上水流洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上水流 洋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1954-03-08) 1954年3月8日(63歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト3位
初出場 1976年4月23日
最終出場 1982年8月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1983 - 2001)

上水流 洋(かみずる ひろし、1954年3月8日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手投手。右投右打)、コーチ、飲食店経営者

来歴・人物[編集]

鹿児島商工高校では2年生の時、エースとして1970年夏の甲子園に出場。1回戦で江津工三沢淳に完封され敗退[1]。翌1971年春季九州大会県予選準決勝では、大口高を相手にノーヒットノーランを達成。九州大会では準決勝に進むが、津久見高橘健治と投げ合い0-1で惜敗。同年夏の県予選では準々決勝で加治木工に敗れる。高校の1年下に岩下正明がいた。

卒業後は社会人野球住友金属へ進む。山中正竹、宮崎寛、川端理史など投手陣の層が厚く、なかなか大舞台は踏めなかった。住金在籍中の1971年ドラフト近鉄バファローズから5位指名されるも入団拒否。

1972年ドラフトヤクルトアトムズに3位指名で入団した。1976年4月23日の対広島戦で一軍初登板を果たすも、第一打者の衣笠祥雄にホームランを打たれる。その後も伸び悩み、未勝利のまま1982年限りで現役引退。オーバースローからのカーブシュートチェンジアップフォークが武器だった。

1983年より一軍トレーニングコーチへ就任。2001年、ヤクルトが5度目の日本一を果たしたのと同時に退任。

2002年より、東京都港区新橋にて薩摩料理店「さつま料理 かご」を経営している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1976 ヤクルト 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 23 5.0 4 2 3 0 1 5 0 0 6 3 5.40 1.40
1980 9 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 78 19.0 17 6 7 0 0 15 0 0 13 8 3.79 1.26
1982 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 2.1 3 1 2 0 0 3 0 0 3 3 13.50 2.14
通算:3年 15 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 113 26.1 24 9 12 0 1 23 0 0 22 14 4.85 1.37

記録[編集]

  • 初登板:1976年4月23日、対広島東洋カープ3回戦(明治神宮野球場)、9回表に6番手で救援登板・完了、1回1失点
  • 初奪三振:同上、9回表に三輪悟から
  • 初先発:1976年10月12日、対広島東洋カープ24回戦(明治神宮野球場)、3回5失点(自責点2)で敗戦投手

背番号[編集]

  • 43 (1973年 - 1982年)
  • 88 (1983年 - 2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]