小弓場保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小弓場 保
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 1942年
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小弓場 保(こゆば たもつ、1942年 - )は、和歌山県出身の元アマチュア野球選手(投手)。

来歴・人物[編集]

橋本高等学校では、エースとして1958年秋季近畿大会県予選準決勝に進出するが、県和歌山商に惜敗。社会人野球大和証券に進む。初年度の1961年に都市対抗に初出場。1年おいた1963年都市対抗の準々決勝では富士製鐵室蘭佐藤進と投げ合うが、10回裏0-1でサヨナラ負けを喫する[1]。同大会の優秀選手に選出された。

1964年には大和証券野球部の解散に伴い日本生命に移る。1965年都市対抗では電電近畿に補強され出場。4試合連続登板、4連勝で決勝に進み、住友金属を完封で降し優勝。同大会の橋戸賞を獲得した[1]。この時のチームメイトに井上弘昭浜口春好らがいた。直後の全日本チーム中南米遠征に井上、浜口とともに参加。同年のドラフト会議中日ドラゴンズに7位指名されるが、これを拒否しチームに残留。

1969年産業対抗では北海道拓殖銀行に補強され出場。全5試合にリリーフとして活躍し、決勝で日本石油を降し優勝。最高殊勲選手賞を獲得した[2]。同年の社会人ベストナインにも選出される。1972年の都市対抗で、大和証券在籍時も含めて10年連続出場の表彰を受けた[1]。その後1974年まで現役を続け、通算13回の出場を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1969」日本社会人野球協会 1970年

関連項目[編集]