第2回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第2回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1916年8月16日 - 8月20日
出場校 12校
参加校数 115校
優勝校 慶応普通部関東東京、初優勝)
試合数 13(敗者復活戦含む)試合
大会本塁打 4本塁打
 < 19151917 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第2回全国中等学校優勝野球大会は、1916年大正5年)8月16日から8月20日まで豊中球場で行われた全国中等学校優勝野球大会である。

概要[編集]

この大会より敗者復活制が採用された。1回戦での敗者6校から2校を抽選で選び、準々決勝として対戦させる方式をとった[1]

また、慶応普通部一塁手として出場したジョン・ダンはアメリカ国籍者であり、外国人選手が初めて参加した大会でもあった。2回戦の香川商戦では3安打の活躍で、「異人さん、いいぞ」と拍手喝采を浴びた[1]

代表校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
東北 一関中 岩手 初出場
関東 慶応普通部 東京 初出場
東海 愛知四中 愛知 初出場
北陸 長野師範 長野 初出場
京津 京都二中 京都 2年連続2回目
大阪 市岡中 大阪 初出場
兵庫 関西学院中 兵庫 初出場
紀和 和歌山中 和歌山 2年連続2回目
山陽 広島商 広島 初出場
山陰 鳥取中 鳥取 2年連続2回目
四国 香川商 香川 初出場
九州 中学明善 福岡 初出場

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 市岡中 6 - 2 長野師範
  • 広島商 19 - 4 中学明善
  • 香川商 2 - 1 関西学院中
  • 慶応普通部 6 - 2 愛知四中
  • 和歌山中 2 - 1 鳥取中
  • 一関中 3x - 2 京都二中

準々決勝[編集]

  • 慶応普通部 9 - 3 香川商
  • 和歌山中 6 - 4 広島商
  • 市岡中 8 - 0 一関中(市岡中・松本が選手権大会初の無安打無得点試合
  • 鳥取中 9 - 6 中学明善(敗者復活戦)

準決勝[編集]

  • 慶応普通部 7 - 3 和歌山中
  • 市岡中 5 - 4 鳥取中(延長10回)

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
市岡中 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 3 6
慶応普通部 0 0 5 1 0 0 0 0 X 6 4 8
  1. (市) : 富永 - 田中
  2. (慶) : 山口 - 出口
  3. 審判:球審…三木、塁審…都築・北村

大会本塁打[編集]

  • 第1号:柚花尋(広島商)
  • 第2号:松本終吉(市岡中)
  • 第3号:足立信夫(慶応普通部)
  • 第4号:山口昇(慶応普通部)

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞社高校野球検定委員会監修『高校野球検定公式テキスト』第1刷 朝日新聞出版

外部リンク[編集]