加藤英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 英夫
名古屋経済大学 コーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県額田郡山中村
生年月日 (1948-05-18) 1948年5月18日(69歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト2位
初出場 1967年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

加藤 英夫(かとう ひでお、1948年5月18日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

愛知県額田郡山中村(現・岡崎市)生まれ。岡崎市立山中小学校岡崎市立東海中学校卒業[1]

中京商業高校では1965年、2年生の時に控え投手として春の選抜に出場するが登板機会はなかった[2]。翌1966年はエースとして甲子園春夏連覇を達成、1962年作新学院に続く史上2校目の快挙であった。春の選抜は準決勝で宇部商に延長15回サヨナラ勝ち。決勝では土佐高の上岡誠二(慶大日本鋼管)と投げ合い、1-0で完封勝利[2]夏の選手権は準決勝で荒武康博のいた報徳学園を降し、決勝では松山商西本明和に投げ勝つ[3]。高校同期にはバッテリーを組んだ矢沢正三塁手平林二郎右翼手伊熊博一がいる。また1年下に控え捕手大島忠一、2年下に控え投手の水谷則博がいた。

1966年第2次ドラフト会議近鉄バファローズから2位指名を受け入団。1年目の1967年7月から先発で起用されるが、結果を残せず中継ぎに回る。1974年には自己最多の38試合に登板、1勝3セーブを記録するが、1976年には登板機会がなくなり、同年限りで引退した。サイドスローからのスライダー、シュートが武器だった。

2009年に母校である中京大中京高校が第91回全国高校野球選手権大会で決勝まで進み、自身がエースとして優勝した48回大会以来の優勝を決め加藤自身もスタンドから応援する姿がテレビで放映され、ラジオ中継では優勝決定後にインタビューに応じていた。なお現在は嘱託社員として愛知県豊田市内の病院レストランに勤務。

2012年8月から名古屋経済大学野球部コーチに就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 近鉄 11 4 0 0 0 1 3 -- -- .250 103 23.1 25 3 9 0 1 12 1 0 14 14 5.48 1.46
1968 16 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 111 28.1 26 4 4 0 1 23 1 1 11 11 3.54 1.06
1973 21 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 150 35.0 36 2 11 0 3 23 0 1 12 10 2.57 1.34
1974 38 0 0 0 0 1 4 3 -- .200 266 66.0 55 7 20 3 2 35 0 1 27 27 3.68 1.14
1975 15 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 135 31.0 33 5 10 0 3 9 0 0 15 13 3.77 1.39
通算:5年 101 5 0 0 0 2 9 3 -- .182 765 183.2 175 21 54 3 10 102 2 3 79 75 3.67 1.25

背番号[編集]

  • 19 (1967年 - 1970年)
  • 49 (1971年 - 1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 山中学区 | 岡崎まちものがたり学区ページ | 岡崎市 市制100周年記念サイト
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]