1953年の東急フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1953年の東急フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ6位
50勝67敗3分 勝率.427[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場(8月まで)
駒沢野球場(9月から)
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東京急行電鉄
監督 井野川利春
« 1952
1954 »

1953年の東急フライヤーズでは、1953年シーズンの東急フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東急フライヤーズは、井野川利春監督の2年目のシーズンである。シーズン終了後、東映に運営が委託されたことにより、球団の名称を「東映フライヤーズ」に変更したため、東急フライヤーズとして最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 浜田義雄
2 常見昇
3 深見安博
4 浅原直人
5 原田清
6 斎藤宏
7 長沢正二
8 鈴木圭一郎
9 米川泰夫
1953年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 大映 -- 大映 -- 南海 --
2位 近鉄 1.0 大映 0.5 大映 南海 0.5 阪急 0.5 阪急 4.0
3位 南海 2.0 近鉄 1.5 近鉄 1.0 阪急 2.0 南海 4.0 大映 6.5
4位 西鉄 4.0 毎日 3.0 毎日 1.5 近鉄 5.0 近鉄 7.0 西鉄 13.5
5位 阪急 4.0 阪急 5.0 阪急 4.0 毎日 7.5 毎日 8.0 毎日 14.5
6位 大映 4.5 西鉄 7.0 西鉄 6.5 西鉄 11.5 西鉄 12.5 東急 20.0
7位 東急 5.5 東急 7.5 東急 8.0 東急 12.0 東急 13.5 近鉄 22.0
1953年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 71 48 1 .597 -
2位 阪急ブレーブス 67 52 1 .563 4.0
3位 大映スターズ 63 53 4 .543 6.5
4位 西鉄ライオンズ 57 61 2 .483 13.5
5位 毎日オリオンズ 56 62 2 .475 14.5
6位 東急フライヤーズ 50 67 3 .427 20.0
7位 近鉄パールス 48 69 3 .410 22.0

[1]

オールスターゲーム1953[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 米川泰夫 深見安博

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1953年 パシフィック・リーグ”. 2017年8月5日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123