浜口春好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜口 春好
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市津田町
生年月日 (1944-01-11) 1944年1月11日(74歳)
身長
体重
174 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1965年 ドラフト3位
初出場 1966年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜口 春好(はまぐち はるよし、1944年1月11日 - )は、徳島県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

徳島海南高校では1961年夏の甲子園予選南四国大会決勝に進むが、高知商高橋善正投手に抑えられ0-1で惜敗、甲子園出場を逸する。

卒業後は電電近畿へ入社。1965年都市対抗三塁手、四番打者として出場。小弓場保(日本生命から補強)の好投もあって勝ち進み、決勝で住友金属を降し電電公社の野球部として初優勝を飾る[1]。この大会では優秀選手に選ばれ、大会後の中南米遠征チームにも選出された。

1965年プロ野球ドラフト会議東映フライヤーズに3位で指名され入団。強打の内野手と期待され、1年目の1966年から一軍で起用される。シーズン終盤には二塁手として5試合に先発出場。しかしその後は出場機会に恵まれず、1968年近鉄バファローズへ移籍し、同年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 東映 6 12 11 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .273 .333 .273 .606
1967 7 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1968 近鉄 9 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 22 21 20 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .150 .190 .150 .340

背番号[編集]

  • 27 (1966年 - 1967年)
  • 38 (1968年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]