第52回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第52回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1970年8月8日 - 8月20日
出場校 30校
参加校数 2,547校
優勝校 東海大相模神奈川、初優勝)
試合数 29試合
選手宣誓 松崎登(西関東熊谷商
始球式 坂田道太文部大臣
大会本塁打 10本塁打
 < 19691971 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第52回全国高等学校野球選手権大会(だい52かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1970年8月8日から8月20日まで阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

この大会より、決勝戦後の閉会式において、決勝戦進出校の全選手(優勝旗、優勝楯、準優勝楯を手に持っている選手を除く)による国旗・大会旗の降納がバックスクリーンの掲揚台に上って行われるようになった。

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北北海道 北見柏陽 初出場
南北海道 北海 2年ぶり26回目
北奥羽 五所川原農林 初出場
西奥羽 秋田商 9年ぶり6回目
東北 磐城 2年ぶり3回目
北関東 高崎商 30年ぶり5回目
西関東 熊谷商 5年ぶり3回目
東関東 銚子商 5年ぶり5回目
東京 日大一 3年連続4回目
神奈川 東海大相模 2年連続2回目
静岡 静岡 7年ぶり15回目
愛知 東邦 2年連続5回目
三岐 岐阜短大付 初出場
北越 長岡商 初出場
長野 須坂園芸 初出場
地方大会 代表校 出場回数
北陸 金沢桜丘 2年ぶり3回目
京滋 平安 3年連続24回目
大阪 PL学園 8年ぶり2回目
兵庫 滝川 6年ぶり6回目
紀和 箕島 初出場
東中国 岡山東商 4年ぶり5回目
広島 広島商 4年ぶり11回目
西中国 江津工 初出場
北四国 高松商 2年ぶり11回目
南四国 高知商 2年連続8回目
福岡 九州工 初出場
西九州 唐津商 初出場
中九州 大分商 2年連続11回目
南九州 都城 初出場
鹿児島 鹿児島商工 初出場

試合結果[編集]

1回戦[編集]

8月8日

  • 熊谷商 3 - 0 金沢桜丘
  • 広島商 7 - 4 秋田商
  • 江津工 2 - 0 鹿児島商工

8月9日

  • PL学園 2x - 1 磐城(延長11回)
  • 大分商 5 - 1 九州工(延長15回)
  • 日大一 2 - 1 都城
  • 岐阜短大付 4 - 0 五所川原農林

8月10日

  • 東邦 7x - 6 高崎商(延長13回)
  • 銚子商 7 - 4 高知商
  • 高松商 16 - 0 静岡

8月11日

  • 平安 13 - 0 須坂園芸
  • 箕島 8 - 0 北見柏陽
  • 岡山東商 8 - 1 長岡商

8月12日

  • 滝川 13 - 10 北海

2回戦[編集]

  • 東海大相模 5 - 4 唐津商
  • (東邦 0 - 0 江津工)(1回表終了後降雨ノーゲーム

8月13日

  • 東邦 6 - 1 江津工
  • 高松商 1 - 0 広島商
  • 滝川 2x - 1 岡山東商
  • PL学園 2 - 0 銚子商

8月16日

  • 岐阜短大付 6 - 1 箕島
  • 大分商 5 - 2 日大一
  • 熊谷商 13x - 12 平安(延長10回)

準々決勝[編集]

8月17日

  • 岐阜短大付 2 - 0 東邦
  • 高松商 7 - 0 熊谷商
  • PL学園 7 - 0 大分商
  • 東海大相模 7x - 6 滝川(延長10回)

準決勝[編集]

8月19日

  • PL学園 16 - 5 高松商
  • 東海大相模 3x - 2 岐阜短大付

決勝[編集]

8月20日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東海大相模 0 2 0 1 3 2 2 0 0 10 11 1
PL学園 0 1 0 1 0 2 0 2 0 6 11 0
  1. (東) : 上原 - 若林
  2. (P) : 新美、田代 - 野村
  3. 審判:球審…郷司、塁審…小西・国賀・山川
  4. 試合時間:2時間32分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:松下恭介(高知商)
  • 第2号:大北敏博(高松商)
  • 第3号:村上裕二(高松商)
  • 第4号:早川英明(北海)
  • 第5号:新井鐘律(PL学園)
  • 第6号:友町実(熊谷商)
  • 第7号:中山義朗(平安)
  • 第8号:笹原邦彦(滝川)
  • 第9号:広畑昇吾(PL学園)
  • 第10号:高橋幸広(岐阜短大付)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]