細川安雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
細川 安雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県伊予三島市
生年月日 (1952-08-02) 1952年8月2日(66歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手外野手
プロ入り 1970年 ドラフト4位
初出場 1973年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

細川 安雄(ほそかわ やすお、1952年8月2日 - )は、阪急ブレーブスに所属したプロ野球選手。ポジションは捕手外野手愛媛県出身。

来歴・人物[編集]

高松商では1968年、1年生の時に控え捕手として夏の甲子園に出場。3回戦で静岡商新浦壽夫に完封負け[1]。3年生時の1970年には同期のエース大北敏博とバッテリーを組み、春夏の甲子園に出場。春の選抜では1回戦で富山商と延長12回の熱戦の末、1-2で惜敗[2]夏の選手権では準決勝に進むがPL学園に敗退した[1]

同年のドラフト会議で阪急が4位で指名。当時の阪急捕手陣には中沢伸二河村健一郎がおり、一軍での出場機会は限られていた。評価の高い打撃を活かすため、首脳陣の意向で一塁手外野手として起用される。ウエスタン・リーグでは首位打者、打点王を獲得。1974年には3試合に先発出場、1979年にも3試合に先発し、同年は捕手として初のマスクを被る。しかしその後は活躍の場がなく、1981年限りで引退した。引退後は傍系会社のホテルマンとなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 阪急 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1974 16 10 8 0 3 1 0 0 4 1 1 0 0 0 2 0 0 3 0 .375 .500 .500 1.000
1976 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1979 32 19 18 7 3 0 0 0 3 2 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .167 .211 .167 .377
1980 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1981 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:6年 55 37 34 7 6 1 0 0 7 3 1 1 0 0 3 0 0 7 0 .176 .243 .206 .449

背番号[編集]

  • 32 (1971年 - 1981年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]