第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全日本バレーボール高等学校選手権大会 > 第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会
第75回
全日本バレーボール高等学校選手権大会
リーグ全日本バレーボール高等学校選手権大会
スポーツバレーボール
期間2023年1月4日 - 2023年1月8日
チーム数男子52校・女子52校
男子
女子
シーズン
2024 →

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(だいななじゅうごかいぜんにほんバレーボールこうとうがっこうせんしゅけんたいかい)は、2023年に開催される75回目の全日本バレーボール高等学校選手権大会である。

概要[編集]

通算75回目の春の高校バレーである。全日本バレーボール高等学校選手権大会としては2011年の第63回大会から数えて13回目の開催である。各都道府県を代表する男女各52チームが優勝を争う。東京都渋谷区にある東京体育館を会場とし、2023年1月4日から1月8日までの、5日間の日程で開催される[1][2]

本来であれば全ての試合を観戦することができるが、2020年以来続く新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により、第1回戦から準々決勝までを無観客試合として行い、準決勝および決勝の計6試合のみ観客を入れて行われる予定である[3][4]。なお前回大会では全ての試合が無観客試合として行われたため、制限は緩和されたと言える。また、その他感染拡大防止のための対策として、開会式を行わない他[1]、チーム関係者及び運営スタッフ全員に抗原検査が行われる[2][4]

開催要項[編集]

日程[編集]

会場の東京体育館

大会は以下の5日間の日程で行われる。開会式は前述の理由で行われない。組み合わせ抽選会は2022年12月4日13時30分より行われ、全国高等学校体育連盟9ブロック長による責任抽選方式をとる[5]。1回戦および2回戦は5つのコートを使い複数試合を同時に行う。3回戦は4コートを使用し、大会4日目の準決勝からはメインアリーナの中央に設けられた特設コートを使用して行う[4][5]

  • 2022年12月4日 - 組み合わせ抽選会
  • 2023年1月4日 - 男女1回戦
  • 2023年1月5日 - 男女2回戦
  • 2023年1月6日 - 男女3回戦・準々決勝
  • 2023年1月7日 - 準決勝
  • 2023年1月8日 - 決勝・閉会式

競技規則[編集]

競技は、2022年度公益財団法人日本バレーボール協会6人制競技規則に則り行われる。トーナメント方式を取り、1回戦から準々決勝まで3セットマッチ、準決勝および決勝は5セットマッチで行われる。試合は男女合計82試合。大会使用球は男子がミカサ・V300W、女子がモルテン・V5M5000[5]

大会へは、日本バレーボール協会に高等学校男子・女子として有効に登録されたベンチスタッフで構成されるチームで、各都道府県を代表する男女各1チームが出場できる。なお、北海道・東京・神奈川・大阪は男女各2チームが出場でき、開催地である東京は、追加でもう1チームに出場権が与えられる[5]。(出場校については節「出場校」を参照

運営[編集]

特別協賛をジャパネットホールディングスが務めるため、大会名を「ジャパネット杯春の高校バレー 第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会」とし、優勝校にはジャパネット杯が授与される他、部室で使えるジャパネットお買い物券などが贈られる[4][6]。また、協賛のauKDDI)と協業しているスポーツブルが、バーチャル春高バレーのコンテンツとして本大会および各都道府県代表決定戦などを配信する[1]。そのほかの主催社・後援社等は以下の通り[4]

出場校[編集]

一覧[編集]

各都道府県予選を勝ち抜いた、以下の代表校男女各52チームが出場する[7]。なお、以降学校名は全て大会公式の略称に統一する。

地域 男子 女子 出典
代表校 備考 代表校 備考
東北 北海道代表Ⅰ 東海大札幌 2年連続48回目 旭川実 2年連続31回目 [8]
北海道代表Ⅱ とわの森三愛 7年ぶり10回目 札幌山の手 2年ぶり14回目
青森県代表 弘前工 3年連続43回目 青森西 6年連続19回目 [9]
岩手県代表 一関修紅 2年連続14回目 盛岡誠桜 2年連続27回目 [10]
宮城県代表 東北 3年ぶり31回目 古川学園 18年連続43回目 [11]
秋田県代表 雄物川 28年連続28回目 秋田令和 12年ぶり2回目 [12]
山形県代表 山形中央 2年連続20回目 米沢中央 3年連続12回目 [13]
福島県代表 相馬 3年ぶり22回目 郡山女大附 7年連続24回目 [14]
関東 茨城県代表 土浦日大 2年ぶり13回目 ウェルネス 初出場 [15]
栃木県代表 足利大附 4年連続42回目 宇中女・宇中央[注 1] 56年ぶり4回目 [16]
群馬県代表 桐生市商 9年ぶり20回目 西邑楽 4年連続12回目 [17]
埼玉県代表 昌平 2年ぶり2回目 細田学園 2年連続22回目 [18]
千葉県代表 習志野 16年連続39回目 敬愛学園 4年連続12回目 [19]
東京都代表Ⅰ 駿台学園 13年連続15回目 八王子実践 8年連続45回目 [20][21]
東京都代表Ⅱ 東洋 5年ぶり28回目 文京学院大女 2年ぶり13回目
東京都代表Ⅲ 早稲田実 2年ぶり9回目 共栄学園 4年連続27回目
神奈川県代表Ⅰ 慶應義塾 2年ぶり4回目 三浦学苑 4年ぶり2回目 [22]
神奈川県代表Ⅱ 東海大相模 3年連続6回目 横浜隼人 3年ぶり2回目
山梨県代表 日本航空 21年連続21回目 日本航空 4年ぶり7回目 [23]
北信越 新潟県代表 上越総合技術 6年ぶり18回目 新潟中央 初出場 [24]
富山県代表 高岡第一 2年連続21回目 高岡商 10年ぶり10回目 [25]
石川県代表 小松大谷 3年ぶり2回目 金沢商 21年連続48回目 [26]
福井県代表 福井工大福井 5年連続46回目 福井工大福井 2年連続8回目 [27]
長野県代表 松本国際 2年ぶり11回目 都市大塩尻 5年連続10回目 [28]
東海 岐阜県代表 県岐阜商 12年連続19回目 岐阜第一 初出場 [29]
静岡県代表 聖隷クリストファー 2年ぶり14回目 富士見 10年連続15回目 [30]
愛知県代表 愛工大名電 3年ぶり18回目 豊川 初出場 [31]
三重県代表 松阪工 8年連続40回目 三重 2年連続6回目 [32]
近畿 滋賀県代表 近江 20年連続38回目 近江兄弟社 2年連続14回目 [33]
京都府代表 東山 4年連続15回目 京都橘 2年連続25回目 [34]
大阪府代表Ⅰ 昇陽 初出場 金蘭会 12年連続12回目 [35]
大阪府代表Ⅱ 清風 8年連続30回目 城南学園 初出場
兵庫県代表 市立尼崎 24年連続35回目 氷上 4年連続38回目 [36]
奈良県代表 天理 5年連続10回目 奈良女 5年ぶり29回目 [37]
和歌山県代表 開智 28年連続28回目 開智 2年連続7回目 [38]
中国 鳥取県代表 鳥取中央育英 6年連続6回目 岩美 2年ぶり4回目 [39]
島根県代表 松江工 2年連続21回目 安来 4年連続39回目 [40]
岡山県代表 岡山東商 3年ぶり34回目 就実 9年連続46回目 [41]
広島県代表 崇徳 9年連続49回目 進徳女 2年連続11回目 [42]
山口県代表 高川学園 8年連続11回目 誠英 33年連続43回目 [43]
四国 徳島県代表 城東 3年連続8回目 富岡東 4年ぶり16回目 [44]
香川県代表 坂出工 19年ぶり26回目 高松南 2年連続6回目 [45]
愛媛県代表 松山工 3年連続28回目 松山東雲 7年連続9回目 [46]
高知県代表 高知 7年連続22回目 明徳義塾 22年ぶり7回目 [47]
九州 福岡県代表 東福岡 12年連続14回目 福工大城東 4年ぶり2回目 [48]
佐賀県代表 佐賀学園 5年連続8回目 佐賀学園 初出場 [49]
長崎県代表 大村工 2年ぶり19回目 九州文化学園 3年ぶり33回目 [50]
熊本県代表 鎮西 14年連続35回目 熊本信愛女 2年連続34回目 [51]
大分県代表 大分工 2年連続31回目 東九州龍谷 23年連続38回目 [52]
宮崎県代表 都城工 2年ぶり38回目 宮崎日大 6年ぶり18回目 [53]
鹿児島県代表 川内商工 2年連続3回目 鹿児島実 初出場 [54]
沖縄県代表 西原 3年ぶり26回目 首里 2年連続4回目 [55]

シード校[編集]

組み合わせ[編集]

男子[編集]

 
ラウンド64ラウンド32ラウンド16準々決勝準決勝決勝
 
                      
 
 
 
 
1月5日
 
 
1
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
2
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
3
 
 
1月7日
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
4
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
5
 
 
1月6日
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
6
 
 
1月8日
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
7
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
8
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
9
 
 
1月7日
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
10
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
11
 
 
1月6日
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 

女子[編集]

 
ラウンド64ラウンド32ラウンド16準々決勝準決勝決勝
 
                      
 
 
 
 
1月5日
 
 
1
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
2
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
3
 
 
1月7日
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
4
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
5
 
 
1月6日
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
6
 
 
1月8日
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
7
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
8
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
9
 
 
1月7日
 
 
 
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
10
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
11
 
 
1月6日
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月6日
 
 
 
 
 
1月4日
 
 
 
 
 
1月5日
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 

結果[編集]

男子[編集]

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

準決勝[編集]

準々決勝[編集]

決勝[編集]

女子[編集]

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

準々決勝[編集]

準決勝[編集]

決勝[編集]

記録[編集]

個人賞[編集]

男子 女子
学校 氏名 学校 氏名
最優秀選手賞
優秀選手賞
ベストリベロ賞
勝利監督賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 女子校の「宇都宮中央女子」(2・3年生が該当)が、共学校の「宇都宮中央」(1年生が該当)へと改組中。

出典[編集]

  1. ^ a b c 春の高校バレー2023の要項が決まる 準決勝から有観客で実施 スポーツブルで予選から全試合を配信” (日本語). スポーツブル sportsbull.jp. バレーボールマガジン (2022年10月6日). 2022年11月10日閲覧。
  2. ^ a b 春の高校バレー 第75回全日本高等学校選手権大会” (日本語). www.jva.or.jp. 公益財団法人日本バレーボール協会 (2022年10月3日). 2022年11月14日閲覧。
  3. ^ 全日本バレーボール高等学校選手権大会 メインページ” (日本語). 全日本バレーボール高等学校選手権大会 www.haruko-volley.com. 2022年11月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e 大会概要” (日本語). 全日本バレーボール高等学校選手権大会 www.haruko-volley.com. 2022年11月10日閲覧。
  5. ^ a b c d 春の高校バレー 第75回全日本高等学校選手権大会” (日本語). www.jva.or.jp. 公益財団法人日本バレーボール協会. 2022年11月24日閲覧。
  6. ^ 「ジャパネット杯 春の高校バレー」協賛のお知らせ~2022年も高校生の熱い戦いを応援します~” (日本語). corporate.japanet.co.jp. ジャパネットグループ (2022年1月5日). 2022年11月14日閲覧。
  7. ^ 出場校一覧(都道府県大会決勝日程)” (日本語). 全日本バレーボール高等学校選手権大会 www.haruko-volley.com. 2022年11月10日閲覧。
  8. ^ 春高バレー北海道予選 男子は東海大付札幌、女子は旭川実業が優勝” (日本語). 産経新聞 (2022年11月19日). 2022年11月19日閲覧。
  9. ^ 男子は弘前工、女子は青森西が優勝【春高2023青森県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年10月31日). 2022年11月10日閲覧。
  10. ^ 男子は一関修紅、女子は盛岡誠桜が優勝【春高2023岩手県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月1日). 2022年11月10日閲覧。
  11. ^ 男子は東北、女子は古川学園が出場権獲得【春高2023宮城県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年10月31日). 2022年11月10日閲覧。
  12. ^ 男子は雄物川、女子は秋田令和が優勝【春高2023秋田県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月7日). 2022年11月10日閲覧。
  13. ^ 男子は山形中央、女子は米沢中央が優勝【春高2023山形県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年10月25日). 2022年11月10日閲覧。
  14. ^ 男子は相馬、女子は郡山女大附が優勝【春高2023福島県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月24日). 2022年11月24日閲覧。
  15. ^ 男子は土浦日大高、女子は日本ウェルネスが優勝【春高2023茨城県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年10月31日). 2022年11月10日閲覧。
  16. ^ 男子は足利大附、女子は宇都宮中央女・宇都宮中央が優勝【春高2023栃木県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月15日). 2022年11月19日閲覧。
  17. ^ 男子は桐生市商、女子は西邑楽が優勝【春高2023群馬県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月8日). 2022年11月10日閲覧。
  18. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月13日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月13日閲覧
  19. ^ 男子は習志野、女子は敬愛学園が優勝【春高2023千葉県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月8日). 2022年11月10日閲覧。
  20. ^ 優勝にも駿台学園布台キャプテン「もっと圧倒しないと」 東洋、早稲田実も本戦へ【春高2023東京都予選(男子)】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月18日). 2022年11月19日閲覧。
  21. ^ 1位の八王子実践らが春高へ 下北沢成徳は本戦出場ならず、小川良樹監督のラストゲームに【春高2023東京都予選(女子)】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月17日). 2022年11月19日閲覧。
  22. ^ 男子は慶應義塾と東海大付相模、女子は三浦学苑と横浜隼人が出場権を獲得【春高2023神奈川県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月4日). 2022年11月10日閲覧。
  23. ^ 男女ともに日本航空が優勝【春高2023山梨県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月8日). 2022年11月10日閲覧。
  24. ^ 男子は上越総合技術、女子は新潟中央が優勝【春高2023新潟県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月7日). 2022年11月10日閲覧。
  25. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月23日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月23日閲覧
  26. ^ 男子は小松大谷、女子は金沢商が優勝【春高2023石川県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月1日). 2022年11月10日閲覧。
  27. ^ 男女ともに福井工大附福井が優勝【春高2023福井県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年10月31日). 2022年11月10日閲覧。
  28. ^ 男子は松本国際、女子は東京都市大塩尻が優勝【春高2023長野県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月15日). 2022年11月19日閲覧。
  29. ^ 男子は県立岐阜商、女子は岐阜一が優勝【春高2023岐阜県予選】” (日本語). 月刊バレーボール】 (2022年11月15日). 2022年11月19日閲覧。
  30. ^ 男子は聖隷クリストファー、女子は静岡県富士見が優勝【春高2023静岡県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月14日). 2022年11月19日閲覧。
  31. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月23日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月23日閲覧
  32. ^ 男子は松阪工、女子は三重が優勝【春高2023三重県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月18日). 2022年11月19日閲覧。
  33. ^ 男子は近江、女子は近江兄弟社が優勝【春高2023滋賀県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月17日). 2022年11月19日閲覧。
  34. ^ 令和4年度 全日本バレーボール高等学校選手権大会 京都府大会” (日本語). 京都府高体連バレーボール専門部 (2022年11月19日). 2022年11月19日閲覧。
  35. ^ 男子は昇陽と清風、女子は金蘭会と城南学園が出場権を獲得【春高2023大阪府予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月1日). 2022年11月10日閲覧。
  36. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月13日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月13日閲覧
  37. ^ 男子は天理、女子は奈良女が優勝【春高2023奈良県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月21日). 2022年11月21日閲覧。
  38. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月2日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月2日閲覧
  39. ^ 男子は鳥取中央育英、女子は岩美が優勝【春高2023鳥取県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月8日). 2022年11月10日閲覧。
  40. ^ 男子は松江工、女子は安来が優勝【春高2023島根県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月17日). 2022年11月19日閲覧。
  41. ^ 男子は岡山東商、女子は就実が優勝【春高2023岡山県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月15日). 2022年11月19日閲覧。
  42. ^ 男子は崇徳、女子は進徳女が優勝【春高2023広島県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月14日). 2022年11月19日閲覧。
  43. ^ 男子は高川学園、女子は誠英が優勝【春高2023山口県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月15日). 2022年11月19日閲覧。
  44. ^ 男子は城東、女子は富岡東が優勝【春高2023徳島県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月8日). 2022年11月10日閲覧。
  45. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月23日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月23日閲覧
  46. ^ 男子は松山工、女子は松山東雲が優勝【春高2023愛媛県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月24日). 2022年11月24日閲覧。
  47. ^ 男子は高知、女子は明徳義塾が優勝【春高2023高知県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月9日). 2022年11月10日閲覧。
  48. ^ 男子は東福岡、女子は福岡工大附城東が優勝【春高2023福岡県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月14日). 2022年11月19日閲覧。
  49. ^ 男女ともに佐賀学園が優勝【春高2023佐賀県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月17日). 2022年11月19日閲覧。
  50. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月23日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月23日閲覧
  51. ^ 男子は鎮西、女子は熊本信愛女学院が優勝【春高2023熊本県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月14日). 2022年11月19日閲覧。
  52. ^ フジテレビ☆バレーボール [@fujitv_volley1]. "2022年11月13日付のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月13日閲覧
  53. ^ 男子は都城工、女子は宮崎日大高が優勝【春高2023宮崎県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月18日). 2022年11月19日閲覧。
  54. ^ 男子は川内商工、女子は鹿児島実が優勝【春高2023鹿児島県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月9日). 2022年11月10日閲覧。
  55. ^ 男子は西原、女子は首里が優勝【春高2023沖縄県予選】” (日本語). 月刊バレーボール (2022年11月7日). 2022年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]