1963年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1963年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ3位
76勝71敗3分 勝率.517[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 水原茂
« 1962
1964 »

1963年の東映フライヤーズでは、1963年の東映フライヤーズにおける動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、水原茂監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ラドラ
2 青野修三
3 毒島章一
4 張本勲
5 吉田勝豊
6 西園寺昭夫
7 岩下光一
8 安藤順三
9 土橋正幸
1963年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 西鉄 --
2位 東映 2.0 東映 4.5 東映 8.0 東映 7.5 西鉄 7.5 西鉄 3.5 南海 1.0
3位 阪急 4.5 近鉄 8.5 近鉄 11.5 近鉄 11.0 近鉄 9.0 東映 11.0 東映 10.5
4位 西鉄 5.0 大毎 9.0 西鉄 13.5 西鉄 13.0 東映 10.0 近鉄 12.0 近鉄 12.5
5位 大毎 5.5 西鉄 10.0 大毎 19.5 大毎 16.5 大毎 16.5 大毎 17.5 大毎 23.5
6位 近鉄 7.0 阪急 13.0 阪急 19.5 阪急 21.0 阪急 23.0 阪急 25.0 阪急 30.5
1963年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 86 60 4 .589 -
2位 南海ホークス 85 61 4 .582 1.0
3位 東映フライヤーズ 76 71 3 .517 10.5
4位 近鉄バファローズ 74 73 3 .503 12.5
5位 毎日大映オリオンズ 64 85 1 .430 23.5
6位 阪急ブレーブス 57 92 1 .383 30.5

[1]

オールスターゲーム1963[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
監督 水原茂
ファン投票 青野修三
監督推薦 土橋正幸 久保田治 石川陽造 安藤順三 張本勲

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
張本勲 外野手 4年連続4度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1963年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月13日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123