全国高等学校野球選手権三重大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権三重大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけん みえたいかい)は、三重県で開催されている全国高等学校野球選手権大会の地方大会。

概要[編集]

  • 1915年 - 1947年は東海大会、1948年 - 1974年は三岐大会に参加していた。
  • 三重県内の主要球場を使用する。なお2005年から準決勝以降は、四日市球場にて行われる。2013年は伊勢市営球場が改修のため3球場で試合を行う。

使用される球場[編集]

※ 開会式・開幕試合が四日市球場で行われるようになってからは、雨天中止の場合でも、四日市球場近隣の四日市ドーム(本来硬式野球は不可)を使用して、開会式のみ行われる。

大会結果[編集]

年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考
1958年(第40回大会 松阪商 6 - 3 四日市
1963年(第45回大会 相可 10 - 8 三重
1968年(第50回大会 三重 7 - 1 ジ・オリオン
1973年(第55回大会 三重 9 - 2 津商
1975年(第57回大会 三重 5 - 3 相可
1976年(第58回大会 三重 3 - 0 津商
1977年(第59回大会 海星 5 - 2 三重
1978年(第60回大会 宇治山田商 4 - 0 三重
1979年(第61回大会 相可 5 - 0 上野
1980年(第62回大会 明野 8 - 0 名張桔梗丘
1981年(第63回大会 海星 4 - 0 宇治山田商
1982年(第64回大会 明野 9 - 5 相可
1983年(第65回大会 相可 7 - 4 宇治山田商
1984年(第66回大会 明野 4 - 3 津工
1985年(第67回大会 海星 4 - 2 明野
1986年(第68回大会 明野 16 - 0 名張
1987年(第69回大会 明野 4 - 2 四日市工
1988年(第70回大会 伊勢工 3 - 2 四日市工
1989年(第71回大会 海星 5 - 4 三重 延長14回
1990年(第72回大会 海星 5 - 1 四日市工
1991年(第73回大会 四日市工 1 - 0 三重
1992年(第74回大会 三重 2x - 1 宇治山田 延長10回
1993年(第75回大会 海星 1 - 0 三重
1994年(第76回大会 海星 10 - 1 宇治山田商
1995年(第77回大会 三重 9 - 7 四日市工
1996年(第78回大会 海星 7 - 1 明野
1997年(第79回大会 桑名西 5 - 3 鈴鹿
1998年(第80回大会 海星 2 - 0 三重
1999年(第81回大会 四日市工 4x - 3 海星
2000年(第82回大会 日生第二 7 - 2 海星
2001年(第83回大会 四日市工 2 - 1 三重
2002年(第84回大会 久居農林 10 - 8 海星
2003年(第85回大会 宇治山田商 5x - 4 四日市工 延長12回
2004年(第86回大会 鈴鹿 9x - 8 宇治山田商 延長10回
2005年(第87回大会 菰野 2 - 1 桑名西
2006年(第88回大会 三重 7 - 0 松阪工
2007年(第89回大会 宇治山田商 4 - 0 菰野
2008年(第90回大会 菰野 5 - 2 宇治山田商
2009年(第91回大会 三重 9 - 3 海星
2010年(第92回大会 いなべ総合 6 - 3 白子
2011年(第93回大会 伊勢工 9 - 5 津西
2012年(第94回大会 松阪 3 - 2 いなべ総合
2013年(第95回大会 三重 7 - 1 菰野
2014年(第96回大会 三重 14 - 1 菰野
2015年(第97回大会 津商 8 - 6 いなべ総合
2016年(第98回大会 63 いなべ総合 10 - 4 津田学園
2017年(第99回大会 63 津田学園 4 - 3 三重
2018年(第100回大会 63 白山 8 - 2 松阪商
2019年(第101回大会 62 津田学園 6 - 4 海星

選手権大会[編集]

試合中継[編集]

使用する球場全てに放送席などの設備がないため、試合中継を行う際、バックネット裏の内野スタンドに仮設の小屋(三重テレビ単独、NHK・CATV共同(四日市の場合))を建てる。

三重テレビ[編集]

  • 1970年7月31日8月1日に津市営球場(津球場)で開催された高校野球三岐大会準決勝・決勝の試合をそれぞれ中継した。三重大会自体の試合中継は1975年7月22日から開催された第1回大会より予選から決勝まで中継している。
  • かつて開会式と開幕試合は生中継だったが、2008年からは高校野球開幕スペシャルとして夜からの録画放送となった。準々決勝からは夜にダイジェストを放送している。
  • 中継球場は津球場、四日市球場が中心だったが、2008年以降の中継は年度ごとに変わっており、1・2回戦は津、松阪、伊勢、3回戦以降は四日市、松阪のいずれかの球場から試合を中継している。2017年からはマルチチャンネルを使って二元中継(071ch四日市、072ch松阪)を実施しており2017年は準々決勝、2018年は3回戦と準々決勝を二元中継する。2007年から四日市球場での試合中継がハイビジョン中継となり、2008年に全試合ハイビジョン中継となった。
  • 2011年度からは県内高校に通う女子高生を起用した応援席レポーターを導入し、5回裏終了後のグラウンド整備の間に両校の応援席から様々な情報を伝えている(5回コールドゲームの場合はレポート無し)。なお募集告知はHPなどで行われる。過去は三重テレビの女性アナウンサーが応援席レポートを担当していた。

NHK・その他[編集]

  • NHK津放送局がテレビ・ラジオ共準決勝戦以降を中継する。
  • 四日市球場での試合は準々決勝戦まで地元・四日市のケーブルテレビシー・ティー・ワイが自社制作で放送する(CTYをキー局・県内全ケーブルテレビで放送されるハイライト番組は、決勝戦まで放送)。2013年からは12chのサブチャンネル122chで、松阪球場の試合を放送(映像は定点カメラ、エフエムよっかいちの音声を使用)。四日市球場の試合はケーブルネット鈴鹿にもネットされる。
  • 2013年からはエフエムよっかいちで松阪球場の1回戦から準々決勝まで放送。

三重代表の学校別成績[編集]

県勢の選手権大会での通算成績は33勝55敗1分。勝率3割7分5厘。優勝1回・準優勝1回・ベスト8進出4回。

  • 2017年選手権大会時点(前身校時代も含む)
校名 出場回数(回) 選抜成績 初出場年(年) 最終出場(年) 最高成績
1 三重 12 12勝12敗 1966 2014 準優勝
2 海星 11 7勝11敗 1965 1998 ベスト8進出
3 明野 5 2勝5敗 1980 1987 3回戦進出
4 相可 3 2勝3敗 1963 1983 2回戦進出
5 四日市工業 3 1勝3敗 1991 2001 3回戦進出
6 宇治山田商業 3 0勝3敗1分 1978 2007 2回戦(初戦)敗退
7 四日市 2 4勝1敗 1955 1967 優勝
8 いなべ総合学園 2 2勝2敗 2010 2016 3回戦進出
9 松阪商業 2 1勝2敗 1958 1959 2回戦進出
10 菰野 2 0勝2敗 2005 2008 1回戦敗退
11 伊勢工業 2 0勝2敗 1988 2011 2回戦(初戦)敗退
12 津商業 1 1勝1敗 2015 2015 2回戦進出
13 津田学園 1 1勝1敗 2017 2017 2回戦進出
14 宇治山田 1 0勝1敗 1915 1915 ベスト8(初戦)敗退
15 1 0勝1敗 1953 1953 1回戦敗退
16 桑名西 1 0勝1敗 1997 1997 2回戦(初戦)敗退
17 青山 1 0勝1敗 2000 2000 1回戦敗退
18 久居農林 1 0勝1敗 2002 2002 1回戦敗退
19 鈴鹿 1 0勝1敗 2004 2004 2回戦(初戦)敗退
20 松阪 1 0勝1敗 2012 2012 2回戦(初戦)敗退
- 三重県 56 33勝55敗1分 1915 2017 優勝

三重県代表による甲子園優勝校・準優勝校など[編集]

現在まで、三重県代表が夏の選手権大会で全国制覇を成し遂げたのは、1955年第37回四日市(三岐代表)が唯一である。

2014年第96回三重が夏の選手権大会で、三重県勢として59年ぶりの決勝戦進出を果たしたが、大阪桐蔭に1点差で惜敗し準優勝となった。

なお、春の選抜大会1969年第41回の三重)とあわせると、三重県代表は合計2回優勝を果たしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]