比叡山中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
比叡山中学校・高等学校
Hieizan koto gakko.jpg
過去の名称 別掲
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人延暦寺学園
校訓 別掲
設立年月日 1873年(明治6年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース Ⅰ類
Ⅱ類
Ⅲ類
学期 3学期制
高校コード 25502F
所在地 520-0113
滋賀県大津市坂本4-3-1(高等学校)
滋賀県大津市坂本4-5-31(中学校)
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

比叡山中学校・高等学校(ひえいざんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、滋賀県大津市(旧滋賀郡坂本村)に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校(併設型中高一貫校)。1873年(明治6年)に創立した「天台宗総黌」を母体とし、現在は学校法人延暦寺学園が設置している。

創設当初は、天台宗教師育成を目的とした天台宗立の学校として経営されたが、1947・1948年の学制改革と世間の要請を機に、宗教的雰囲気を残しつつ、広く一般にも門戸を開放し、中学校・高等学校両課程において理想的人材教育を施すことを目標とする学校となった。

校訓[編集]

  • 一隅を照らす(いちぐうをてらす)
  • 能く行い能く言う(よくおこないよくいう)
  • 己を忘れて他を利す(おのれをわすれてたをりす)

伝教大師(最澄)の言葉とされる「一隅を照らす者、これ即ち国宝であり而して能く行い能く言う者も亦(また)国宝にして己を忘れて他を利する物は慈悲の極みなり」にちなむ。

設置形態[編集]

  • 比叡山中学校
  • 比叡山高等学校に設置されている教育課程の類型は、普通科の3類5コースである。
    • I類
      • I類: 文系 :私立大学文系学部を目標とする。
    • II類
      • II類R: 文系/理系 :3教科を重点に置き、私立大学文系学部を目標とする。
      • II類S(特進)[1]: 文系/理系 :5教科に重点を置き、国公立大学を目標とする。
      • II類S一貫(特進): 5教科に重点を置き、国公立大学を目標とする。比叡山中学生徒より選抜。
    • III類
      • III類コース(理数コース): 理系 :難関国公立大学理系学部・国公立大学医歯薬学部の現役合格を目標する。

沿革[編集]

校名
  • 天台宗総黌(てんだいしゅうそうこう) 1873-1879年
  • 天台宗第一号中学校 1879-1885年
  • 天台宗西部大学校・本校付属中学校 1885-1890年
  • 天台宗西部中学校 1890-1905年
  • 私立天台宗尋常中学校 1905-1916年
  • 天台宗比叡山中学 1919-1934年
  • 比叡山中学校 1934-1947年
  • 比叡山中学校(新制)1947年-
  • 比叡山高等学校 1948年-
経営母体

事項

  • 1873年 - 天台宗総黌として比叡山山上に設けられる。
  • 1879年 - 中学校となり、比叡山と東京とに分設される。第一号中学校として比叡山恵日院内に設けられる。
  • 1888年 - 比叡山山上に校舎が初めてつくられる。
  • 1906年 - 坂本本町1798の1番地に移り、校舎が新築される。
  • 1934年 - 3年制中学となる。宗内徒弟のみを対象として、小学校高等科卒業者または中学2年修了者のみ入学を許した。
  • 1943年 - 5年制中学に復活。門戸(入学資格)を一般(非宗内生)にも開放される。
  • 1947年 - 学制改革により新制中学が設けられる。
  • 1948年 - 高等学校(旧制時代の中学校に概ね該当する)が設けられる。また、女子部を設けられる。
  • 1951年 - 日吉東照宮の裏(山手側)に第二グラウンドを設置する。
  • 1953年 - 比叡山幼稚園を創立。第三校舎に開設。
  • 1958年 - 高校本校舎(鉄筋コンクリート4階建、現役)建築に着手、第一期工事終わる。このため、中学校は第二校舎(現場所)へ移る。
  • 1959年 - 高校本校舎第二期工事が終了し、高校を全て収容。現在の山側に高校・湖側に中学の配置となる。
  • 1959年 - 商業科を設置する。
  • 1967年 - 高校が男女共学(男女別学級制を廃止)となる。
  • 1968年 - 高校本館トイレを水洗トイレに改築する。
  • 1973年 - 学園創立100周年記念事業を行う。
    • 幼稚園(視聴覚・冷暖房完備)を新築し、そこへ幼稚園を移転する。
    • プールを新築する。
  • 1993年 - 高校の本校舎に昇降口を増築、校舎内土足禁止となる。
  • 1994年 - 高校の普通科をI類・II類とする(入学生より特進コースを廃止する)。
  • 1996年 - 高校に冷暖房設備(室内)を設置する。
  • 1998年 - 中学に冷暖房設備を設置する。
  • 2000年 - 高校の普通科を、I類・II類・II類S[2]とする。商業科の募集を停止する。
  • 2004年 - 高校にIII類を新設する。
  • 2004年 - JR比叡山坂本駅京阪坂本駅〜比叡山高校間のスクールバスの運行を開始する。乗車券事前購入要の有料で、運行業務は江若バスが行う。
  • 2008年 - 高校一年生時よりII類Sを設け、I類・II類R・II類S・III類とする。

設備[編集]

高等学校[編集]

校舎
1958年新築の本校舎を中心に、直近では1995年まで増築が行われ、現在では第一グラウンドを囲むコの字型に並んでいる。
校舎内には、図書館・視聴覚教室・生物化学教室・調理室・情報室(パソコン室)などがある。
講堂兼体育館
1962年新築。本校舎の山手側にある。手狭で全校生徒が一度に入ることはできないため卒業式には1,2年は基本的に参加せず、全校集会は雨天時以外には第一グラウンドで行われる。
セミナーハウス「叡朋」・格技場
バレーコートに1993年新築。テニスコートの東隣にある。
山家寮
1971年新築の宗内生(詳細後述)の寮。高校から徒歩約3分。
第一グラウンド
本校舎に囲まれた場所にあるグラウンド。校舎増築により当初に比べてかなり狭くなった。過去には相撲用の土俵があった。
第二グラウンド
1951年設置され、1969年の第五期拡幅工事を経て現在に至る。日吉東照宮の裏(山手側)にあり、高校からは車道を約5分登った場所にある。第一グラウンドは手狭なため、体育祭はこちらで行われる。
テニスコート
讃仏堂横に1967年設置。日吉東照宮の北東(湖側)にある。
バレーコート
1968年設置。

中学・高校共用[編集]

プール[3]

1973年新築。25m・8コース。

特色[編集]

延暦寺学園の両校は、その創設の経緯から、毎朝始業時に般若心経を全員で唱えるなど、宗教的雰囲気のある学校行事が盛り込まれているのが特徴である。

行事

中学校・高校共に、春に日帰りで比叡山に登る「三塔巡拝」がある。学年によって日程・行き先は異なり、比叡山にある3つの塔(西塔東塔横川)を巡拝し、礼拝場所の塔の前でジャージの上に制服のジャケットを羽織って参拝する。また、高校の二年生は、居士林研修道場[4]に一泊し、写経や法話・礼儀作法等を学ぶ「居士林研修」がある。

その他宗教教育
中学・高校とも週1時間宗教の授業があり、簡易的な宗教学総論を教える。宗教担当の教師は天台宗の僧侶で教員免許を持つ者であるが、他教科の教師は他宗派の僧籍を持つ者もいる。
宗内生
高校には、天台宗立時代の流れをくみ、全国各地から、仏教の勉学・僧侶としての自覚形成を目的としたカリキュラムを受ける生徒が学年に数人ずつ在籍する。彼らを学園では「宗内生」と呼び、一般生徒のカリキュラムに加え、「第二宗教」という単位を取得する必要が有り教義(天台宗の教え)・法儀(天台宗の僧侶としての所作)などについて学んでいる。また、宗内生は山家寮と呼ばれる寮に寝泊まりし、朝のお勤め・掃除・自習等、日常面においても仏道を目指した生活を送っている。宗内生の進路先は、大正大学叡山学院への進学の他、自坊での鍛錬など様々である。

アクセス[編集]

中学校

  • 京阪電鉄石山坂本線「坂本駅」より、西へ徒歩約5分。
  • JR湖西線「比叡山坂本駅」より、西へ徒歩約15分。

高等学校

  • 京阪電鉄石山坂本線「坂本駅」より、西へ徒歩約10分。
  • JR湖西線「比叡山坂本駅」より、西へ徒歩約20分。

周辺[編集]

延暦寺や日吉大社の門前町として古くから栄えた坂本に所在することから、周囲には多くの伝統的建造物が点在する。

出身者[編集]

その他[編集]

  • 生徒の服装は制服。男子は中学高校とも詰襟だったが現在中学校男子はブレザー、女子は中学がセーラー襟ブラウスにセーラー襟タイプのブレザー(かつては普通のセーラー服であった)、高校が紺ネクタイのダブルブレザータイプ。学生食堂は中高ともなく弁当を持参する。
  • 高校の修学旅行は、二年生時の初冬に沖縄で3泊4日。中学校は、三年生時の春に宿泊研修がある。
  • 高校の硬式野球部は、1979年に滋賀県勢初の夏の甲子園大会初白星を挙げた[5]。また、甲子園大会における、全国で2校しかない被完全試合校である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一年生時に、II類RとII類Sの在籍者の中からII類S希望者に選抜試験を実施し、二年生時にII類R・II類Sを再編成・開始する。
  2. ^ 2000~2007年は、一年生時に、II類在籍者の中からII類S希望者に選抜試験を実施し、二年生時にII類・II類Sに再編成・開始した。
  3. ^ 山より直接引いた水を消毒して用いているので、盛夏でも水温は冷涼である。
  4. ^ 延暦寺西塔の北方約150mに所在。
  5. ^ 当時滋賀県は、夏の甲子園大会史上、白星を挙げた高校の無い唯一の県であった。

参考文献[編集]

  • 延暦寺学園公式サイト - 冒頭、学科、沿革、特色、行事、宗内生、アクセス  2010年10月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]