ケーブル坂本駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケーブル坂本駅*
Cable Sakamoto Station, ekisha.jpg
駅舎
けーぶるさかもと
Cable Sakamoto
(0.3 km) ほうらい丘
所在地 滋賀県大津市坂本本町
北緯35度4分10.8秒 東経135度51分50.3秒 / 北緯35.069667度 東経135.863972度 / 35.069667; 135.863972 (ケーブル坂本駅*)座標: 北緯35度4分10.8秒 東経135度51分50.3秒 / 北緯35.069667度 東経135.863972度 / 35.069667; 135.863972 (ケーブル坂本駅*)
所属事業者 比叡山鉄道
所属路線 比叡山鉄道線
キロ程 0.0 km(ケーブル坂本起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1927年昭和2年)3月15日
備考 * 1974年に坂本駅から改称
テンプレートを表示

ケーブル坂本駅(ケーブルさかもとえき)は、滋賀県大津市坂本本町にある比叡山鉄道比叡山鉄道線(坂本ケーブル)のである。

概要[編集]

坂本ケーブルの山下駅に相当する。駅舎は1927年の開業以来の建物で1997年に国の登録有形文化財に登録されている[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホームは軌道の両側に作られており、混雑時などは両側の扉を開き乗客を降ろすことがある。軌道は160のそれほど急ではない勾配となっているが、ホームはスロープではなくゆるい階段状である。2007年までに軌道から架線が撤去されたあとは、駅ホーム部分だけに蓄電池充電用の剛体架線が設置されている。ホーム全体が開業当時からの上屋で覆われている。

駅舎は洋風木造建築の2階建てで、1925年大正14年)に建てられている[4]。1階には待合室ベンチが置かれ、切符売場や売店、乗務員控室などがある。2階は事務所となっている。1階の入口脇に役割を終えた架線柱のうちの1本がモニュメントとして保存されている。駅舎入口の上には「坂本驛」と旧駅名が記されている。

駅前からは江若交通バスの連絡バスが発着する[5]トイレは駅前広場に設置されている。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

ケーブル坂本駅停留所から下記の路線が発着するが、山王祭(日吉大社の例大祭)の催行日は運行を取止める便がある[6]

隣の駅[編集]

比叡山鉄道
比叡山鉄道線(坂本ケーブル)
ケーブル坂本駅 - ほうらい丘駅

(事前に申告がなければ通常はケーブル延暦寺駅まで停車しない)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ケーブルカーについて・80年のものがたり”. 比叡山鉄道. 2016年2月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』 9 関西2、新潮社、2009年、33頁。ISBN 978-4-10-790027-2 
  3. ^ 比叡山鉄道ケーブル坂本駅舎1997年〈平成9年〉7月15日指定、交通及び建築物)、国指定文化財等データベース文化庁) 2016年2月19日閲覧。
  4. ^ 坂本ケーブル パンフレット (pdf)”. 比叡山鉄道. 2016年2月19日閲覧。
  5. ^ アクセス”. 比叡山鉄道. 2016年2月19日閲覧。
  6. ^ 山王祭開祭に伴う運行休止時刻表(2022年)”. 江若交通. 2022年5月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]