外山博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
外山 博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市中川区
生年月日 (1948-09-01) 1948年9月1日(69歳)
身長
体重
183 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 ドラフト外
初出場 1969年10月8日
最終出場 1969年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

外山 博(とやま ひろし、1948年9月1日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

名古屋電気工業高ではエースとして活躍。1966年春季中部大会準々決勝に進み、同年に甲子園春夏連続優勝を果たす中京商加藤英夫と投げ合い5-0で完封。しかし準決勝では三重高水谷孝に抑えられ敗退した。同年夏の甲子園県予選は準決勝で中京商の加藤に0-5で完封負け、春の仇を取られた形となった。

中部地区の高校球界では加藤英夫、水谷孝につぐ好投手として注目されていた。3年生の成績は23勝3敗。上手投げの本格派で、武器はストレートとナチュラルシュート。三振は1試合平均9個。

1966年プロ野球第1次ドラフト会議近鉄バファローズから3位指名を受けるも拒否し、同年ドラフト外中日ドラゴンズへ入団。1969年10月18日中日球場での読売ジャイアンツ戦で初登板初先発を果たすが、王貞治に通算400号本塁打を打たれるなど、5回を投げ7失点を喫した。一軍での登板はこの1試合だけに終わり、1970年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 中日 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 24 5.0 6 3 4 0 0 2 0 0 7 7 12.60 2.00
通算:1年 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 24 5.0 6 3 4 0 0 2 0 0 7 7 12.60 2.00

背番号[編集]

  • 56 (1967年 - 1970年)

関連項目[編集]