず、一軍出場は無かった。1981年には二軍コーチを兼任し、選手専任に戻った1982年に現役を引退。

引退後は1983年から1989年まで球団マネジャー等を務めていたが、その人心掌握ぶりが星野仙一監督の目に留まり、1990年から1992年まで二軍監督を務めた。ファームで2度の優勝を飾り、1990年にはジュニア日本選手権で3連覇中の巨人を破って日本一に輝いている。その後は一軍作戦兼バッテリーコーチ(1993年 - 1994年)、二軍バッテリーコーチ(1995年)、一軍総合コーチ(1998年 - 1999年)、二軍ヘッドコーチ(2000年)、一軍バッテリーコーチ(2001年)、一軍バッテリー総合コーチ(2002年)を歴任。中日退団後の2003年からは横浜ベイスターズ一軍バッテリーコーチに就任し、当時の山下大輔監督が辞任した際は山下と共に退団する話もあったが、その手腕を高く評価されて残留。相川亮二を指導し、横浜の正捕手にまで育てあげる。牛島和彦監督の下ではヘッドコーチを務めたが、2005年シーズン途中で体調不良を理由に休養、シーズン終了後に退団。横浜退団後は東海ラジオJ SPORTS解説者2006年 - 2009年)を務め、記録や情報を元に分析した情報をまじえて解説をすることが多かった。その間の2007年から2008年には北京五輪日本代表スコアラーとして、主に韓国チャイニーズタイペイの情報収集にあたり、アジア予選での日本チーム予選突破に貢献。2010年から2012年には星野の招聘で阪神タイガース球団本部編成部課長を務め、2012年には星野の三度目の招聘で東北楽天ゴールデンイーグルスチーム統括本部運営部長に就任[2]2013年にはチーム統括本部スカウト部副部長兼プロスカウトグループマネージャー[2]2014年よりチーム統括本部スカウト&ディベロップメント部副部長に就任[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 22 (1976年 - 1980年)
  • 66 (1981年 - 1982年)
  • 86 (1990年 - 1991年、1993年 - 1994年)
  • 91 (1992年)
  • 90 (1995年)
  • 76 (1998年 - 2002年)
  • 75 (2003年 - 2005年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]