松本俊一 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 俊一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1940-09-17) 1940年9月17日(82歳)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年5月3日
最終出場 1968年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 俊一(まつもと しゅんいち、1940年9月17日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手投手

来歴・人物[編集]

久留米商業高校では、2年生の1957年春の選抜三塁手として出場。興国商県岐阜商を接戦で降し準決勝に進むが、早稲田実王貞治に0-6で完封負けを喫する[1]。1年上のチームメートに捕手淡河弘がいた。同年の秋季九州大会県予選では南部準決勝に進むが、エース上野新(のち巨人)を擁する福岡工に延長10回敗退。翌1958年夏の甲子園県予選も準々決勝に進出するが、小倉高に延長15回サヨナラ負け。

1959年東映フライヤーズへ入団。大型内野手として期待され背番号「1」を与えられる。1963年には主に遊撃手として6試合に先発、内野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤーとして重宝された。1964年には主に二塁手、遊撃手として51試合に先発出場を果たす。しかし打撃に難があり、1965年には先発出場がなくなり、主に岩下光一の控え遊撃手として102試合に出場。

その後は段々と出場機会が減り、1966年には外野手も兼ねるが、1968年から投手に転向。4月14日には南海を相手に3イニングを無失点で抑え初勝利を挙げる。9月12日には初先発、西鉄益田昭雄と投げ合うが3回3失点で降板、敗戦投手となる。この年は主に中継ぎとして40試合に登板した。1969年は一軍での登板が無く、この年を最後に引退した。

引退後は、久留米市ハンペンカマボコ製造業を経営した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 東映 3 3 3 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .667 .667 .667 1.333
1960 11 10 10 2 2 1 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .300 .500
1961 9 4 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1962 8 18 18 0 2 1 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .111 .111 .167 .278
1963 57 59 52 8 6 0 0 1 9 3 0 2 4 0 3 0 0 8 5 .115 .164 .173 .337
1964 105 176 167 18 35 2 1 2 45 11 4 1 1 1 7 0 0 24 3 .210 .240 .269 .509
1965 102 54 52 4 10 1 1 0 13 2 1 0 0 0 2 0 0 11 0 .192 .222 .250 .472
1966 46 8 8 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .125 .125 .125 .250
1967 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1968 43 8 7 0 4 0 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 2 1 .571 .571 .571 1.143
通算 387 341 322 34 62 5 2 3 80 18 6 4 6 1 12 0 0 55 9 .193 .221 .248 .469

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 東映 40 1 0 0 0 2 2 -- -- .500 291 68.2 73 5 20 3 3 41 1 0 35 31 4.04 1.35
通算:1年 40 1 0 0 0 2 2 -- -- .500 291 68.2 73 5 20 3 3 41 1 0 35 31 4.04 1.35

記録[編集]

  • 初出場:1959年5月3日、対近鉄バファロー5回戦(駒沢球場)、試合途中から遊撃手として出場
  • 初打席・初安打:同上、グレン・ミケンズから単打
  • 初先発出場:1960年6月26日、対南海ホークス13回戦(駒沢球場)、8番・遊撃手で先発出場
  • 初本塁打:1963年10月10日、対南海ホークス30回戦(大阪球場)、9回表に村上雅則からソロ
  • 初登板:1968年4月12日、対南海ホークス1回戦(大阪球場)、8回裏から5番手で救援登板、1回無失点
  • 初勝利:1968年4月14日、対南海ホークス3回戦(大阪球場)、5回裏から3番手で救援登板、3回無失点
  • 初先発登板:1968年9月12日、対西鉄ライオンズ22回戦(北九州市営小倉球場)、3回3失点で敗戦投手

背番号[編集]

  • 1 (1959年 - 1966年)
  • 16 (1967年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]