1967年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1967年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ3位
65勝65敗4分 勝率.500[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 水原茂
« 1966
1968 »

1967年の東映フライヤーズ(1967ねんのとうえいフライヤーズ)では、1967年シーズンの東映フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、水原茂監督の7年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 白仁天
2 大下剛史
3 毒島章一
4 張本勲
5 大杉勝男
6 青野修三
7 種茂雅之
8 佐野嘉幸
9 森安敏明
1967年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 西鉄 西鉄 1.5 東映 5.5 東映 6.5 東映 11.0 東映 9.5 西鉄 9.0
3位 東映 3.0 東映 3.0 西鉄 8.0 南海 9.0 南海 西鉄 11.0 東映 10.0
4位 南海 3.5 近鉄 5.0 南海 9.0 西鉄 9.0 東京 12.0 南海 12.0 南海 11.0
5位 近鉄 3.5 東京 5.5 東京 10.5 東京 9.5 西鉄 12.5 東京 15.0 東京 14,0
6位 東京 5.0 南海 6.0 近鉄 12.0 近鉄 14.0 近鉄 19.5 近鉄 18.5 近鉄 16.0
1967年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 55 4 .577 -
2位 西鉄ライオンズ 66 64 10 .508 9.0
3位 東映フライヤーズ 65 65 4 .500 10.0
4位 南海ホークス 64 66 3 .492 11.0
5位 東京オリオンズ 61 69 7 .469 14.0
6位 近鉄バファローズ 59 71 2 .454 16.0

[1]

オールスターゲーム1967[編集]

コーチ 水原茂
ファン投票 大杉勝男 大下剛史 張本勲
監督推薦 森安敏明 田中調 白仁天

できごと[編集]

  • 7月19日 - 白仁天近鉄バファローズ戦で逆転サヨナラ3ラン本塁打を打つが、前の走者・吉田正昭を抜いてしまいアウト。おまけに試合は延長の末敗れる。なお吉田はこの事件をきっかけに、この年限りで整理されてしまった。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
高橋善正 新人王
張本勲 首位打者 .336 6年ぶり2度目
最高出塁率 .439 3年ぶり3度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大杉勝男 一塁手 初受賞
大下剛史 遊撃手 初受賞
張本勲 外野手 8年連続8度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 吉田誠 外野手 埼玉・大宮高 入団
2位 二宮忠士 内野手 東芝 入団
3位 高橋直樹 投手 早稲田大学 日本鋼管入社・翌年シーズン中に入団
4位 水野明 投手 岐阜・中津商業高 拒否・北海道拓殖銀行入行
5位 石井輝比古 投手 福岡第一高 入団
6位 末永吉幸 内野手 鹿児島鉄道管理局 入団
7位 後原富 外野手 駒澤大学 入団
8位 田中達生 捕手 電電九州 拒否
9位 川崎義通 投手 電電九州 入団
10位 井上正晴 内野手 福岡第一高 入団
11位 横山正彦 投手 日本楽器 拒否

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1967年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123