第15回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗 第15回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1929年8月13日 - 8月20日
出場校 22校
参加校数 465校
優勝校 広島商山陽広島、5年ぶり2回目)
試合数 21試合
選手宣誓 黒崎数馬(東京慶応商工
大会本塁打 6本塁打
 < 19281930 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第15回全国中等学校優勝野球大会(だいじゅうごかいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は1929年昭和4年)8月13日から8月20日まで兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)の甲子園球場で実施された全国中等学校優勝野球大会である。

概要[編集]

今大会から初めて、選手宣誓が採り入れられ、宣誓は慶応商工(現在の慶應義塾高等学校の前身の一つ)主将の黒崎数馬が行った。当日夕刊の大阪朝日新聞や「アサヒスポーツ」(第15回全国中等学校優勝野球大会特別号)によると、当日は荒木大会委員長が訓示を行ったあと、黒崎主将が紙に書いた宣誓文「訓示の通り正々堂々と戦います」と述べている[1]

甲子園球場にアルプススタンドが新設された。

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 北海中 北海道 2年連続6回目
東北 福岡中 岩手 3年連続3回目
奥羽 秋田師範 秋田 初出場
南関東 水戸中 茨城 初出場
北関東 前橋商 群馬 初出場
東京 慶応商工 東京 初出場
神静 静岡中 静岡 2年ぶり5回目
東海 愛知一中 愛知 4年ぶり8回目
甲信越 諏訪蚕糸 長野 初出場
北陸 敦賀商 福井 5年連続5回目
京津 平安中 京都 3年連続3回目
大阪 市岡中 大阪 4年ぶり8回目
兵庫 関西学院中 兵庫 9年ぶり5回目
紀和 海草中 和歌山 初出場
山陽 広島商 広島 5年ぶり6回目
山陰 鳥取一中 鳥取 4年連続10回目
四国 高松商 香川 2年ぶり5回目
北九州 佐賀中 佐賀 3年連続6回目
南九州 鹿児島商 鹿児島 3年連続3回目
朝鮮 平壌中 朝鮮 初出場
満州 青島中 満州 初出場
台湾 台北一中 台湾 6年ぶり2回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 鳥取一中 12 - 0 秋田師範
  • 敦賀商 7 - 2 愛知一中
  • 市岡中 11 - 0 青島中
  • 鹿児島商 9 - 2 北海中
  • 台北一中 10 - 1 前橋商
  • 佐賀中 12 - 5 福岡中

2回戦[編集]

  • 広島商 9 - 4 関西学院中
  • 静岡中 5 - 1 水戸中
  • 鳥取一中 2x - 1 敦賀商
  • 市岡中 14 - 4 鹿児島商
  • 海草中 10 - 1 慶応商工
  • 高松商 1 - 0 諏訪蚕糸(延長11回)
  • 台北一中 4 - 0 佐賀中
  • 平安中 3 - 0 平壌中

準々決勝[編集]

  • 広島商 4 - 2 静岡中(延長11回)
  • 鳥取一中 1 - 0 市岡中
  • 海草中 6 - 3 高松商
  • 台北一中 5 - 4 平安中

準決勝[編集]

  • 広島商 5 - 1 鳥取一中
  • 海草中 9 - 4 台北一中(8回表途中・降雨コールドゲーム

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島商 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 7 0
海草中 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  1. (広) : 生田 - 和田
  2. (海) : 神前 - 山脇
  3. 審判:球審…天知、塁審…新田・横沢

大会本塁打[編集]

  • 第1号:竹谷勝義(鳥取一中)
  • 第2号:千谷七郎(鳥取一中)
  • 第3号:勝部尚文(市岡中)
  • 第4号:岡本矩雄(市岡中)
  • 第5号:石田政良(鹿児島商)
  • 第6号:蜂須賀泰造(台北一中)

脚注[編集]

  1. ^ 「野球の国から」高校野球編 シリーズⅣ ヒストリー『選手宣誓』① - 日刊スポーツ大阪本社版2018年4月11日付5面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]