2004年の北海道日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2004年の北海道日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ3位
66勝65敗2分 勝率.504[1]
本拠地
都市 北海道札幌市豊平区
球場
札幌ドーム
Sapporo dome view from seats.jpg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 トレイ・ヒルマン
« 2003
2005 »

2004年の北海道日本ハムファイターズ(2004ねんのほっかいどうにほんハムファイターズ)では、2004年シーズンについての北海道日本ハムファイターズの動向をまとめる。

この年の北海道日本ハムファイターズは、メイン本拠地が東京都から札幌市に移った後初めて迎えるシーズンであり、トレイ・ヒルマン監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坪井智哉
2 SHINJO
3 小笠原道大
4 エチェバリア
5 セギノール
6 木元邦之
7 高橋信二
8 小田智之
9 金子誠
投手 金村曉
2004年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー --
2位 西武 0.0 西武 西武 2.0 西武 2.0 西武 2.0 西武 4.5
3位 ロッテ 3.5 日本ハム 4.5 日本ハム 7.5 日本ハム 9.0 ロッテ 15.5 日本ハム 12.0
4位 オリックス 4.0 近鉄 7.5 ロッテ 14.0 近鉄 12.5 日本ハム 11.0 ロッテ 12.5
5位 日本ハム 4.5 オリックス 5.0 近鉄 14.5 ロッテ 13.0 近鉄 15.0 近鉄 17.0
6位 近鉄 6.0 ロッテ 11.0 オリックス 17.0 オリックス 19.5 オリックス 24.5 オリックス 29.0
2004年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
1位 福岡ダイエーホークス 77 52 4 .597 -
優勝 西武ライオンズ 74 58 1 .561 4.5
3位 北海道日本ハムファイターズ 66 65 2 .504 12.0
4位 千葉ロッテマリーンズ 65 65 3 .500 12.5
5位 大阪近鉄バファローズ 61 70 2 .466 17.0
6位 オリックス・ブルーウェーブ 49 82 2 .374 29.0
  • プロ野球再編問題を巡るストライキにより、本来より2試合少ない133試合。
  • プレーオフ勝利チームをパ・リーグ優勝チームとしたため、西武が優勝チーム。


オールスターゲーム2004[編集]

  • ファン投票
小笠原道大
SHINJO
  • 監督推薦
横山道哉
金村曉
高橋信二
金子誠

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

本塁打王(44本、初受賞)
最優秀救援投手(32SP、初受賞)
最優秀中継ぎ投手(13H、初受賞)

ベストナイン[編集]

小笠原道大(三塁手、2年連続2度目[注 1]
SHINJO(外野手、4年ぶり3度目)
フェルナンド・セギノール(指名打者、初受賞)
SHINJO(外野手、4年ぶり8度目)

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1巡目 ダルビッシュ有 投手 東北高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 橋本義隆 投手 ホンダ 入団
4巡目 マイケル中村 投手 ブルージェイズ 入団
5巡目 市川卓 内野手 菰野高 入団
6巡目 菊地和正 投手 上武大学 入団
7巡目 中村渉 投手 三菱製紙八戸クラブ 入団
8巡目 鵜久森淳志 外野手 済美高 入団
9巡目 工藤隆人 外野手 JR東日本 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一塁手部門で2度受賞しており、通算4度目。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 2004年 パシフィック・リーグ”. 2016年11月12日閲覧。