1916年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1916年の野球から転送)
Jump to navigation Jump to search

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1916年のできごとを記す。

1916年4月12日に開幕し10月12日に全日程を終え、ナショナルリーグブルックリン・ロビンス(後のドジャース)が1900年以来16年ぶり3度目の優勝で、アメリカンリーグボストン・レッドソックスが2年連続5度目の優勝となった。

ワールドシリーズはボストン・レッドソックスがブルックリン・ロビンスを4勝1敗で破り、ワールドシリーズ3度目の制覇であった。

できごと[編集]

アメリカン・リーグはボストン・レッドソックスがトリス・スピーカー(この年に打率.386で首位打者)とスモーキー・ジョー・ウッド投手を放出したが、若手のベーブ・ルースが23勝、しかも最優秀防御率1.75でこの年にレッドソックスのエースとなった。そしてアーニー・ショアとダッチ・レナードの強力な投手陣を揃えてリーグ優勝を果たした。

ナショナル・リーグは、ブルックリン・ロビンス(現ロサンゼルス・ドジャース)がウィルバート・ロビンソン監督の下で主砲ザック・ウィート(この年29試合連続安打して打率.312)と1913年と1914年に首位打者となったジェイク・ドーバート、エースのジェフ・フェファー(25勝)を中心に活躍して長い低迷から抜け出して、16年ぶりにリーグ優勝だった。

ワールドシリーズでは、レッドソックスが大方の予想通り完勝でブルックリン・ロビンスを圧倒した。

トリス・スピーカー[編集]

かつてはハリー・フーパーダフィー・ルイスとの3人でレッドソックスの「100万ドルの外野陣」と呼ばれたが、この年にクリーブランド・インディアンスに移り、打率.386で首位打者となった。これは彼にとって最初で最後の首位打者であった。生涯通算打率.345で首位打者が1回だけであったのは同時代にタイ・カッブ(首位打者12回)がいたためである。しかしトリス・スピーカーの真骨頂は守備であった。外野手(センター)として1試合捕殺4、ダブルプレー5回を記録(いずれもリーグ歴代1位)し、さらに生涯通算捕殺450(449とする資料もある)、ダブルプレー135回はメジャーリーグ史上トップの記録である。スピーカーの守備力は高い評価を受けており、外野フライを取ったあとそのまま2塁へ走って踏んでのダブルプレーを4回達成(これはメジャーリーグのタイ記録)している。通算打率.345(史上5位)、通算安打3514本(史上5位)、通算二塁打792本(史上1位)、通算三塁打222本(史上6位)、通算本塁打117本の生涯記録は中距離打者として見事なものである。守備と打撃を加えた総合力ではカッブよりもスピーカーの方が上という意見が強くあったと言われている。1919年から選手兼任監督となり、そして1926年のシーズン終了後にカッブとの八百長疑惑事件に巻き込まれて、翌年セネタースに移り、さらに次の1928年にコニー・マック監督のアスレチックスに移ったが、皮肉にもそこにはタイ・カッブがいて、両者ともこの年に揃って引退した。(1937年に殿堂入り)

ブルックリンの再建[編集]

ブルックリン・ロビンス(旧スーパーパス)は1899年と1900年に優勝して以降20世紀に入ってから成績が低迷し、チームは1904年から11年連続で負け越しを続けた。1913年に本拠地をワシントン・パークからエベッツ・フィールドへ移し、1914年に「アンクル・ロビー」ことウィルバート・ロビンソンが監督に就任しチーム名も「ロビンズ」(この名称はロビンソン監督に由来している)に変えたことで、ようやくチームは再建された。ロビンソンは19世紀のアメリカンアソシェーションのフィラデルフィア・アスレチックス(コニー・マックのアスレチックスとは別球団)や19世紀のナショナルリーグのボルチモア・オリオールズ(後のヤンキースや現在の同名球団とは別球団)の選手(捕手であった)で、世紀の変わり目にチームをリーグ優勝に導いたネッド・ハンロンの愛弟子であり、ジョン・マグローと行動を共にして、20世紀に入ってアメリカンリーグ創設時のボルチモア・オリオールズ(後のニューヨーク・ヤンキース)にも在籍した。選手を引退してから1911年からマグローのジャイアンツのコーチを経て1914年から1931年まで18年間ブルックリン・ロビンスの監督を務めた。選手として、コーチ・監督として約50年の球歴の持ち主である。1934年死去。(1945年殿堂入り)

マグローのチーム改造[編集]

ニューヨーク・ジャイアンツは前年最下位となり、この年も前半は不調でついにマグロー監督は7月20日に意を決して衰えが見えてきたエースのクリスティ・マシューソンら3人をシンシナチ・レッズに放出し、8月26日にはフレッド・マークル、マカーティ捕手をブルックリン・ロビンスに放出し、さらにシカゴ・カブスとの間で幻の三冠王ヘイニー・ジマーマン遊撃手を獲得するために主将のラリー・ドイル二塁手ら2名をトレードに出した。ジャイアンツはこれで立ち直った。9月7日から9月30日に敗れるまで破竹の26連勝を記録したが順位は4位のままであった。しかし、翌年はジャイアンツの6度目の優勝となった。

記録[編集]

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボストン・レッドソックス 91 63 .591 --
2 シカゴ・ホワイトソックス 89 65 .578 2.0
3 デトロイト・タイガース 87 67 .565 4.0
4 ニューヨーク・ヤンキース 80 74 .519 11.0
5 セントルイス・ブラウンズ 79 75 .513 12.0
6 クリーブランド・インディアンス 77 77 .500 14.0
7 ワシントン・セネタース 76 77 .497 14.5
8 フィラデルフィア・アスレチックス 36 117 .235 54.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ブルックリン・ロビンス 94 60 .610 --
2 フィラデルフィア・フィリーズ 91 62 .595 2.5
3 ボストン・ブレーブス 89 63 .586 4.0
4 ニューヨーク・ジャイアンツ 86 66 .566 7.0
5 シカゴ・カブス 67 86 .438 26.5
6 ピッツバーグ・パイレーツ 65 89 .422 29.0
7 シンシナティ・レッズ 60 93 .392 33.5
8 セントルイス・カージナルス 60 93 .392 33.5

ワールドシリーズ[編集]

  • レッドソックス 4 - 1 ロビンス
10/ 7 – ロビンス 5 - 6 レッドソックス
10/ 9 – ロビンス 1 - 2 レッドソックス (延長14回)
10/10 – レッドソックス 3 - 4 ロビンス
10/11 – レッドソックス 6 - 2 ロビンス
10/12 – ロビンス 1 - 4 レッドソックス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 トリス・スピーカー (CLE) .386
本塁打 ウォーリー・ピップ (NYY) 12
打点 デル・パレット (SLA) 103
得点 タイ・カッブ (DET) 113
安打 トリス・スピーカー (CLE) 211
盗塁 タイ・カッブ (DET) 68

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ウォルター・ジョンソン (WS1) 25
敗戦 ジョー・ブッシュ (PHA) 24
防御率 ベーブ・ルース (BOS) 1.75
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 228
投球回 ウォルター・ジョンソン (WS1) 369⅔
セーブ ボブ・ショーキー (NYY) 8

ナショナルリーグ[編集]

打撃成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ハル・チェイス (CIN) .339
本塁打 デーブ・ロバートソン (NYG) 12
サイ・ウィリアムズ (CHC)
打点 ヘイニー・ジマーマン (CHC / NYG) 83
得点 ジョージ・バーンズ (NYG) 105
安打 ハル・チェイス (CIN) 184
盗塁 マックス・キャリー (PIT) 63

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ピート・アレクサンダー (PHI) 33
敗戦 リー・メドウズ (STL) 23
防御率 ピート・アレクサンダー (PHI) 1.55
奪三振 ピート・アレクサンダー (PHI) 167
投球回 ピート・アレクサンダー (PHI) 389
セーブ レッド・エイムズ (STL) 8

出典[編集]

  • 『アメリカ・プロ野球史』第3章 揺さぶられる大リーグ 88-89P参照  鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1916年≫ 59P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ウイルバート・ロビンソン≫ 58P参照
  • 『オールタイム 大リーグ名選手 101人』164P参照 「トリス・スピーカー」 1997年10月発行 日本スポーツ出版社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  89P参照 上田龍 著 2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク[編集]