叡山学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

叡山学院(えいざんがくいん)は、天台宗の法嗣養成校[1]

沿革[編集]

延暦25年(806年)1月26日、天台法華宗に天台を専攻する止観業と真言を専攻する遮那業(真言専攻)との年分学生がおかれることになったのが起源とする。

関連項目[編集]

参考[編集]

  1. ^ 学ぶ:活動紹介 叡山学院で入学式 伝統1200年、僧侶への道 /滋賀” (日本語). 毎日新聞. 2021年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]