第42回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗 第42回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1960年8月12日 - 8月21日
出場校 30校
参加校数 1,903校
優勝校 法政二神奈川、初優勝)
試合数 29試合
選手宣誓 中村健(徳島徳島商
始球式 村山長挙(大会会長、朝日新聞社社長)
大会本塁打 2本塁打
 < 19591961 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第42回全国高等学校野球選手権大会(だい42かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1960年8月12日から8月21日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

この大会より打者ヘルメットの着用が義務化される。

当初は8月11日から開幕する予定となっていたが、大雨の影響で開会式を含めた初日のプログラムが中止となり、以後1日ずつ順延して行った[1]

出場校[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 秋田商 10 - 0 水戸商
  • 法政二 14 - 3 御所工
  • 出水商 3 - 0 旭川北
  • 浪商 3 - 2 西条
  • 明石 4 - 0 大淀
  • 徳島商 4 - 2 享栄商
  • 鹿島 5 - 3 熊本商
  • 青森 1 - 0 東北
  • 平安 1 - 0 金沢市工
  • 米子東 8 - 0 盈進商
  • 北海 4x - 3 岐阜商
  • 戸畑 2 - 1 高岡商
  • 静岡 2 - 0 大社
  • 大宮 1 - 0 桐生工(延長11回)

2回戦[編集]

  • 早稲田実 2 - 1 赤穂
  • 法政二 4 - 0 浪商
  • 北海 7 - 4 出水商
  • 明石 3 - 1 戸畑
  • 静岡 1 - 0 秋田商
  • 鹿島 1x - 0 平安
  • 大宮 1 - 0 青森
  • 徳島商 12 - 5 米子東

準々決勝[編集]

  • 法政二 8 - 0 早稲田実
  • 徳島商 6 - 3 大宮
  • 静岡 3 - 2 北海
  • 鹿島 5 - 2 明石

準決勝[編集]

  • 法政二 6 - 0 鹿島
  • 静岡 3 - 1 徳島商

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
法政二 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3
静岡 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. (法) : 柴田 - 奈良
  2. (静) : 石田 - 渡辺
  3. 審判:球審…山本英、塁審…中村・岩中・大橋

大会本塁打[編集]

  • 第1号:高屋敷日出夫(北海)
  • 第2号:古賀竜郎(鹿島)

脚注[編集]

関連項目[編集]