1970年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1970年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ5位
55勝70敗5分 勝率.440[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
オーナー 小山武夫
経営母体 中日新聞社
監督 水原茂
« 1969
1971 »

1970年の中日ドラゴンズでは、1970年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、水原茂監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年限りで板東英二田中勉権藤博が現役引退、そして江藤慎一がトレードを拒否して引退するなど、多数の選手が引退した中日は、新たに谷沢健一が入団、そしてジム・バビエリ(バビー)とジョン・ミラーの2外国人を獲得した。

だが、この時期球界を騒がせた「黒い霧事件」は中日とて例外ではなかった。4月には前年引退の田中が逮捕され、5月には小川健太郎八百長オートで逮捕、6月に永久追放処分に課せられた。

そして終わってみれば前年より1位下がった5位、挙げ句の果てに10月22日には、巨人の優勝(V6)を本拠地・中日スタジアムで見せられるという屈辱を味わされる。江藤がシーズン中にロッテに移籍して優勝に貢献するとは対照的な結果となった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 バビー
2 中暁生
3 高木守道
4 ミラー
5 木俣達彦
6 一枝修平
7 谷沢健一
8 島谷金二
9 小川健太郎
1970年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 0.5 阪神 0.5 広島 5.5 大洋 5.5 阪神 3.5 阪神 3.0 阪神 2.0
3位 阪神 2.0 広島 2.0 大洋 6.0 阪神 6.0 大洋 6.0 大洋 4.5 大洋 10.0
4位 ヤクルト 3.0 大洋 5.5 阪神 7.0 広島 8.0 広島 10.0 広島 10.5 広島 15.0
5位 中日 3.0 中日 6.5 中日 11.5 中日 16.5 中日 14.5 中日 19.0 中日 23.5
6位 大洋 3.5 ヤクルト 9.5 ヤクルト 15.0 ヤクルト 21.0 ヤクルト 29.0 ヤクルト 35.0 ヤクルト 45.5
1970年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 47 4 .627 -
2位 阪神タイガース 77 49 4 .611 2.0
3位 大洋ホエールズ 69 57 4 .548 10.0
4位 広島東洋カープ 62 60 8 .508 15.0
5位 中日ドラゴンズ 55 70 5 .440 23.5
6位 ヤクルトアトムズ 33 92 5 .264 45.5

オールスターゲーム1970[編集]

ファン投票 谷沢健一
監督推薦 小野正一 木俣達彦 中暁生

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
谷沢健一 新人王
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
木俣達彦 捕手 2年連続2度目
中暁生 外野手 3年ぶり5度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 氏家雅行 投手 大府高 入団
2位 稲葉光雄 投手 日本軽金属 入団
3位 三沢淳 投手 江津工業高 新日本製鐵広畑入社・翌年シーズン後に入団
4位 村上義則 投手 大倉工業 入団
5位 伊藤泰憲 外野手 三重高 入団
6位 堂上照 投手 電電北陸 入団
7位 盛田嘉哉 外野手 名城大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]